Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 『グラディエーター』のスターが爆発に襲われたベイルートのレストラン救済のため寄付

『グラディエーター』のスターが爆発に襲われたベイルートのレストラン救済のため寄付

ニュージーランド生まれのオーストラリア人男優ラッセル・クロウは2020年8月13日、港で起こった先週の大規模爆発で破壊されたベイルートのレストラン「ル・シェフ」復旧のため、寄付を送ると発表した。このレストランはレバノンの首都の歴史あるジェムマイゼ地区にある。(AFP/資料写真)
ニュージーランド生まれのオーストラリア人男優ラッセル・クロウは2020年8月13日、港で起こった先週の大規模爆発で破壊されたベイルートのレストラン「ル・シェフ」復旧のため、寄付を送ると発表した。このレストランはレバノンの首都の歴史あるジェムマイゼ地区にある。(AFP/資料写真)
ベイルートの流行地区ジェムマイゼの中心部にある数十年の歴史を持つレストラン「ル・シェフ」の写真。レバノンの首都の大部分を破壊したベイルート港での大規模化学爆発後の2020年8月13日に撮影された。(AFP)
ベイルートの流行地区ジェムマイゼの中心部にある数十年の歴史を持つレストラン「ル・シェフ」の写真。レバノンの首都の大部分を破壊したベイルート港での大規模化学爆発後の2020年8月13日に撮影された。(AFP)
Short Url:
14 Aug 2020 01:08:09 GMT9
14 Aug 2020 01:08:09 GMT9

ベイルート:ハリウッドスターのラッセル・クロウが木曜、爆発に襲われたベイルートのあるレストランの再建を支援するため、このレストランの伝統的な料理を愛し、最近亡くなった象徴的な食の有名人アンソニー・ボーディンの代わりに寄付を行うと述べた。

ベイルートの流行地区中心部に店を構える数十年の歴史を持つレストラン「ル・シェフ(Le Chef)」は、その家庭的な料理で有名な、近隣住民たちから愛されている場所である。

このレストランは、8月4日に171人の死者と少なくとも6,500人の負傷者を出し、ベイルート一帯を破壊した爆発により、店の一部が吹き飛ばされた。

2000年のアクション映画『グラディエーター』の役で最も有名な、オスカー受賞歴もあるクロウは、「アンソニー・ボーディンの代わりに」寄付を行うとTwitterで述べた。

「彼がまだいたら、おそらくそうしたと思う」と、クロウは2018年に自殺したこの著名な料理人で旅行記者でもあった人物について語った。

「物事がすぐに元どおりになることを願っている」

クロウの5,000ドルの寄付は、旅行者にも近隣のジェムマイゼの地元民たちにも人気のレストラン「ル・シェフ」のファンが設置したGoFundMeページで行われた。ジェムマイゼは、爆発で最も大きな被害を受けた地区の1つだ。

オンラインでの資金集めは24時間未満で約11,000ドルに達し、目標額まであとわずか2,000ドルとなった。

ル・シェフは、ボーディンが2006年にイスラエルとの1ヶ月にわたる戦争のため仲間と共にレバノンに1週間閉じ込められた際に、最初に食事した場所である。

その話は、彼の『No Reservations』シリーズの貴重なレバノンの回の中で取り上げられている。

「食べ物が本当に美味しく、とても歴史を感じる」と、ボーディンは番組の中でこのレストランについて述べ、古さと新しさの「絶妙な融合」と呼ぶ。

「ベイルートで食べた最初の美味しい食事」であると。

AFP

特に人気
オススメ

return to top