Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 米国の言語学者、ヒズボラに機密情報を提供した罪で23年の刑に処せられる

米国の言語学者、ヒズボラに機密情報を提供した罪で23年の刑に処せられる

レバノン系米国人のマリアム・タハ・トンプソン氏は、国防に関する機密情報をヒズボラに提供したことを認め、水曜日に23年の懲役刑を宣告された。(AFP/資料写真)
レバノン系米国人のマリアム・タハ・トンプソン氏は、国防に関する機密情報をヒズボラに提供したことを認め、水曜日に23年の懲役刑を宣告された。(AFP/資料写真)
Short Url:
25 Jun 2021 02:06:02 GMT9
25 Jun 2021 02:06:02 GMT9
  • レバノン系米国人のマリアム・タハ・トンプソン氏(62歳)は、イラクの米国特殊作戦任務部隊に勤務し、極秘情報の取扱許可を得ていた
  • トンプソン氏は、2017年にヒズボラとつながりのあるレバノン人の共犯者と話交友が始まり、その後、彼に恋愛感情を抱くようになった

レイ・ハナニア

シカゴ:レバノン系アメリカ人のマリアム・タハ・トンプソン氏は、米国がレバノン南部に拠点を置くテロ組織に指定しているヒズボラに、国防に関する機密情報を渡したことを認め、水曜日に23年の懲役刑を宣告された。

ミネソタ州ロチェスター出身のトンプソン氏(62歳)は、イラクに駐留する米国特殊作戦部隊の言語スペシャリストとして契約し、最高機密へのアクセス権を持っていた。米司法省の関係者は声明の中で、彼女は減免措置と引き換えに有罪を認めることに同意したと述べている。

裁判資料によると、トンプソン氏は、ヒズボラのエージェントに機密情報を渡していたと思われるレバノン人男性に情報を提供したことを認めている。彼女の接触者は、2020年1月3日に行われたイラン革命防衛隊コッズ司令官ガーセム・ソレイマニ氏の暗殺に関与した可能性のある個人に関する詳細な情報を得ることを目的としていた。

司法省国家安全保障部門のジョン・デマーズ司法長官補は、声明で次のように述べている。「トンプソン氏の判決は、アメリカ国民、彼女が危険にさらした人的資源、そして友人や同僚として彼女のそばで働いていた隊員たちに対する裏切りの深刻さを反映している」。

「トンプソン氏が我が国の機密情報を、レバノンのヒズボラと関係があると知っていた人物に渡したことは、彼女の裏切りをより重大なものにした。トンプソン氏の判決は、すべての機密保持者に対して、この国への誓いに対する違反は、特に人命を危険にさらすような場合には軽視されないという明確な警告となるべきである」と述べている。

トンプソン氏は、2017年から、文字音声メッセージアプリケーションのビデオチャット機能を使って、レバノン人男性とコミュニケーションを取るようになったことを認めている。トンプソン氏は後に共犯者に恋愛感情を抱くようになった。

彼女は、未起訴の共犯者の家族がレバノン内務省に所属しており、またレバノンのヒズボラと強いつながりがあることを知った。

2019年12月、トンプソン氏がイラクの特殊作戦任務部隊の施設に配属されている間に、米国はイランが支援する外国人テロ組織であるカターイブ・ヒズボラを標的とした一連の空爆をイラクで開始した。その結果、2020年1月3日の空爆でソレイマニ氏とカターイブ・ヒズボラの創設者であるアブー・マフディー・アル=ムハンディス氏が死亡した。

ソレイマニ氏の死後、未起訴の共犯者はトンプソン氏に、米国がソレイマニ氏を標的にするのを助けた人的資産に関する情報を「彼ら」に提供するように求め始めた。トンプソン氏は、「彼ら」とは匿名の高位の軍司令官を含むレバノンのヒズボラであると理解していたことを認めた。

2020年1月初旬にこの情報要請を受けた後、トンプソン氏は人的資産の名前、個人識別データ、背景情報、写真のほか、その人的資産が米国政府に提供した情報を詳細に記した作戦ケーブルを含む人的情報源に関する数十のファイルにアクセスし始めた。

彼女はいくつかの方法を使ってこの情報を未起訴の共犯者に伝え、共犯者は自分の接触者がこの情報に満足していること、レバノンのヒズボラ軍司令官が、トンプソン氏がレバノンに来たら会いたいと言っていることを伝えた。

2020年2月27日にFBIに逮捕された時点で、トンプソン氏は国家防衛の機密情報へのアクセスを利用して、少なくとも8人の人的資産と少なくとも10人の米国人ターゲットの身元、および複数の戦術、技術、手順を共謀者に提供していた。トンプソン氏は、自分が提供した国防機密情報が米国の情報源や部隊の命を危険にさらす可能性があることを知っていたと供述している。

コロンビア特別区のチャニング・フィリップス連邦検事代理は、「外国のテロ組織を援助するという被告の決断は、10年以上にわたって彼女のそばで働いてきた戦場のアメリカ人の命を危険にさらす裏切りであった」と述べている。

また、フィリップス連邦検事代理は、「今日の判決は、国防情報を漏洩させて国を裏切った者には重大な結果が待っていることを知らしめるものである」と語った。

司法省と協力したFBI関係者は、トンプソン氏がレバノン人の接触者に提供した情報は、国家の安全を危険にさらすものだと述べた。

FBI防諜部のアラン・コーラー・ジュニア副部長は、「外国のテロリスト組織に渡るような機密情報を故意に配布することで、マリアム・トンプソン氏は国防を危険にさらした」と語った。

「FBIの職員は、米国を標的とした敵対的な情報活動を阻止するために、また、米国政府を支援する者を拘束するために、たゆまぬ努力を続ける」。

特に人気
オススメ

return to top