Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 福島からの避難者ら 東京地裁前で抗議

福島からの避難者ら 東京地裁前で抗議

(ANJ)
(ANJ)
(ANJ)
(ANJ)
(ANJ)
(ANJ)
Short Url:
17 Jan 2023 07:01:15 GMT9
17 Jan 2023 07:01:15 GMT9
アラブニュース・ジャパン
 
東京:福島の原発事故からの避難者10人は月曜日、福島県による人権侵害の疑いについて、東京地裁前で抗議行動を行った。
 
弁護士の井土謙一氏は1000万円(約1000万円)の賠償請求を裁判所に提出した。井土氏は、国連の国内避難民人権特別報告者セシリア・ヒメネス=ダマリー氏の助言に基づき、日本の裁判所が避難者の人権を維持することを望むことを表明した。
 
ヒメネス氏は2022年9月の訪日中、日本の当局に対し、国連の人権宣言の下で国内避難者は自由に移動し、移住先を選択できるべきであることを認めるよう求めていた。
 
井土氏は避難民を代表して裁判所に対し、福島県が区域外避難者に対する住宅無償提供を打ち切り、現在の住居から強制退去させようとしていることは不当だと訴えた。また、福島地域は原発1号機の土台が崩壊の危機に瀕していることから、あらたな事故を望まない避難者たちは一層の懸念を抱いており、強制的に福島に戻されることによってもたらされる危険性についても問題を提起した。
 
原告側の弁護人は、福島県が避難者に対して、家賃の滞納などを理由として、退去を促すために家賃を2倍に引き上げたのは憲法第13条の精神に反すると非難した。
 
原告側の別の弁護士は、避難民のための無償住宅の提供に関する法律がないことに関し、避難民の保護を保証するウクライナ・チェルノブイリのような特定の法律の制定が必要だと述べた。
特に人気
オススメ

return to top