Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ハマス指導者、組織のテルアビブを攻撃可能なミサイルの所持について述べる

ハマス指導者、組織のテルアビブを攻撃可能なミサイルの所持について述べる

2020年9月6日、レバノンのシドンにあるパレスチナ難民キャンプ「アイン・エル=ヒルウェ」での訪問中に担がれるパレスチナ組織「ハマス」のトップリーダー、イスマイル・ハニヤ。(REUTERS /Aziz Taher)
2020年9月6日、レバノンのシドンにあるパレスチナ難民キャンプ「アイン・エル=ヒルウェ」での訪問中に担がれるパレスチナ組織「ハマス」のトップリーダー、イスマイル・ハニヤ。(REUTERS /Aziz Taher)
Short Url:
07 Sep 2020 11:09:07 GMT9
07 Sep 2020 11:09:07 GMT9
  • 南部の港町シドン近郊のパレスチナ難民キャンプでのイスマイル・ハニヤによる発言
  • イスラエルとハマスは、過去13年間に3回の戦争と複数の小規模な戦闘を行なってきた

ベイルート:パレスチナの過激派組織ハマスの指導者は日曜、組織がイスラエルの商業・文化の中心地であるテルアビブ市とその先の地域を攻撃可能なミサイルを所持していることをイスラエルに警告した。

レバノン訪問中のイスマイル・ハニヤ氏の発言は、ハマス傘下の組織によるイスラエルに向けたロケット弾の発射や、イスラエルの軍用機によるハマス支配下のガザ地区の空爆が行われたここ数週間の激化を受けてのものだ。

ハマスは先週、国際的な調停者がイスラエルとの新たな「理解」を仲介したと発表し、ガザ地区でのイスラエルの制限の緩和と引き換えに、当面の間は戦闘を停止するとしていた。

南部の港町シドン近郊のアイン・エル=ヒルウェのパレスチナ難民キャンプで演説したハニヤは武装した男たちに担がれ、英雄として歓迎された。

ハニヤとハマスの代表団は以前、レバノンの過激派組織ヒズボラのリーダー、ハサン・ナスルッラーフと会談し、中東情勢や最近のアラブ首長国連邦とイスラエルの関係の正常化について話し合ったと、ヒズボラの声明が伝えている。

「我々のミサイルの射程距離は、ガザとの国境から数キロ(マイル)先にまで至っていた。現在ガザのレジスタンスは、テルアビブとその先まで攻撃可能なミサイルを所持している」と、ハニヤは述べた。

これまでの戦闘でも、テルアビブおよびその先の地域にハマスのロケット弾が被弾したことがあるが、このようにロケット弾が発射されることは稀であり、これはイスラエルによる深刻な激化だと考えられている。海辺の大都市テルアビブは、ガザから北に約70キロ(45マイル)地点に位置している。

イスラエルとハマスは、過去13年間に3回の戦争と複数の小規模な戦闘を行なってきた。どちら側も戦争を望んでいるとは考えられていないが、死傷者が出れば、より大きな紛争の火種となる可能性がある。

ここ数週間では、2007年にハマスが政権を掌握した際にガザに課した封鎖を緩和するようイスラエルに圧力をかけようと、ハマス傘下の組織がイスラエルに向けて焼夷弾を発射し、農地に火をつけるといったことが起こっていた。同組織はまた、この数週間にイスラエルにロケット弾を発射しており、これは重大な激化だと見られていた。

レバノン訪問中、ハニヤはソーシャルメディアで批判された。ある投稿は、パレスチナ自治政府が統治し、ハマスが長年の確執を抱えているヨルダン川西岸地区からイスラエルを脅した方がいいのではないかと皮肉を込めて尋ねている。別の投稿では、レバノンは現時点で十分な問題を抱えており、それに加えてハマスまで必要ないとしている。

レバノンはこの数十年で最悪の経済・金融危機に直面している。首都ベイルートは1ヶ月前、港で約3,000トンの硝酸アンモニウムが発火したことで引き起こされた大規模な爆発により壊滅的な被害を受けた。この爆発で190人以上が死亡し、数千人が負傷している。

AP

特に人気
オススメ

return to top