Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • アラブ連合軍が国際人道法に基づく免責を取り消す法的手続きを開始

アラブ連合軍が国際人道法に基づく免責を取り消す法的手続きを開始

アラブ連合軍は6日、リヤドを狙った複数の弾道ミサイルを撃墜した。(国営サウジ通信)
アラブ連合軍は6日、リヤドを狙った複数の弾道ミサイルを撃墜した。(国営サウジ通信)
Short Url:
07 Dec 2021 01:12:38 GMT9
07 Dec 2021 01:12:38 GMT9
  • 迎撃されたミサイルのうち1発の破片が住宅地に落下したが、被害はなかった
  • アラブ連合軍はフーシ派に対する大規模な作戦を開始し、「厳しい攻撃を行う」と宣言した

アラブニュース

リヤド:アラブ連合軍は、国際人道法に基づく免責を取り消すための法的手続きを開始したと発表した。アル・エフバリヤが7日未明に報じた。

アラブ連合軍は6日、サウジアラビアの首都リヤドを標的として発射された弾道ミサイル3発を撃墜した。免責の取り消し手続きは、リヤドに対するミサイル攻撃を受けて開始された。

アラブ連合軍は、7日未明にイエメンの首都サヌアにある正当な軍事目標に対する空爆を実施したと発表した。また、標的となった場所に集まったり近づいたりしないよう民間人に警告した。

今回の空爆では、サヌア郊外にある洞窟や武器を保管している倉庫などが標的となった。

アラブ連合軍は、フーシ派は民間施設を民間人に返還し、軍事目的での使用をやめなければならないと主張した。

アラブ連合軍は、イランの支援を受けるフーシ派がサウジアラビアとイエメンの民間人を標的とする攻撃を行うために民間施設を利用していると指摘した。

イエメンのムアンマル・アル・エルヤニ情報相は、フーシ派は民間人を人間の盾として利用していると述べた。

フーシ派はサウジアラビアの民間人が集まる場所を標的とする攻撃を何度も行っており、6日の夜に行われたサウジアラビアの首都に対する攻撃は、そうした攻撃の1つに過ぎない。

サウジアラビアの指導者は、民間人に対するフーシ派の攻撃は戦争犯罪に相当するとして繰り返し非難している。

サウジアラビア国防省の報道官を務めるトゥルキ・アル・マリキ准将によると、迎撃されたミサイルのうち1発の破片が住宅地に落下したが、被害はなかったという。

アル・マリキ准将は、「フーシ派は組織的かつ意図的に民間人や民間の所有物に対する攻撃を試みている。このような野蛮で無責任な行動は人道的原則に反し、国際人道法とその慣習的規則に違反する」と述べた。

アル・マリキ准将はまた、サウジアラビア国防省は国際人道法に基づき、領土、国家の能力、民間人、インフラを守るために必要かつ抑止力のある措置を講じ、このような敵対的で国境を越えた攻撃を阻止すると述べた。

2014年にフーシ派が首都サヌアを占拠した後、アラブ連合軍は国際的に承認されたイエメン政府がイエメンの完全な支配を取り戻すための活動を支援してきた。

アラブ連合軍は6日の夜、サウジアラビア南部の都市ハミース・ムシャイトを標的とした弾道ミサイル1発を防空部隊が迎撃・破壊したと発表した。また、イエメン上空で無人機1機を撃墜したという。

アラブ連合軍は声明で、「フーシ派の脅威に対応し、フーシ派に対する大規模な作戦の実施を開始する。また、民間人を保護するために、国際人道法の範囲内で厳しい攻撃を行う」と述べた。

フーシ派は5日以降、サウジアラビア南部の地域に向けて複数の無人機を発射しており、地域の国々や組織から非難の声が上がっている。

米国国務省はフーシ派の攻撃を非難し、自国の安全を守るためにサウジアラビアが取る行動を支持すると述べた。同省は加えて、イエメン危機のいかなる外交的解決もフーシ派によって妨害されていると指摘した。

湾岸協力会議(GCC)のナーイフ・アル・ハジュラフ事務局長は、フーシ派は罪のない一般市民を標的とするテロ攻撃を続けており、民間人に対する攻撃は国際法に対する明白な違反だと非難した。

また、バーレーン、クウェート、ヨルダン、ジブチも、サウジアラビアの首都を標的とした攻撃を非難する声明を発表し、サウジアラビアが自国の安全、安定、主権を維持するために取るあらゆる措置を支持すると述べた。

また、これらの4か国は国際社会に対し、フーシ派の脅威を抑止し、その責任を追及するために、迅速かつ断固とした措置を取るよう求めた。

フーシ派は人口密集地や空港、石油施設などを標的とする国境を越えた攻撃を頻繁に行い、世界のエネルギー供給を脅かし、人命を危険にさらしている。

サウジアラビアは3月、イエメンに平和をもたらし、イエメン国民に支援を届け、7年間にわたる戦争を終結させるための広範なイニシアチブを開始した。リヤド・イニシアチブとして知られるこの計画には、国連が監督するイエメン全土での停戦とサヌア空港の再開が含まれている。しかし、フーシ派はこの提案を受け入れなかった。

特に人気
オススメ

return to top