Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 国際社会とイスラム教団体、サウジの厳格なメッカ巡礼者制限を歓迎

国際社会とイスラム教団体、サウジの厳格なメッカ巡礼者制限を歓迎

24 Jun 2020
メッカ巡礼者の数を制限する決定は、「拡大を続けるコロナウィルスパンデミックを理由として、国際社会全体、特にイスラム世界における最善の利益のために」行われた。(シャッターストック)
メッカ巡礼者の数を制限する決定は、「拡大を続けるコロナウィルスパンデミックを理由として、国際社会全体、特にイスラム世界における最善の利益のために」行われた。(シャッターストック)
Short Url:
Updated 24 Jun 2020
24 Jun 2020

ルバ・オバイド

ジッダ:国際社会とイスラム教関連団体が、今年のメッカ巡礼に関するサウジアラビアの決定を歓迎した。サウジアラビアは現在も続くコロナウィルス感染症(COVID-19)パンデミックのため、今年のメッカ巡礼を「非常に限られた」数の巡礼者のみに許可することを決めた。

当局者たちは、年に一度の巡礼に参加する礼拝者の数は1,000人ほどとなり、サウジ人およびすでに王国内に居住している外国人のみに制限されると述べた。

「COVID-19パンデミックは世界全体に対し非常に大きな課題を提示している」と、オーストラリアのサウジアラビア駐在大使リドワン・ジャドワットはアラブニュースに語った。

「ハッジ・ウムラ(メッカ大巡礼・小巡礼)省のベンテン大臣(モハメッド・サレ・ビン・タヘル・ベンテン博士)と彼のチームが、2020年のメッカ巡礼を許される限られた数の巡礼者の面倒を見るために、最善を尽くして適切な健康・安全措置を見つける継続的な努力をすることを望みます」

同大使は自身のTwitterアカウントに特別な動画メッセージも投稿し、今年メッカ巡礼を行うつもりだったオーストラリア人に対して、海外からの巡礼者を受け入れない王国の決定に関する最新情報を伝えた。

「今後、この世界的なパンデミックを乗り越えることができ、家族と私が直接メッカ巡礼のお祝いを述べられることを願いますが、同時に安全で健康であることも願っています」と、ジャドワットは述べた。

パキスタンのサウジアラビア駐在大使ラジャ・アリ・エジャスはアラブニュースに対し、王国は「さまざまな選択肢のメリットとデメリットを慎重に比較検討し、時間をかけて賢明な結論を出した」と語った。

「サウジの指導者たちは常にメッカ巡礼者の安全、安心、およびその熱心な精神を認識してきました。今回も同じ要因が彼らの決定を導いたのだと思います」

エジャスは、この決定はイスラム教徒たちの宗教上の強い願望と、現在もCOVID-19が大流行する中での公衆衛生に関する懸念のバランスを取った、賢明な措置だったと述べた。

ジッダの英国総領事セイフ・アッシャーは、毎年メッカ巡礼を行う英国人巡礼者に対する王国の支援に、英国は感謝していると述べた。「この異例の時期に王国が当然ながら巡礼者の健康と安全を優先させたことに(英国は)感謝します」

一方で、ムスリム世界連盟(MWL)の事務総長モハメッド・ビン・アブドゥルカリム・アルイッサは、「COVID-19パンデミックが引き起こした非常事態は、巡礼者の安全を守るためにイスラム法が細心の注意と熟慮をもって取るべき特例を示しています」と述べた。

彼は、イスラム教において人命の価値は無限であり、守られなければならないと指摘した。「イスラム法は、命の健全さがその主目的であり、5つの必須事項(宗教、生命、知性、生殖/血統、資産/富)のうちの1つと考えています」

アラブ連盟の事務総長補佐兼社会問題部門トップであるハイファ・アブ・ガザレーも、巡礼者の健康と安全を守ることに基づいて下した王国のメッカ巡礼に関する決定を称賛した。

火曜の記者会見中に発表された一般指針に基づき、メッカ巡礼者は65才以下のサウジ人および外国人居住者に限定され、旅の前後にCOVID-19検査と隔離が義務付けられることが発表された。

ベンテンは、今年の巡礼に対する計画はCOVID-19予防措置に基づいて保健省と共に概要が作成されと述べ、巡礼を許される礼拝者の数は1,000人前後に限定される可能性があるとした。
ニューデリーに住むイスラム研究学者のアクタルル・ワセイ教授は、「(巡礼者の数を制限する)決定は、拡大を続けるコロナウィルスパンデミックを理由として、国際社会全体、特にイスラム世界における最善の利益のために行われた」と述べた。
また彼は、巡礼が縮小されたことは歴史上初めてのことではないと指摘した。「過去1,400年において、年に一度の巡礼が何らかの理由で中止または制限された例はいくつかあります」

「中でも注目すべき例として、カリフのオマールによる治世中、何らかの種類のパンデミックか伝染病があり、メッカ巡礼を中止しなければなりませんでした」
ワセイはイスラム教徒たちに対し、「巡礼者の安全と健康を最優先した」サウジのリーダーシップを支持するように呼びかけた。

topics
Most Popular
Recommended

return to top