Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • レバノン中銀総裁が裁判官を捜査から外すよう要求

レバノン中銀総裁が裁判官を捜査から外すよう要求

レバノンのリアド・サラメ中央銀行総裁。 (ロイター)
レバノンのリアド・サラメ中央銀行総裁。 (ロイター)
Short Url:
14 Jan 2022 02:01:50 GMT9
14 Jan 2022 02:01:50 GMT9
  • リアド・サラメ氏は、レバノンおよび少なくとも欧州4カ国で捜査対象
  • レバノンの調査の1つを指揮するガーダ・アウン裁判官は木曜日、サラメ氏に渡航禁止令を課した

ベイルート: レバノンの中央銀行総裁は木曜日、自身に対する複数の捜査の1つを指揮する裁判官が今週、彼に対し渡航禁止令を出した後、同裁判官は偏見を抱いており、この件から外されるべきだと述べた。

中央銀行を率いた約30年間の不正行為を否定しているリアド・サラメ氏は、2019年のレバノン経済崩壊以降職務を厳しく監視され、レバノンおよび少なくとも欧州4カ国で捜査対象とされている。

レバノンの調査の1つを指揮するガーダ・アウン裁判官は木曜日、サラメ氏に渡航禁止令を課した。司法関係者によると、彼女の調査は詐欺から公的資金の乱用に至るまで様々な告発を対象としている。

サラメ氏は声明の中で、これまで裁判官らの前に出ることで司法に敬意を示してきたと述べ、自身に対する訴訟の目的は 「レバノン国内外での世論の前で私のイメージを歪めること」だと述べた。

複数の有力政治家から支援を受けるサラメ氏は、アウン氏が自分に対して「敵対的なやり方」で彼女個人のツイッターアカウントを使用したと話した。彼はまた、この件に関する彼女の対応の他の側面も批判した。

彼は声明で「最も基本的な法的規則によれば、裁判官が敵対者と裁定者を同時に務めることは不可能です」とし、アウン氏をこの件から外すよう求める要請書を提出したと述べた。

レバノン国営通信が報道したコメントで、アウン氏は、自身のツイッターを使って中銀総裁に対する訴訟を列挙しただけだとし、サラメ氏による批判を退けた。同氏は、進行中の重要な事件について知ることは国民の権利であると述べた。

総裁は、経済が巨額の負債により崩壊し、通貨が暴落し、多くのレバノン人が貧困に追い込まれても、その職にとどまっている。

ロイター

特に人気
オススメ

return to top