Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • チュニジアの政治的混乱に世界が冷静さを求める

チュニジアの政治的混乱に世界が冷静さを求める

チュニジア大統領府が公表した2021年7月25日の映像からのスクリーンショット。カイス・サイード大統領が国民に向けて演説している。(ロイターTV)
チュニジア大統領府が公表した2021年7月25日の映像からのスクリーンショット。カイス・サイード大統領が国民に向けて演説している。(ロイターTV)
2021年7月25日、チュニスでチュニジア警察がデモ参加者を拘束している。(ロイター/ズービエイル・ソーイシ)
2021年7月25日、チュニスでチュニジア警察がデモ参加者を拘束している。(ロイター/ズービエイル・ソーイシ)
2021年7月25日、チュニスで行われた反政府デモの鎮圧のためにデモ隊に向かって駆けていくチュニジア警察。(ロイター/ズービエイル・ソーイシ)
2021年7月25日、チュニスで行われた反政府デモの鎮圧のためにデモ隊に向かって駆けていくチュニジア警察。(ロイター/ズービエイル・ソーイシ)
Short Url:
27 Jul 2021 12:07:35 GMT9
27 Jul 2021 12:07:35 GMT9
  • サイード大統領、月曜日に国防相と法相代理を解任
  • サウジ外相、チュニジア外相との電話会談で情勢報告を受ける

アラブニュース

チュニス:チュニジアのカイス・サイード大統領は、首相を追放して議会を停止した翌日、月曜日に国防相を解任し、若い民主主義国家はパンデミックの中で憲政の危機に陥っている。

サイード氏がヒシェム・メシシ首相を解任し、30日間の国会の閉鎖を命じた後、月曜日に軍により封鎖された国会の外の路上で衝突が勃発し、最大政党ナフダはこれを「クーデター」と非難した。

サイード氏は日曜日、政府の新型コロナウィルス流行への対応に対する複数の都市での抗議活動を受けて、「チュニジア、国家、チュニジア国民を救うために必要な決定を下した」と宣言した。

憲法に基づいて軍隊を統制する大統領は、反対派が武器を取ることに対して警告し、もし誰かが「一発でも銃弾を撃てば、我々の軍隊は銃弾の雨で応戦する」と脅した。

月曜日の午後、大統領府の声明で、イブラヒム・バルタジ国防相と、政府の報道官でもあるハスナ・ベン・スリマン法相代理の解任が発表された。

月曜早朝から兵士がチュニスで議会を封鎖する一方、サイード大統領の支持者らはイスラム主義政党アンナハダの支持者に石や瓶を投げつけて侮辱し、党首は建物内への立入を阻止された。

また、軍隊は、メシシ氏の事務所を包囲した。同氏はこの北アフリカの国で起きている事件についてまだ公式に反応していない

午後になって、抗議活動は沈静化した。

チュニジア大統領が議会を閉鎖したことを受け、2021年7月26日、チュニス近郊のラマルサで群衆が街頭に集まる。(SNS/レイリー・フォローディ、ロイター経由)

これは「改革と憲法に対するクーデター」だと、チュニジアの連立与党の主導政党であるアンナハダは主張し、そのメンバーは「改革を守る」と警告した。

この危機は、大統領は、首相、アンナハダの党首であるラシェド・ガンヌーシ氏と数ヶ月にわたって対立状態が続き、新型コロナウィルスへの対応がうまくいかず、一人当たりの死亡率が世界で最も高い国の一つとなったために生じたものだ。

チュニジアでは最近、新型コロナウィルスの感染者が急増しており、人口1200万人の国で死者数が1万8000人を超えている。

また、警察はカタールに本拠を置くアルジャジーラ・テレビの現地支局を閉鎖し、同局のチュニス局長であるロトフィ・ハッジ氏は、「今起きていることは非常に危険であり、報道の自由が脅かされている証拠だ」と警告した。

世界の反応

サウジアラビアの外務大臣ファイサル・ビン・ファルハン王子は、チュニジアの外務大臣から電話を受け、チュニジアでの最新の動向や出来事について報告を受けた。

ファイサル王子は、チュニジアの安全、安定、繁栄に対する王国の熱意と、これを実現するためにあらゆる支援を行うことを確認した。

両者は、二国間の関係と、様々な分野で支援し、強化する方法について話し合った。

チュニジア議会のラシド・ガンヌーシ議長は、カイス・サイード大統領による議会の閉鎖を「革命と憲法に対するクーデター」と表現した。(ロイター/資料写真)

モザイクFMニュースラジオによると、夜間、ガンヌーシ氏は仲間と入ろうとしたが、阻止されたという。同氏は、大統領の動きにもかかわらず、議会の活動は継続すると主張した。

大統領は、この決定の理由として暴力についての懸念を挙げ、公共の秩序を乱す行為を戒め、問題を起こした者には厳しい罰則を与えると警告した。大統領は軍隊式のテレビ演説で、「我々はこれらの決定を下しました…チュニジアに社会的平和が戻るまで、そして国家を救うまで」と述べた。

米国は、チュニジア大統領が政府を解任したことに警鐘を鳴らし、チュニジアに 「民主主義の原則 」を遵守するよう求めた。

ホワイトハウスのジェン・サキ報道官は記者団に対し、「我々はチュニジアの動向に懸念を抱いている」と述べた。

「私たちは上級レベルで連絡を取り合っている」と述べ、「冷静さを求め、民主主義の原則に沿って前進しようとするチュニジアの努力を支援する」と語った。

チュニジア大統領が日曜日に政府を解任し、議会を凍結したことを受けて、フランスも月曜日に、チュニジアにおける法の支配を可能な限り早く尊重するよう求め、すべての政党に暴力を控えるよう呼びかけた。

アラブ連盟は、月曜日にチュニジアの外相と電話会談を行い、大統領による突然の政府解任で混乱に陥ったチュニジアに、安定と落ち着きを取り戻すよう求めた。

アラブ連盟の声明によると、チュニジアの外相は連盟の事務局長に対しチュニジアの状況を十分に説明した上で、「アラブ連盟はチュニジアに対し、現在の混乱した局面を速やかに切り抜け、安定と落ち着きを取り戻し、国民の願望と要求に応えるために効果的に働く国家の能力を回復するよう要請する」と付け加えた。

国連はチュニジアのすべての当事者に対し、「自制し、暴力を控え、事態の平穏を確保するよう」求めていると、月曜日、アントニオ・グテーレス国連事務総長の報道官が発表した。

国連のファルハーン・ハク報道官は、「すべての紛争や意見の相違は、対話を通じて解決されるべきである」と述べた。

ハク氏は、国連がチュニジアの状況をクーデターと見なしているかどうかについてはコメントを避けた。

国際通貨基金は、チュニジアが新型コロナウィルス危機の影響に対処し、「雇用に恵まれた」回復を達成し、財政を持続可能な状態に戻すための支援を継続する用意があると、月曜日、報道官が発表した。

トルコ外務省は、この衝撃的な動きを批判し、「深く憂慮している」と述べ、「民主的正統性」を回復するよう求めた。

クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は短いコメントの中で、ロシアはチュニジアの動向を注視していると述べた。

「我々は、あの国の人々の安定と安全を脅かすものが何もないことを望んでいる」と、彼は毎日の電話ブリーフィングで記者団に語った。

ドイツ外務省のマリア・アデバー報道官は記者団に対し、ドイツはチュニジアが「できる限り早く憲法に基づく秩序を取り戻す」ことを望んでいると述べた。

ドイツは「非常に心配している」としながらも、「クーデターの話はしたくない」と付け加えた。

アデバー氏は「できるだけ早く憲法秩序を取り戻すことが重要だ」と述べた。

「我々はベルリンのチュニジア大使と(状況について)話し合うよう努めるし、チュニスの我が国の大使も話し合いに応じる用意がある」と述べた。

国営カタール通信社によると、カタールは月曜日、チュニジアの政治危機に関わるすべての当事者に対し、状況の深刻化を回避し、対話に向けて進むよう呼びかけた。

「カタールは、チュニジアの各政党が危機を克服するために対話の道を選ぶことを望んでいる」との外務省声明を同通信社は引用した。

ガンヌーシ氏、座り込みを終了

月曜日の早朝から兵士がチュニスの議会を封鎖し、外では、アンナハダの支持者に大統領の支持者が石を投げつけて、侮辱し、アンナハダの党首は建物への立入を阻止されたことに抗議するために座り込みを行った。

しかし、その後、アル=アラビーヤ・テレビは、ガンヌーシ氏がチュニジア議会の外で座り込みをすると発表した後に、その場を去ったと伝えた。また、議会の外で彼の車列が、アンナハダの党首に反対するデモ隊に石を投げつけられ、車の窓が割れた写真も放映された。

チュニジアの経済は何年にもわたって低迷しており、最近ではアフリカで最悪のウイルス発生に直面しているため、ロックダウンなどのウイルス規制を再度実施している。

大統領の決定が発表された後、軍隊が首都周辺に配備され、AP通信の記者は近くのバルドで国会に向かう軍用車両を目撃した。

2021年7月25日、チュニスで行われた反政府デモの鎮圧のためにデモ隊に向かって駆けていくチュニジア警察。(ロイター/ズービエイル・ソーイシ)

モザイクFMのニュースラジオによると、夜になって、ガンヌーシ氏は仲間を連れて入ろうとしたが、阻止されたという。彼は、大統領の動向にかかわらず、議会は活動を続けると主張した。

大統領は、この決定の理由として暴力への懸念を挙げ、公共の秩序を乱す行為を戒め、問題を起こした者には厳しい罰則を与えると脅した。「我々はこれらの決定を下した…チュニジアに社会的平和が戻り、国家を救うまで」と、軍隊式のテレビ演説で述べた。

2021年7月25日、チュニジアのチュニスで行われた反政府抗議デモで、警察官がデモ参加者を拘束したことに対して男性が反応している。(ロイター/ズービエイル・ソーイシ)

同大統領は、チュニジア憲法の条文を発動し、「国家の機関や国の独立を脅かし、公権力の正常な機能を妨げる差し迫った危険がある場合には、例外的な措置を取ることができる 」と述べた。

この措置によって、同大統領は行政権を掌握し、正常な組織運営が回復するまでの不特定の期間、議会を凍結することができる。

しかし、ガンヌーシ氏は、大統領が条文で定められている自分と首相との協議をしなかったと述べた。この3人は対立している。

また、他の人々も大統領の決定を批判している。

モンセフ・マルズーキ前大統領は、Facebookの動画で、「我々は今夜、大きく後退し、独裁政権に戻ってしまった」と述べ、政治対話を呼びかけた。

特に人気
オススメ

return to top