Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジのメディアは人身売買との「闘い」において重要な役割を果たす

サウジのメディアは人身売買との「闘い」において重要な役割を果たす

31 Jul 2020
マジッド・アルカサビ。(SPA)
マジッド・アルカサビ。(SPA)
Short Url:
Updated 31 Jul 2020
31 Jul 2020
  • メディア分野は人身売買と闘い、その数を減らす取り組みにおいて、効果的かつ影響力のある役割を果たした。

リヤド:サウジアラビアのメディア担当大臣代理のマジッド・アルカサビは、サウジアラビアは犯罪と闘うことを目的とする国内法の制定と国際法への加盟を通し、人身売買を防ぐ役割を果たしていると言う。

この発言は、毎年7月30日に定められている人身取引反対世界デーの式典でのスピーチで行われた。アルカサビは、人身売買は人権を侵害し人々から自由と尊厳を奪う、最も凶悪な犯罪の1つであり、あらゆる宗教、憲法、世界協定で禁じられていると述べた。

メディア分野は人身売買と闘い、その数を減らす取り組みにおいて、効果的かつ影響力のある役割を果たしたと、彼は言う。

グローバル・スレイバリー・インデックスによれば、日本でも人身売買と性的搾取が横行しているという。

子供や大人の強制労働、強制結婚、強制性的搾取はすべて、日本における一般的な虐待の形態である。

–SPA

topics
Most Popular
Recommended

return to top