Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • レバノン新政権をめぐる論争が激化

レバノン新政権をめぐる論争が激化

2020年9月17日、レバノンの写真代理店ダラーティとノフラが配布した写真には、ベイルート東部のバブダにある大統領官邸で、レバノンのミシェル・アウン大統領(左)とムスタファ・アディブ首相指名候補が会談する様子が写っている。(AFP)
2020年9月17日、レバノンの写真代理店ダラーティとノフラが配布した写真には、ベイルート東部のバブダにある大統領官邸で、レバノンのミシェル・アウン大統領(左)とムスタファ・アディブ首相指名候補が会談する様子が写っている。(AFP)
Short Url:
21 Sep 2020 11:09:22 GMT9
21 Sep 2020 11:09:22 GMT9
  • 意見の相違は、ヒズボラのかつての同盟国が、政府形成の際の敵となっていることを示している。

ナジャ・フーサリ

ベイルート:レバノン政府の財務省を誰が担当するかをめぐる論争は、政権与党外の専門家による政府を形成するための期限の終了とともに、日曜日に激化した。

この意見の相違は、かつてヒズボラの同盟国であった人々が、今では政府を形成する上での敵となっていることを示していた。

レバノンの人々は、ムスタファ・アディブ首相指名候補が月曜日に大統領官邸に赴き、意見の相違にかかわらず、政権樹立の草案を提示するかどうか、あるいは、8月31日までに割り当てられた任務を完了しなかったことを謝罪するかどうかを確かめようと待機している。

日曜の説教にて、マロニテ派総主教ベチャラ・アル=ライ氏は、アマル運動とヒズボラが金融ポートフォリオにしがみつこうと主張していることへの批判を続けた。

ライ総主教はこのように尋ねた。「一体どのような立場から、一宗派がある省庁をあたかも自らの所有物であるかのように主張し、その目的が達成されるまで政府の形成を混乱させているのか?その結果、政治的な麻痺を引き起こし、経済的にも財政的にも、また生活的にもダメージを与えている。ミニチュア救済政府や政治経験のある独立した専門家、またポートフォリオのローテーションなどについての政治勢力による改革合意はどうなってしまったのか」

ライ総主教は、キリスト教徒とイスラム教徒で平等に仕事を分け合うことを定めた憲法に言及し、「憲法が急に改正されたり、何かの力やいじめで押し付けられたとでも言うのか。こんなことは受け入れられない」と述べている。

ライ総主教は、アディブ首相指名候補に「憲法を守り、政府を形成し、条件にとらわれず、遅れず、謝罪するよう」呼びかけた。”

自由愛国運動(FPM)は、アマル運動とヒズボラの条件を非難した。

ヒズボラの盟友であるFPMも「1つの政党が力関係なくレバノン人全員を支配すべきだ」と否定している。

土曜夜の会合で、元首相はアディブ首相指名候補に対し、「共和国大統領と協議し、憲法に定められた規則の上限の下で、できるだけ早く政府を形成するという点で、彼の全権を守るように」と促した。

前首相は、フランスのイニシアチブは「レバノンを崩壊や不信、周囲の悪事から遠ざけるために、政府の形成を促進することで、利用すべき重要な機会を構成している」と述べている。

エジプト外務省は日曜日、レバノンに対し、「地域紛争から距離を置き、憲法に基づいた政府の形成を加速させる」よう呼びかけた。”

フランス外務省のアグネス・フォン・デル・モル報道官は、「レバノンの政治家たちが9月1日に発表された公約を、発表された時間枠に沿って守らなかったことを遺憾に思う」と述べた。彼女は「レバノンのすべての勢力がその責任を果たし、ムスタファ・アディブが指名した宣教政府がレバノン国民の願望を満たすために必要な改革を実施することができるような形成に、遅滞なく合意する」ように促している。

政治家の権力争いが続く中、レバノン軍と民間防衛の海難救助隊は、キプロス行きの船旅の途中で死亡したレバノン人移民の遺体を回収した。

この船は9月7日にレバノン北部のブルジュ・ビーチから50人を乗せて出港したが、本来の定員は30人だった。出航から数時間後に船は停止し、乗客は「船の燃料がなくなった」と告げられた。乗客は見捨てられ、食べ物や飲み物、携帯電話などを奪われた。船は5日間、世界から遮断された。

バトゥルンの海岸で生後20ヶ月のモハメド・ナジール・モハメッドさんの遺体が発見され、子供の祖父が孫の遺体を確認した。彼の息子は、死後2日後に海に投げ捨てる前に、黒いジーンズと白いベルトで子供を包んだと話していたという。

また、サラファンドの海岸沖でモハメド・ハッサン・アサフさんの遺体が発見され、ズーク沖でも別の遺体が回収された。依然として9人が行方不明のままだ。

その後、トリポリの国内治安部隊は、「死の船に乗った移民と密輸業者の間の仲介者として金を取った一人」であるブルハンQという男を逮捕している。

topics
特に人気
オススメ

return to top