Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • パレスチナ自治政府の財政危機は「来月終結し得る」

パレスチナ自治政府の財政危機は「来月終結し得る」

イスラエルとの厄介な関係の結果としてPAの財政は大きな打撃を受けてきた。(AFP)
イスラエルとの厄介な関係の結果としてPAの財政は大きな打撃を受けてきた。(AFP)
Short Url:
15 Oct 2020 08:10:39 GMT9
15 Oct 2020 08:10:39 GMT9
  • ヘブロンとヨルダン川西岸の多くの学校の教師は、5月以降、月給の一部しか受け取っていないことに対して抗議行動を行っている。

 ハゼン・バローシャ

ガザ市: 組合の指導者は、パレスチナ自治政府(PA)で進行中の財政危機がまもなく解決し得るという約束の下、ストライキ中の西岸の教師に「政府に対し忍耐強く」あるよう促した。

教師組合事務局長のサエド・エルジカトは、「労働者代表は無許可の抗議活動に参加している教師を逮捕の可能性から保護することはできない」と警告した。

ヘブロンとヨルダン川西岸の多くの学校の教師は、5月以降、月給の一部しか受け取っていないことに対して抗議行動を行っている。

「パレスチナ問題を清算する計画」と表現されるものをめぐるイスラエルや米国との厄介な関係性の結果として、PAの財政は大きな打撃を受けてきた。

5か月前 PAは、パレスチナ自治区に入る商品に対してイスラエルが代わりに徴収していた税収の受け取りを停止した後、毎月の財政的義務、特に賃金の支払いを履行できないことに気づいた。税金はPAの収入の60パーセント以上を占めると推定されている。

組合当局が距離を置いたストライキに参加した多くの教師たちは、その後逮捕された。

エルジカットは、組合は給与支払いの問題についてPAと常に連絡を取り合っていると述べ、財政危機は来月終了するだろうと付け加えた。しかし、当局は、組合は「教師を保護することはできず、すべての教師は学校への出席を遵守しなければならない」と警告した。

しかし、いわゆるユナイテッドティーチャーズムーブメントの抗議者たちは、組合を「教師を気にかけない政府側」と表現した。

逮捕された一人である教師で活動家のハルド・シャビタは、教師には平和的にストライキをする権利があり、労働活動に参加したことに対してPAが彼らの「愛国心」に疑問を呈するのは間違っていると述べた。

「私たちは自由な国を望んでおり、まともな生活を望んでいます。労働者は難しい選択に直面しています。彼らには尊厳を持って生きる権利だけでなく、自国の占領から自由を守るために戦う権利があるのではないですか?」と彼はアラブニュースに語った。

パレスチナのモハメッド・イシュタイエ首相は以前、公務員に「祖国とお金のどちらが欲しいのか」と言った。

教育問題のライターであるイスマイル・マスラマニは、教師を含む労働者にはストライキの権利があると述べた。 「現場は複雑になり、悲劇の規模は大きく、労働者は失敗した政策による価格を支払う義務はありません」と彼は付け加えた。

報道によると、PAの税収を再開するための国際的な調停の取り組みが進行中だ。当局の月額給与は、西岸地区とガザ地区の約136,000人の従業員に対して約5億5000万イスラエルシェケル(1億6200万ドル)である。

通常、毎月の平均政府支出は11億シェケルを超えると予想される。

経済学者のアイマン・アブ・アイシャは言った。「パレスチナ当局がアラブのローンの取得に成功した場合、イスラエルが徴収する税収は必要ありませんが、成功しなかった場合、税収を受け取るという選択肢は、財政危機を解決するための最後の手段になります。 」

特に人気
オススメ

return to top