Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ベイルート港爆発事故を受け、レバノンのディアブ首相が内閣総辞職を発表

ベイルート港爆発事故を受け、レバノンのディアブ首相が内閣総辞職を発表

ベイルート港での爆発事故に対する国民の怒りが高まる中、内閣総辞職を表明するハッサン・ディアブ首相。(AFP)
ベイルート港での爆発事故に対する国民の怒りが高まる中、内閣総辞職を表明するハッサン・ディアブ首相。(AFP)
レバノンの司法大臣、マリークロード・ナジム(中央)は、辞任の理由として壊滅的なベイルートの爆発事故を挙げた。(AFPファイル写真)
レバノンの司法大臣、マリークロード・ナジム(中央)は、辞任の理由として壊滅的なベイルートの爆発事故を挙げた。(AFPファイル写真)
Short Url:
11 Aug 2020 03:08:49 GMT9
11 Aug 2020 03:08:49 GMT9

ナジア・フッサリ

ベイルート:ベイルートでの大規模な爆発から1週間足らずの月曜、レバノンの内閣は総辞職を発表した。首相はテレビでの演説にて、悲劇の規模は「言葉では言い表せないほど大きい」と国民に伝えた。

ベイルート港の倉庫で2700トン以上の硝酸アンモニウムが爆発し、首都では少なくとも160人が死亡、数千人が負傷し、数十万人が避難している。

昨年12月に就任したハッサン・ディアブ首相は、同国の悲惨な財政・経済状況の解決に進展がないことについて以前より圧力を受けていた。先週の大爆発は、政治エリートの汚職、無能、怠慢に対する非難を強めた。

ディアブ首相は月曜日の夜の演説で、国家に根付いた「腐敗のシステム」について語った。

「むしろ、汚職は国家よりも大きく、このシステムに立ち向かうことも汚職をなくすこともできません」

爆発は「ベイルートの腐敗の一例」であり、悲劇の規模は「言葉では言い表せないほど大きい」と述べた。

しかし、彼は進歩と改革が進まなかった責任は他にあると述べており、国が直面する多くの課題を解決できなかった政府の責任を転嫁するようにも見えた。

「私たちと変化の間には、国家を支配するためにあらゆる汚い方法で抵抗する階級によって守られている、非常に厚い壁があります。私たちは名誉をかけて激しく戦いましたが、この戦いに同じ価値はありません」

土曜日にマナル・アブデル・サマド情報相が辞職した後、ミシェル・アウン大統領、ヒズボラ、アマル運動は日曜日の夜を通して、一部の閣僚が辞表を提出するのを阻止するための連絡を続けた。

日曜日、ディアブ首相は内閣の辞職を、議会の任期を短縮し、早期選挙を求める法案の承認と結びつけた。それは、ナビ・ベッリ国会議長が木曜日に議会を招集し、港の災害に対する政府の説明責任を問うことを表明したことへの対応だった。

爆発はベイルートの腐敗の一例であった……悲劇の規模はあまりにも大きく、言葉では言い表せないほどです。

ハッサン・ディアブ、レバノン首相

ディアブ首相は月曜日にアウン大統領に電話をかけ、大統領官邸で予定されていた閣僚会議を政府本部に移すよう要請し、あらゆる努力が政府の崩壊を防ぐことに失敗したという印象を与えた。

サマド、ダミアノス・カタル環境大臣も会議に出席しなかった。レバノンのマリー・クロード・ナジム法務大臣は会議に出席したが、会議が始まる前に辞職を表明した。

彼女は次のように述べている。「国家を苦しめた悲劇とレバノン人の痛みについて、そしてレバノンが集中治療の段階に入り、地域社会の平和を維持し、より多くの生命と財産を失わないようにするために積極的な姿勢が必要になっていることを確認した街の不安と反応に関して私たちが目撃したことを考慮して、私は内閣を辞職します」

閣議への参加まで辞職を伏せていた閣僚もおり、「内閣が総辞職しない場合は自ら辞職する」と強調していた。

イランもレバノンに圧力をかけている。

イラン大使館のアッバス・アル・ムサウィ報道官は、テヘランからの記者会見で次のように述べた。「爆発を政治的な目的の口実にすべきではなく、爆発の原因は慎重に調査しなければならない。米国はレバノンに課した制裁も解除すべきだ」

レバノン軍団党のサミール・ゲアゲア党首は、どんな新政権も前政権と似たようなものになるのではないかと危惧している。彼は「目的は問題の核心、つまり議会に行くことだ」と付け加えた。

ディアブ首相は2019年12月19日、前任のサード・ハリリ政権を転覆させた街頭抗議に続いて政府を率いることになった。

2月11日に行われた議会の信任投票で、ヒズボラ、自由愛国運動、アマル運動の支持を得て、彼の政権は勝利を収めた。レバノン軍、未来運動、進歩的社会主義政党は投票に参加していない。

専門家の政府を自称する彼の政権には、経済破綻を食い止めるためのIMF救済交渉に必要な改革を達成するために3ヶ月の猶予が与えられていた。

しかし、ベイルート港での凄惨な爆発事故の後、政府の能力に対する批判が急激に高まり、街頭で怒りが爆発した。

ミシェル・ナジャール公共事業大臣は、前回の閣議を終えた後、「爆発の24時間前に港で硝酸アンモニウムを貯蔵していた問題について知った」と述べている。

ナジム法務大臣は港の爆発事件をレバノンの最高司法機関である司法評議会に照会することを提案した。その裁定は最終的なものである。

野党は「現地の司法への信頼の欠如」を理由に爆発に関する国際的な調査を要求してきたが、大統領はその要求を却下した。

司法長官のガッサン・オワイダット判事は月曜日、捜査の監督を続けた。これまでに19人の逮捕者が出ており、これには元税関長と現税関長の2人と港長が含まれている。

オワイダット判事は、いかなる釈放も阻止するために、過失による罪および被害を引き起こした罪で逮捕された人々を軍事裁判所に転送した。これは、予防的拘留の期間は通常4日を超えないためだ。

彼は国内治安部隊の情報部に、硝酸アンモニウムをモザンビークに輸送していたが、7年前にベイルート港で貨物を降ろした船の所有者の証言を聞くためにキプロスまで行くように指示した。

調査では、具体的には港内の第12区に硝酸アンモニウムが保管されていた2013年から2020年の間の爆発前の段階について、および爆発の状況に焦点を当てている。

月曜日、レバノン陸軍司令部は次のように発表した。「陸軍の救助隊は、市民防衛隊、消防隊、ロシア、フランスの捜索救助隊と協力して、爆風の犠牲者5人の遺体を回収することができた。残りの行方不明者を引き続き捜索していく」

 

特に人気
オススメ

return to top