Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 国連WFPがレバノン政府に対し小麦支援を計画

国連WFPがレバノン政府に対し小麦支援を計画

WFPでは爆発事故でレバノンが受けた被害により、食糧事情がさらに悪化するとの懸念を抱いている。(AFP)
WFPでは爆発事故でレバノンが受けた被害により、食糧事情がさらに悪化するとの懸念を抱いている。(AFP)
Short Url:
07 Aug 2020 09:08:53 GMT9
07 Aug 2020 09:08:53 GMT9
  • WFPはレバノンに対しサプライチェーン管理と後方支援を提供する用意ができている

スイス、チューリッヒ:国連世界食糧計画(WFP)は8月7日、パン屋や製粉所向けに小麦を支援しレバノン国民を救済する計画があると発表した。首都ベイルートの主要港が大規模爆発で壊滅的被害を受け、国中に食糧不足がまん延しているからだ。

「WFPでは爆発事故により港が被害にあい、食糧問題がさらに悪化することを懸念している。そもそもレバノンの深刻な金融危機とコロナ禍により悪化していた」とジュネーブで開かれる国連ブリーフィング用に準備した覚書の中で女性報道官が書いている。さらに食糧セットを何千もの家庭に届けることになるという。

「WFPはさらに、レバノンに対しサプライチェーン管理、後方支援、ノウハウを提供する用意がある」と書かれている。

ロイター

特に人気
オススメ

return to top