Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • イランは、バイデン氏が制裁を解除した場合、核合意公約を果たすと言う

イランは、バイデン氏が制裁を解除した場合、核合意公約を果たすと言う

イランの外相は2020年11月18日、米国のジョー・バイデン大統領が過去2年間に課された制裁を解除した場合、イランは「自動的に」核合意公約に戻ると述べた。
イランの外相は2020年11月18日、米国のジョー・バイデン大統領が過去2年間に課された制裁を解除した場合、イランは「自動的に」核合意公約に戻ると述べた。
Short Url:
19 Nov 2020 08:11:15 GMT9
19 Nov 2020 08:11:15 GMT9
  • バイデン氏は、ドナルド・トランプ氏の下でのタカ派の4年を終え、イランとの外交に戻ることを約束した。
  • ザリフ氏は、バイデン氏を30年前から知っている「外交のベテラン」と表現した。

テヘラン:イランは水曜日、外交政権がさらに圧力をかけて倍増した制裁を米国大統領選で当選したジョー・バイデン氏が解除した場合、核合意公約に「自動的に」戻ると述べた。

バイデン氏は、非核化協定から撤退し、抜本的な制裁を打ったドナルド・トランプ政権の下でのタカ派の4年が終わり、イランとの外交への復帰を約束した。

テヘランは再びその公約を「自動的に行うことができ、条件や交渉さえも必要としません。」と、モハンマド・ジャヴァード・ザリフ外相は国営の日刊イラン新聞で発表されたコメントの中で述べた。

ザリフ外相は、バイデン氏を30年前から知っている「外交のベテラン」と表現した。ホワイトハウスに一度入れば、バイデン氏は「3つの大統領命令ですべて(の制裁)を解除することができるでしょう。」とザリフ氏は主張した。

バイデン政権がそうすれば、イランの核合意公約への復帰は「迅速」になるだろうと外相は付け加えた。

しかし、ワシントンの合意への復帰は待つことができるだろう、とザリフ氏は付け加えた。

「交渉が必要となる次の段階はアメリカの復帰です…これは優先事項ではありません。」と彼は言い、「最優先事項はアメリカが法違反を終わらせることです。」と付け加えた。

一方、ハッサン・ロウハニ大統領はトランプ政権を「手に負えない」と呼び、バイデン政権は、バイデン氏が副大統領だったバラク・オバマ政権によって交渉された、核合意の時点で2015年に優勢だった「雰囲気を取り戻す」ことができると述べた。

この合意は、テヘランの核開発計画には軍事的目的がないことを国連が確認した保証と引き換えに、国際的な制裁から解放していた。

11月3日に選挙での敗北を受け入れなかったトランプ氏は、バイデン氏が制裁を緩和することを政治的および法的により困難にすることを望んで、イランへの圧力を強め続けるために動いている。

最近の動きで、財務省は、イラン経済全体に利益をもたらす貧しい人々のための公式の慈善団体である抑圧された財団の米国の利益を凍結していると述べた。

財務省は、この財団を、政府の監視なしに運営されているイランの最高指導者アヤトラ・アリ・ハメネイ氏の「数十億ドル規模の経済帝国」および「主要な後援ネットワーク」と表現した。

また、人権を理由にイランの諜報・安全保障大臣であるマフムード・アラビ氏も制裁を受けた。

マイク・ポンペオ国務長官は、ザリフ氏が米国の同盟国であるイスラエルに到着したときの間接的な反応で、「痛ましい結果」を課し続けることを誓った。

「イラン政権は、制裁を解除し、適度な核制限と引き換えに巨額の現金を出荷したという失敗した実験の繰り返しを求めているのです。」

「これは確かに厄介ですが、さらに厄介なのは、米国がこの核恐喝の犠牲になり、私たちの制裁を放棄すべきであるという考えです。」と彼は述べた。

核爆弾の建設を否定しているイランは、2019年5月以降、低濃縮ウランの生産と備蓄の制限を含む、協定に基づく主要な義務行為のほとんどを徐々に停止している。

国連の国際原子力機関は水曜日、イランがナタンツにある主要な原子力濃縮施設の地下部で高度な遠心分離機の運転を開始したと述べた。

イランの世界大国との取り決めの下では、高度な技術をもたない遠心分離機でウランを濃縮することだけを目的としている。

先週の報告書で、IAEAは、イランの濃縮ウランの備蓄は、2015年の合意の制限の12倍を超えていると述べた。

ニューヨークタイムズ紙は月曜日、トランプ氏が先週、イランの核施設を攻撃する可能性についてトップ補佐官に尋ねたと報じた。

高官は、大統領の最後の数週間にそのような攻撃をすればより大きな紛争に発展する可能性があると警告し、「大統領が軍事攻撃を進めることを思いとどまらせた」と報じられた。

イランは、制裁措置と、他の政党(英国、中国、フランス、ドイツ、ロシア)が取引で約束された経済的利益を提供できないために、公約から離れたと主張している。

AFP

topics
特に人気
オススメ

return to top