Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • シリア、レバノンへのガス・電気輸送を支援する構え

シリア、レバノンへのガス・電気輸送を支援する構え

2021年9月4日、シリアのダマスカスで、レバノン暫定政府の代表団と会談するシリアのファイサル・アル・メクダド外相。(ロイター)
2021年9月4日、シリアのダマスカスで、レバノン暫定政府の代表団と会談するシリアのファイサル・アル・メクダド外相。(ロイター)
Short Url:
05 Sep 2021 01:09:05 GMT9
05 Sep 2021 01:09:05 GMT9
  • 内戦で破壊されたシリアのインフラを、エネルギー輸送に対応させるための作業が必要となる
  • レバノンの経済破綻に伴う厳しい燃料不足と停電により、ビジネスが麻痺している

ダマスカス: シリアは危機的状況にあるレバノンを支援するために、自国の領土内でのガスや電気の輸送を許可することに合意したと、レバノンの高官が土曜日に発表した。これは10年前にシリアで内戦が勃発して以来、ベイルートからダマスカスへの初の高官訪問となる。

レバノンの経済破綻に伴う厳しい燃料不足と停電により、レストラン、商店、工業などのビジネスや、病院などの重要なサービスが麻痺している。

ベイルートは、ダマスカス政権に対する米国の制裁に関して事前にワシントンの承認を得て、シリアのインフラを利用してエジプトからガスを、ヨルダンから電力を輸入する契約を結びたいと考えている。

レバノンの高官であるナスリ・クーリ氏は、ゼイナ・アカール暫定副首相率いる代表団がシリアのファイサル・アル・メクダド外相とバサーム・トメイ石油大臣と会談した後「シリアは、エジプトのガスとヨルダンの電力をシリア領内で輸送することでレバノンを支援する用意がある」と記者団に語った。

「両者は、計画の技術的詳細を追跡するための共同チームを設置することに合意した」とクーリ氏は付け加えた。

紛争で破壊されたシリアのインフラを、エネルギーを運ぶためのタスクに対応させるための作業が必要となる。

一方、レバノン大統領府はこれまで、米国主導で世界銀行と協議、輸入資金を調達することを表明してきた。

レバノンはシリアとの外交関係を維持しているが、2011年に内戦が始まって以来、その問題とは距離を置いた政策をとっており、それが公式な取引を鈍らせている。

近年、レバノンの治安当局者や政治家が何度かシリアを訪問しているが、ほとんどが個人的な立場での訪問か、アサド大統領の政府を支持する政党の代表としての訪問である。

その中には、イランの強力な支援を受けた強力なヒズボラの代表者も含まれている。ヒズボラはシリア紛争の初期段階からアサド政権と一緒に戦ってきた。

今回の訪問は先月、レバノン大統領府が、ワシントンはレバノンがシリア領内を経由してヨルダンとエジプトから電力と天然ガスを確保するのを支援することに合意した、と発表した後に行われた。

これは米国が、シリア政府とのあらゆる公式取引を禁止、レバノンがエジプトからガスを調達しようとする過去の試みを妨げてきた欧米の制裁を放棄する意思があることを示唆している。

この発表は、イランがレバノンに燃料を送り始めるというヒズボラの声明を受けたもので、海運サイト「TankerTrackers」は金曜日、最初の2隻の船がイランを出発したと伝えた。

600万人以上の人口を抱えるレバノンは、世界銀行から現代最悪の経済危機にあると見なされている。

レバノンの中央銀行は、燃料を含む基本的な輸入品の購入にも難航、そのため燃料が不足し、現在では1日22時間にも及ぶ停電が発生している。

AFP

特に人気
オススメ

return to top