Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • イスラエル軍との衝突でパレスチナ人140人以上が負傷:医療関係者

イスラエル軍との衝突でパレスチナ人140人以上が負傷:医療関係者

ヨルダン川西岸地区のナブルス市近くのベイタで、近くの丘に設立されたイスラエルのエビアター前哨基地に対する抗議デモが行われ、イスラエル軍との衝突により負傷したパレスチナ人デモ参加者を医療関係者が避難させた。(AFP)
ヨルダン川西岸地区のナブルス市近くのベイタで、近くの丘に設立されたイスラエルのエビアター前哨基地に対する抗議デモが行われ、イスラエル軍との衝突により負傷したパレスチナ人デモ参加者を医療関係者が避難させた。(AFP)
Short Url:
24 Jul 2021 11:07:30 GMT9
24 Jul 2021 11:07:30 GMT9
  • イスラエル軍によると、この衝突で2人の兵士が軽傷を負った。
  • 数百人のパレスチナ人がベイタに集まり、近くのエビアター前哨基地に対する抗議活動をおこなった。

パレスチナ自治区、ベイタ:医療関係者によると、ヨルダン川西岸のベイタ村でイスラエルの不法入植に対する抗議活動がおこなわれ、イスラエル軍との衝突によりパレスチナ人140人以上が負傷した。

イスラエル軍によると、この衝突で2人の兵士が軽傷を負った。

AFP通信の特派員によると、イスラエル占領下のヨルダン川西岸地区北部に位置するベイタに、数百人のパレスチナ人が集まり、近くのエビアター前哨基地に対する抗議活動をおこなった。

この地域では、パレスチナ人の土地への入植拡大に反対するデモが定期的におこなわれている。

イスラエル軍によると、この数時間の間に、ナブルス南部に位置するギバト・エビアター前哨基地の地域で暴動が発生した。

イスラエル軍は「数百人のパレスチナ人がIDF(イスラエル国防軍)に石を投げたため、IDFは暴動鎮圧手段をとり、これに応戦した」と声明を出し、「軽傷を負った兵士2人は病院に搬送された」と付け加えた。

パレスチナ赤新月社によると、この衝突で146人のパレスチナ人が負傷した。うち実弾による負傷が9人、ゴム弾による負傷が34人、催涙ガスによる負傷が87人だった。

ユダヤ人入植者たちは5月初めにエビアター前哨基地を設立し、数週間でコンクリートの簡単な住居や小屋を建てた。

国際法やイスラエルの法律を無視したこの建築に対し、パレスチナ人は「自分たちの土地に建築した」として激しく抗議している。

民族主義者のナフタリ・ベネット首相が率いる新政権との合意により、入植者たちは7月2日に前哨地を離れたが、彼らが建てた建物は軍の監視下に置かれていた。

イスラエル国防省は、「イスラエルの法律に基づき、この地域を国有地にできるかどうか調査する」と発表した。

国有地になれば、エビアターに宗教学校を設立し、教職員や生徒の住宅を建設することも可能となる。

ヨルダン川西岸地区は1967年からイスラエルに占領されており、約47万5000人のユダヤ人入植者が居住している。

AFP

特に人気
オススメ

return to top