Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • イスラエルのネタニヤフ前首相、汚職問題で司法取引の交渉中

イスラエルのネタニヤフ前首相、汚職問題で司法取引の交渉中

2021年6月14日、エルサレムのイスラエル国会、クネセトで、右派野党議員たちに語りかけるベンヤミン・ネタニヤフ元首相。(AP)
2021年6月14日、エルサレムのイスラエル国会、クネセトで、右派野党議員たちに語りかけるベンヤミン・ネタニヤフ元首相。(AP)
Short Url:
17 Jan 2022 01:01:08 GMT9
17 Jan 2022 01:01:08 GMT9
  • ネタニヤフ前首相は、詐欺、背任、収賄の罪で訴えられている3件の裁判の係争中である

テルアビブ:イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ前首相は、自身の汚職事件で司法取引の交渉を行っていると、関係者が16日に明らかにした。

早ければ今週中にも成立するとされる司法取引は、ネタニヤフ前首相をイスラエル政治の表舞台から長期に亘り遠ざけ、前首相の属するリクードの次期指導者レースへの道を開き、イスラエル政界の勢力地図を揺るがす意味合いを持つものだ。

取引が成立すれば、その内容を問わず、前首相は、国中の関心を集めている、厄介で長期に亘る裁判から免れることになり、自らの政治的遺産を汚してしまうリスクも回避することができる。

この司法取引に関して、前首相のスポークスマンはコメントを避けている。

ネタニヤフ前首相は、詐欺、背任、収賄の罪で訴えられている異なる3件の裁判の係争中である。現在も野党リクードの党首の地位にある前首相は、不正行為を否定している。

司法取引の交渉に携わっている人物によると、取引は収賄と詐欺の罪を取り下げ、1件の訴訟を完全に破棄するものだという。

司法取引は今後数日のうちに発表される可能性が高いとのことだ。なお、この人物は、交渉の詳細について話す権限がないことを理由に匿名を要求している。

この関係者によると、イスラエルの法律でネタニヤフ前首相の政界からの7年間の追放を意味する「不道徳行為」の罪の扱いをどうするかなど、まだ多くの未解決要素が残されているという。また、ネタニヤフ前首相に社会奉仕活動を課すかどうかも検討されているとのことだ。

「不道徳行為」での訴追は、12年に亘る長期政権の後、再び国政トップの座に復帰しようと目論むネタニヤフ前首相にとって障害となる。一方、昨年前首相による政権を終わらせることに成功した反対勢力も、その実体は前首相のリーダーシップに反対すること以外にはほとんど共通点を持たない、イデオロギー的に異なる政党の連合に過ぎない。ネタニヤフ氏は、自身の政権を終わらせようとする反対勢力の試みに何度も耐えていたことから、政界の魔術師とも呼ばれており、もし政治活動を一時的に禁止されても、禁止期間が終了すれば政界に復帰する可能性がある。その頃には前首相はほぼ80歳の高齢になってはいるが。

ネタニヤフ前首相が政界を去れば、リクードの党首の座を巡る競争が始まるだろう。すでに何人かの議員が党首選への出馬の意向を明らかにしている。前首相の存在なしでは、リクードはこれまでの大きな勢力は保てないだろうが、新しいリーダーのもと、主要な勢力であることに変わりはないだろう。

ネタニヤフ前首相が不在となれば、連立政権の中でもより民族主義的主張の強い党派が、もともと結びつきの弱い連合を離脱して、イデオロギー的により近いリクードと手を組むことを選ぶ可能性もある。

ネタニヤフ前首相は3つの別々の事件で起訴されている。1件目は、前首相が裕福な協力者から数十万ドル相当の贈答品を受け取ったとするもの。

2件目の訴訟では、前首相は、イスラエルのある主要な新聞社に、その新聞社の主要なライバルであるネタニヤフ派の無料日刊紙を害するような法律制定を推進するのと引き換えに、政権に肯定的な報道をさせるよう画策したとして告発されている。

3件目は「ケース4000」と呼ばれるもので、前首相がイスラエルの通信大手ベゼクのオーナーに対し、同社のニュースサイト「ワラ」で政権に好意的な報道を行わせる代わりに、同社に約数億ドルの利益をもたらす法案を推進したとされている。

AP

特に人気
オススメ

return to top