Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • イスラエル国防相の清掃人をイランのスパイ容疑で起訴

イスラエル国防相の清掃人をイランのスパイ容疑で起訴

イスラエルのベニー・ガンツ国防相。(ロイター)
イスラエルのベニー・ガンツ国防相。(ロイター)
Short Url:
19 Nov 2021 05:11:22 GMT9
19 Nov 2021 05:11:22 GMT9
  • イスラエル中部ロッドの住人オムリ・ゴレン・ゴロチョフスキ被告(37歳)が11月4日に逮捕された
  • 起訴状によると、ゴロチョフスキ被告と共犯者はテルアビブ郊外ロシュハアインのガンツ国防相宅で清掃人として働いていた

エルサレム:イスラエルのベニー・ガンツ国防相の住宅で清掃人として雇われていた男が木曜日、イランとの関連性が指摘されるハッカー集団「ブラックシャドー」のスパイになろうとしていたとして起訴された。

イスラエル司法省が発表した起訴状によると、イスラエル中部ロッドの住人オムリ・ゴレン・ゴロチョフスキ被告(37歳)は11月4日に逮捕されていた。

ゴロチョフスキ被告の逮捕状には銀行強盗を含む5つの前科と懲役刑など同被告の長年にわたる犯罪歴が示されている。イスラエル治安機関トップの住宅でなぜこのような経歴の持ち主が雇用されていたかが疑問視されている。

公安捜査機関シンベトが出した別の発表によると、ゴロチョフスキ被告には「機密情報」へアクセスする権限がなかったため国家的機密を他者と共有する事態にはいたらなかったという。

起訴状によると、ゴロチョフスキ被告と共犯者はテルアビブ郊外ロシュハアインのガンツ国防相宅で清掃人として働いていた。

ハッカー集団「ブラックシャドー」は先月末にイスラエルのインターネット供給会社を標的としたサイバー攻撃について犯行声明を出し、メディアの注目を集めていた。

ゴロチョフスキ被告の起訴状において「ブラックシャドー」は「イランと関連する」集団と記されている。

ゴロチョフスキ被告は注目を集めたサイバー攻撃のあと10月31日頃にチャットアプリ「テレグラム」を通じて「ブラックシャドー」と接触し、ガンツ氏の住宅からの情報提供を持ちかけた、とされている。

被告は偽名を用いて「イスラエル国防相の住宅で勤務するものを名乗り、グループに様々な形で貢献できると主張していた」とイスラエル政府は明らかにしている。

起訴状によるとゴルチョフスキ被告は「ブラックシャドー」の接触者に対して「金銭的な報酬の対価として」USB機器で感染させた不正プログラムを介した情報提供を持ちかけたという。

ゴロチョフスキ被告は信用されるために国防相の住宅にある様々な物の写真を送信していた、と起訴状は記している。

これらの写真にはガンツ氏のオフィスデスクやIPアドレスが記されたシールの貼られた荷物、同氏がイスラエル国防軍参謀総長を務めていた頃の記念品、家族写真、財産税納入記録などが含まれていたという。

スパイ行為は未然に防がれ、「ブラックシャドー」と接触して数日後にゴロチョフスキ被告は逮捕された、とシンベトは明かしている。

AFP

特に人気
オススメ

return to top