Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 中東の起業家にとって中国が次の狙いとなる理由

中東の起業家にとって中国が次の狙いとなる理由

中東の起業家たちは潜在的な巨大市場、中国に狙いを定めている。(AFP通信/資料写真)
中東の起業家たちは潜在的な巨大市場、中国に狙いを定めている。(AFP通信/資料写真)
Short Url:
07 Nov 2020 04:11:12 GMT9
07 Nov 2020 04:11:12 GMT9
  • 中国では中東地域の製品が消費者に好感を持たれており、ベンチャーキャピタルによる投資がこれに続く可能性がある
  • Hala Chinaは、中東の企業が世界第2位の経済大国の相手企業と関係を構築するための支援をしている

キース・J・フェルナンデス

ドバイ:モハメド・アリ・アル・マドファイ氏は、新たな市場機会を得ようと意気込んでいる。首長国の起業家である同氏は、自慢の焙煎コーヒーが近いうちに中国の顧客の関心を集めることを期待している。

「中国の人々は私たちと比べてコーヒーの好みが似ているようで、私たちは彼らのコーヒー体験を上質で豊かなものにしたいと考えています」とアル・マドフェイ氏は言う。

「ミレニアル世代は今、紅茶よりもコーヒーを好み、新しい体験を求めていることがわかりました。これが新たなチャンスへの道を切り開いており、私たちが埋めることができるすき間があると見ています」

2018年に設立されたEmirati Coffee Company(ECC)は、40か国以上からコーヒー豆を調達して焙煎し、域内の250以上のカフェで販売している。同社の製品には、消費者と企業顧客の両方に向けて、従来の豆や有機豆、インスタントコーヒー、カプセル式コーヒーなどがある。

2018年に設立されたEmirati Coffee Company(ECC)は、40か国以上からコーヒー豆を調達して焙煎し、域内の250以上のカフェで販売している。(提供写真)

サウジアラビアとバーレーンでは、ECCはKnowhereとHigh Streetのブランド名で小売を行っている。アル・マドファイ氏によると、コロナウイルスの流行がピークに達した時には、3月に開設した新しいウェブサイトのおかげもあり、同社は300%の成長を遂げた。

同氏は今、中国に目を向けている。国際コーヒー機関によると、中国の年間コーヒー消費量は過去10年間で毎年平均16%ずつ増えており、今年は423億ドル規模になる。

「私たちは、中東と同じビジネスモデルで中国に進出したいと切望しており、現在も中国の相手企業との話し合いを続けています。私たちの現在のアプローチが中国市場でうまくいくと信じています」と同氏は話した。

アル・マドファイ氏や他の起業家は、Hala Chinaの助けを借りて、中国の消費者を獲得する方法を模索している。この取り組みは2年前からドバイが行っており、地域の企業が世界第2位の経済大国である中国の企業とビジネスや文化的な関係を築くための支援を行っている。

今年の夏、Hala ChinaはUAEと中国の間で革新的なオンライン貿易博覧会を開催した。そのハイライトとして、出展者は無料の3D照明技術プラットフォームを利用して、閲覧者とバイヤーに自社製品の360度ビューを提供することができた。

Hala Chinaの理事長、マジド・アル・ムアラ氏によると、中国の消費者は香辛料(特にサフラン)、カーペット、アバヤ、純種のアラビア馬といった中東文化の顕著な特徴に引きつけられているという。

「需要はこれらの製品にとどまりません。市場として、私たちはまだ『アラビアの』製品に焦点を当て、啓蒙し、認知度を高めるための取り組みを合理化しているところです。私たちは現在、中国の消費者に合わせて製品を適応させ、カスタマイズする方法を学んでいます」とアル・ムアラ氏は述べた。

一般的に中国は輸出国と認識されているが、世界中のブランドにとって重要な市場であることに変わりはない。中国は2018年の世界第2位の輸入国で、同年の輸入総額は1.6兆ドルに達した。最近の貿易の混乱にもかかわらず、中国は依然としてトップクラスの輸入国であることに変わりはない。

「COVID-19後には電子商取引がさらなる急増を見せると考えられており、電子商取引、現代農業、自動車、国境を越えた電子商取引、航空貨物などの分野での取り組みが重要な焦点となっている」とアル・ムアラ氏は述べている。

中東の新興市場は、中国のベンチャーキャピタルやエンジェル投資家の注目を集めている。(提供写真)

同氏は、中国の顧客を獲得したいと考えている起業家にとって、長期的な計画の重要性を強調している。

「人々が通常、国際市場を主に『西洋市場』と見る中、中国文化のニュアンスとビジネスにおけるその役割を理解することに焦点を当てなければなりません。他の市場で効果的であると証明されたことが、中国では通用しないかもしれません。中国では中国人のニーズや要件に合わせた製品を必要とするためです」と同氏は述べた。

一方、中東の新興市場は、中国のベンチャーキャピタルやエンジェル投資家の注目を集めている。中東ではインターネットの普及率が60%を超えている。これは1億5000万人以上のユーザーがいることを意味しており、電子商取引、娯楽、レジャー、先端技術、物流、フィンテックへの関心が高まっている。

「中国の企業や個人はこの2年間で、一帯一路構想を強く意識して、中東市場への投資にますます目を向けるようになってきました。私たちは中東地域のインフラや不動産投資に関心が高まるのを見てきました」とアル・ムアラ氏は語った。COVID-19のパンデミックは、そういった国外への関心に拍車をかけている。

「このことを念頭に置いて、急成長が予想される地域で積極的に活動することが重要です」

特に人気
オススメ

return to top