Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • イエメン大臣 マリブ地区に差し迫る人道的危機を警告

イエメン大臣 マリブ地区に差し迫る人道的危機を警告

2021年2月18日、北部都市マリブ郊外にある国内避難民のためのJaw al-Naseemキャンプのイエメンの子どもたち。(AFP)
2021年2月18日、北部都市マリブ郊外にある国内避難民のためのJaw al-Naseemキャンプのイエメンの子どもたち。(AFP)
Short Url:
28 Feb 2021 10:02:26 GMT9
28 Feb 2021 10:02:26 GMT9

アラブニュース

ドバイ:イエメンの情報相は、マリブ地区において、イランが支持するフーシ派民兵による戦闘の継続により、「封じ込むことができない」人道的危機が差し迫っていると警告した。

ムアンマル・イリヤニ情報相は、同国の国営通信社サバ通信に対し、マリブ地区は現在進行中のフーシ派による暴力により避難している難民の家族数が最も多い地区であると語った。

またイリヤニ情報相は、マリブ地区には戦争勃発以降、200万人以上の難民が定住しており、彼らはイエメン国内の難民の60%を占めていると述べた。難民はイエメンの総人口の7.5%を占めている。

情報相は、金曜日に発表された国内避難民(IDPs)キャンプの管理を担当する執行部門からの報告を引用していた。

topics
特に人気
オススメ

return to top