Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 物議を醸している反アラブ政党とイスラエル首相の票共有合意に対し、怒りが高まっている

物議を醸している反アラブ政党とイスラエル首相の票共有合意に対し、怒りが高まっている

2021年2月16日火曜日、エルサレムのロイミット医療サービスのワクチン接種施設を訪れ、イスラエルで400万人目に新型コロナウイルスのワクチン接種を受けたテオドール・サルツェン氏と面会するイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相。(AP通信)
2021年2月16日火曜日、エルサレムのロイミット医療サービスのワクチン接種施設を訪れ、イスラエルで400万人目に新型コロナウイルスのワクチン接種を受けたテオドール・サルツェン氏と面会するイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相。(AP通信)
Short Url:
19 Feb 2021 06:02:25 GMT9
19 Feb 2021 06:02:25 GMT9
  • 世界中のユダヤ人や反人種差別主義の人物と団体は、この問題についてほとんど口を閉ざしたままだ

ダウド・クッタブ

アンマン:イスラエルの右派リクード党と物議を醸しているオツマイェフディート(ユダヤの力)党との間で署名された余剰票の共有合意が、イスラエルのパレスチナ人を含む広い範囲から非難を浴びている。

ハイファを拠点とするモサワアラブ権利センターは、強い言葉による声明の中で、今回の政治的合意を「(オツマイェフディート党首のイタマール)ベン・グヴィル氏のカハネ主義の基盤を支持するものであり、この基盤は、パレスチナ系アラブ人に対する冷酷な扇動、暴力、憎悪の上に築かれたものです」と見なした。

イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は、ベン・グヴィル氏と同氏の党が連合に加わることを望んでいると述べた。ベン・グヴィル氏は過激派のカハとカハネ・ハイ党に所属しており、同様の政策を支持していた。

モサワセンターは声明の中で、「ベン・グヴィル氏は、同氏が国家に忠誠を誓っていないと主張するイスラエルのパレスチナ系アラブ市民の排除を呼びかけました」と述べた。

世界中のユダヤ人や反人種差別主義の人物と団体は、この問題についてほとんど口を閉ざしている。
モサワセンターのセンター長であるジャファル・ファラー氏は「今回のネタニヤフ氏の決断は、ベン・グヴィル氏の危険で憎しみに満ちた人種差別的な政治を受け入れ、正当化し、力を与えることになります。そして、それは平和と正義どころか、交渉へのあらゆる道を破壊するでしょう」とアラブニュースに語った。

同氏は、この状況は「イスラエル内、ヨルダン川西岸、ガザ地区におけるパレスチナ系アラブ人の権利を脅かすだけでなく、同地域全体を不安定にする恐れがあります。国際社会は、このような脅威的な勢力が権力と影響力を拡大することを許してはなりません」 と述べた。

ファラー氏によると、アラブ共同体でも、旧4党が連合したジョイントリストの分裂を受けて緊張が高まっているという。

南部イスラム運動のマンスール・アッバース氏は、ムワハドリストの結成に動いたが、この分裂したリストがクネセトに入る資格が得られる3.25%を超えることができるかどうかは不明のままである。

「現状では、アラブ系有権者の投票率が50%を超えることができれば幸運です。この最良のシナリオでは、ジョイントリストが7議席を獲得し、新党のムワハドリストが4議席を獲得することを意味します」とファラー氏は述べた。

現在、前回の選挙では63%の投票率だったこともあり、ジョイントリストはクネセトに15の議席を持っている。しかし、ファラー氏は両グループの対立から、次回は低い投票率になると予想している。

「ジョイントリストは、マンスール・アッバース氏がネタニヤフ政権に加わると主張しています。その一方で、ムワハドリストはゲイの権利を支持するジョイントリストを非難しています」と同氏は付け加えた。これは、宗教的・社会的緊張を引き起こしており、次の総選挙の投票率に影響を与える可能性が高いと同氏は述べた。

イスラエルの多くのシオニスト政党が余剰票の共有に合意したのとは異なり、アラブの2つのリストは同様の合意に署名していない。

特に人気
オススメ

return to top