Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • レバノンのエネルギー危機はイスラエルのガスで解決するのか?

レバノンのエネルギー危機はイスラエルのガスで解決するのか?

2021年6月24日、レバノンの首都ベイルートの南、ベイルート〜シドン間の高速道路沿いにあるサディヤットのガソリンスタンドで、燃料を求める車が列をなしている。(AFP)
2021年6月24日、レバノンの首都ベイルートの南、ベイルート〜シドン間の高速道路沿いにあるサディヤットのガソリンスタンドで、燃料を求める車が列をなしている。(AFP)
Short Url:
07 Dec 2021 08:12:27 GMT9

「今後3ヵ月以内にレバノンにガスが供給されるだろう」。これは、米国国務省のグローバルエネルギー安全保障担当アドバイザーであり、レバノン・イスラエル間の海上境界線画定協議を担当しているアモス・ホッホシュタイン氏が先週発表したものである。このステップは、ジョー・バイデン大統領の凍結紛争政策の一環であり、レバノンを救済し、その没落を防ぐことを目的としている。しかし、このガスがどこから来るのかが気になるところである。

現在の米国政府は、腐敗したレバノン政府に命綱を与えたいとは思っていないが、国民の生活を耐えられるものにしたいと考えている。そこで、エジプトからレバノンにガスを供給することを思いついたのだ。レバノンのエネルギー危機は、国を完全に崩壊させる危険性をはらんでいる。今後3カ月の間にガスを供給するというアイデアは、3月に予定されている選挙の延期、あるいは中止を防ぐためのものである。腐敗したエリートたちは、生活基盤を失わせることで投票を阻止したいと考えているかもしれないからだ。

しかし、エジプトはイスラエルから天然ガスの供給を受けている。イスラエルのターミナルであるアシュケロンからエジプトのエル・アリーシュの受入基地まで約90kmのパイプラインでガスを送る、いわゆる「ピース・ガス・パイプライン」である。

今年10月、イスラエルからエジプトへの天然ガスの輸出量を年間30〜50億立方メートル増やすために、2億ドルの追加パイプラインを建設することが発表された。このパイプラインにより、エジプトの液化天然ガスのヨーロッパやアジアへの販売が増加することも期待されている。

基本的にエジプトの天然ガスは、イスラエルのガスと混ぜてから輸出される。今回提案された取引では、ガスは紅海パイプラインを通ってヨルダンに運ばれ、そこからシリアにも運ばれることになる。ヨルダンへの供給は、アシュケロンからエジプト経由で来るガスの他に、イスラエルのリヴァイアサンガス田からヨルダン北部に供給されるものもある。いずれにしても、ヨルダンが受け取り、その後シリアに送られるガスは、少なくとも部分的にはイスラエル産である。問題は、レバノンがイスラエルのガスを受け入れるかどうかである。

情報筋によると、レバノン政府との間で、イスラエルのガスに助けられるという恥ずかしい事態を避けるために、交換を手配することが話し合われたという。これは、シリアに到着したガスはそこで使用され、ここでシリアのガスと入れ替わることを意味している。つまり、レバノンに届くガスはシリア産で、シリアはイスラエル産のガスを使用することになる。そうなると、またいくつかの重要な問題が出てくる。シリア政権の正当性に異を唱えるレジスタンスの体裁とロジックはどうなったのか?すべての面で国民に恩恵を与えることができず、イスラエルへの抵抗を唯一の正当性の主張とするレバノン政権が、どうしてこのような取引を受け入れることができるのか。

皮肉なことに、ヒズボラは敵対する「シオニスト組織」とのいかなる取引も拒否するという口実で、レバノンとイスラエルとの間で行われている、自国海域からのガス採掘を可能にする取引につながる可能性のある境界線画定協議には抵抗を示しているが、イスラエルのガスを輸入するこの取引は問題視していないようだ。レバノンは、イスラエルとの対立点を失わないために境界線画定協議を妨害したいと考えているが、イスラエルのガスを含む取引を許可するのは、それが国家システムの生命線であると考えているからである。結局、あるエネルギー専門家が私に語ったように、ガスの分子には国旗などついていないため、ヒズボラはいつでもこれはエジプトのガスだと主張することができるのだ。したがって、この取引によってヒズボラは、イスラエルがレバノンの土地、水、主権を侵害しているという物語、そして我こそはシオニストに対するレバノンの防衛者であるという物語を奪われることはないのである。

あるエネルギー専門家が私に語ったように、ガスの分子には国旗などついていないため、ヒズボラはいつでもこれはエジプトのガスだと主張することができるのだ。

ダニア・コレイラト・ハティブ博士

もう1つの疑問は、シリア政権との取引を禁じている米国の制裁法「シーザー法」に違反することなく、このような取引を成立させることができるのかということだ。アラブ・ガス・パイプラインは、ヨルダンが間接的にアサド政権との関係を正常化するために取った措置である。レバノンが切実に必要としているエネルギーの獲得を支援することは、そのプロセスを開始するための完璧なシナリオである。レバノンは、シリアを通過するガスはシーザー法の対象外になることを保証されている。しかし、このような措置は米国議会では反発を受けるだろう。8月には、共和党のブライアン・ステイル議員とジョー・ウィルソン上院議員が、アラブ・ガス・パイプラインを運営することによるシリア政権の経済的利益に関する報告書を要求した。しかしながら、この取引の推進派の中にも懸念の声はある。レバノンがイランから石油を得られなくなり、ヒズボラとテヘランの気まぐれに囚われる状態が定着してしまうということだ。

この取引にはさまざまな側面がある。一つは、バッシャール・アサド政権との間接的な国交正常化であり、これはアサド氏を復権させ、イランからの離脱を促す動きにつながる可能性がある。次に、イスラエルの間接的な国交正常化である。イスラエルは経済開発プロジェクトを通じて、アラブ世界からの孤立を解消しようとしている。三つ目は、レバノンが完全に崩壊するのを防ぐことであり、米国はそのような崩壊の影響に対処したくないと考えている。これらの側面にもかかわらず、1つの重要なポイントがまだ強調されていない。ヒズボラとアサド政権は、イスラエルへの抵抗がすべての正当性の基盤となっているが、イスラエルのガスを含む取引を受け入れることができるのだろうか?

  • ダニア・コレイラト・ハティブ博士は米国-アラブ関係の専門家で、ロビー活動の研究に注力している。彼女はトラックIIに焦点を当てたレバノンの非営利団体である協力と平和の構築のためのリサーチセンター(Research Center for Cooperation and Peace Building)の共同創設者である。また、ベイルート・アメリカン大学のイッサム・ファレス公共政策・国際情勢研究所の提携学者でもある。
特に人気
オススメ

return to top