Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 「私たちは皆、激怒しました」と米国の抗議の嵐の中心でアラブ系店主は言う

「私たちは皆、激怒しました」と米国の抗議の嵐の中心でアラブ系店主は言う

02 Jun 2020
ジョージ・フロイドさんはミネアポリスで警察に拘束された後、死亡した。(AFP/Darnella Frazier)
ジョージ・フロイドさんはミネアポリスで警察に拘束された後、死亡した。(AFP/Darnella Frazier)
Short Url:
Updated 02 Jun 2020
02 Jun 2020

レイ・ハナニア

シカゴ:米国を5日間にわたり破壊した抗議、放火、略奪の嵐は、アラブ系アメリカ人の食料雑貨店のカウンターで始まった。

Cup Foodsのオーナー、Mahmoud Abumayyalehさんの下で働くスタッフは、ジョージ・フロイドさん(46)が二度も偽の20ドル札を使って購入しようとしたことからミネアポリス警察に通報した。

フロイドさんを逮捕した警察官らは、彼の首に膝を付け、地面に押さえつけた。フロイドさんは息ができないと訴えていた。彼は意識を失い、その後病院で死亡した。1人の警察官が第3級殺人で起訴されており、さらなる起訴が予想される。

「外で起こったことは、私たちは掌握していませんでした」とAbumayyalehさんは米国のテレビに語った。「その殺人と処刑は警察によって行われたものであり、権力の乱用でした。警察の残虐行為は止める必要があります」

Abumayyalehさんは、フロイドさんを客として、また常に感じの良い人物として知っていると述べた。Abumayyalehさんは、フロイドさんが死亡したことを翌朝まで知らなかった。「私たちは皆、激怒しました」と彼は述べ、フロイドさんは「紙幣が偽物であることすら知らなかったのかもしれません」

店主と息子のSamirさん、Adamさん、Mahmoudさんは、SNS上で彼らに対する脅迫が相次ぎ、身を隠した。彼らは店のFacebookページを閉鎖し、固定電話は止められた。

ミネアポリスにはアラブ系やイスラム教徒が経営する店が50軒以上あり、そのほとんどは事件が起きた場所の北にあり、いずれも州全体にわたるCOVID-19の規制の下で営業している。アラブ系の店主らは、この事件について公に発言することを恐れていると述べた。

アラブ系の人が経営するある店で電話に出た匿名の男性は、フロイドさんの殺害も、事業所に対する破壊行為も、両方とも「間違っています」とアラブニュースに語った。

フロイドさんが先週火曜日に亡くなって以来、抗議者たちはミネアポリスにある200以上の店舗を破壊し、略奪し、全焼させた。金曜日と土曜日に、暴力行為はニューヨーク、デトロイト、シカゴ、セントルイス、ヒューストン、アトランタ、ノースカロライナのシャーロットに広がった。

ミネソタでは、抗議者たちがChicago Avenue 3759にあるCup Foodsの店先で毎日徹夜し、フロイドさんを追悼して壁や通りに壁画やグラフィティを描いた。4夜にわたる街でのにらみ合いの後、ミネソタ州のティム・ウォルツ知事は30日、第二次世界大戦以来初めて、同州の州兵を動員した。

 ドナルド・トランプ米大統領は、地元当局が支援を要請すれば、軍隊の配置が可能だと述べた。「私たちは軍隊をすぐにそちらにやることができるだろう」と同氏は述べた。

topics
Most Popular
Recommended

return to top