Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 移民6人が死亡、数十人をリビア沿沖合で救出:国連

移民6人が死亡、数十人をリビア沿沖合で救出:国連

28 Jun 2020
乗船していたAFP記者によると、2020年6月25日、青い木製ボートで地中海を漂っていた数十人の移民たちが、フランスの慈善団体がチャーターした船の活動家たちにより救助された。(ファイル/ AFP / Shahzad Abdul)
乗船していたAFP記者によると、2020年6月25日、青い木製ボートで地中海を漂っていた数十人の移民たちが、フランスの慈善団体がチャーターした船の活動家たちにより救助された。(ファイル/ AFP / Shahzad Abdul)
Short Url:
Updated 28 Jun 2020
28 Jun 2020
  • 生存者たちは、首都トリポリの120キロ(75マイル)西にある港湾都市フムスへ夜のうちに連れ戻された。
  • 密航あっせん業者は混乱につけこみ、北アフリカにあるこの国を欧州へ向かう不法移民の主要ルートに変えた。

トリポリ:国連の移民機関が土曜日に発表したところによると、欧州を目指していた移民93人がリビア沖合で救助されそのうち1人の女性が海で出産したが、途中で他に6人が死亡した。

生存者たちは首都トリポリの120キロ(75マイル)西にある港湾都市フムスへ夜間に連れ戻されたと国際移住機関(IOM)がTwitterで述べた。

地中海を横断するには非常に危険な「ゴムボートの上で出産した女性がいた」という報告もあった。

「移民たちはIOMスタッフに対し旅の途中で6人が死亡したと報告した」と付け加えた。

2011年NATOが介入した民衆蜂起により、元軍人独裁者ムアンマル・カダフィ大佐が失脚し殺害された後、リビアは混乱に陥った。

移民あっせん業者はその混乱につけこみ、この北アフリカの国を欧州へ向かう不法移民の主要ルートに変えた。

2019年、リビア東部を拠点とする軍の有力者ハリファ・ハフタル氏がトリポリへの進軍を開始し、新型コロナウイルスのパンデミックが発生してから、リビアの難民および亡命希望者の状況は悪化した。

地中海で拿捕された移民を組織的にリビアへ送還し、込み合う収容センターで拘束していることに対し、人権団体から非難の声が繰り返し上がっている。

IOMによると、夜間に救出された移民たちはホムスで下船した後に釈放された。

最新の軍事行動は、フランスの移民救助船オーシャン・バイキング号が、イタリア領ランペドゥーザ島沖合でリビアから漂流した31人のパキスタン人を含む数十人の移民を救助した数日後に起きた。

この船に乗り任務を指揮していたNicholas Romaniuk氏は、リビアの沿岸警備隊がしばしば救助船を追い越し、先んじて移民を拿捕しリビアに送還すると述べた。

夜間の救助活動となるそのような場合において、同氏は連携の欠如を強く非難した。

リビア沿岸警備隊が介入したとき「私たちは近くに行くまで約1時間半かかりました」とRomaniuk氏は語った。

「救命活動のための連携や情報共有はありません。ここで言うのは、死亡が報告された人々、乗っている新生児についてです」と付け加えた。

「このような状況においても、情報を共有しないという事実自体、非常に恥ずべきことです。」

オーシャン・バイキング号は遭難信号を受信したとき、襲われた船から約153海里離れていたという。

IOMによれば、昨年10万人以上の移民が地中海の横断を試み1,200人以上が途中で死亡した。

AFP

topics
Most Popular
Recommended

return to top