Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • イスラエル最高裁判所に、IDFによるパレスチナ人未成年者の夜間逮捕の停止要求

イスラエル最高裁判所に、IDFによるパレスチナ人未成年者の夜間逮捕の停止要求

2022年2月28日、ヨルダン川西岸の分断都市ヘブロンにあるイブラヒミ・モスク付近で、イスラエルの国境警察がパレスチナの子どもたちを排除する。(AFP)
2022年2月28日、ヨルダン川西岸の分断都市ヘブロンにあるイブラヒミ・モスク付近で、イスラエルの国境警察がパレスチナの子どもたちを排除する。(AFP)
Short Url:
05 Mar 2022 09:03:25 GMT9
05 Mar 2022 09:03:25 GMT9
  • 2021年、IDFはパレスチナの子どもたちを標的にすることをエスカレートさせ、逮捕例は1000件に達し、そのうち14歳未満は73件に上った

モハメド・ナジブ

ラマッラー:イスラエル国防軍(IDF)がパレスチナ人の未成年者を夜間に自宅で逮捕し、尋問に連行することを停止するよう、ある法律機関がイスラエルの裁判所に訴えた。

東エルサレムに拠点を置くイスラエルのセンター、ハモクド個人防衛センター(HaMoked Center for the Defense of the Individual)が、イスラエル国防軍による見境のないパレスチナ人未成年者の夜間逮捕に反対する申立書をイスラエル最高裁判所に提出した。この申立書は、手続きを規制し、尋問に呼び出された未成年者に家族を同伴させることを求めている。

手錠と目隠しを用いた未成年者の逮捕は、拘束された者とその親族の両方にショックを与えると批判者は述べている。

ハモクドによると、2021年9月から12月までにヨルダン川西岸で34名のパレスチナ人未成年者が逮捕され、家族同伴で尋問に呼び出されたのは6名に過ぎなかったという。

「夜中に兵士が家族の自宅に押し入り、10代の少年をベッドから引きずり出すことは、最後の選択肢であるべきです。軍は、拘束される子どもや家族全員にとって大きなトラウマとなるこの行為に及ぶ前に、尋問のために人々を連行するあらゆる方法を尽くすべきです」と、ハモクドの事務局長ジェシカ・モンテル氏はアラブニュースに話した。

モンテル氏によると、彼女の機関はこの点について数年前からイスラエル軍と議論しており、IDFは調査を約束したという。しかし、新しいデータから明らかなように、パレスチナの10代の少年を尋問に連行するのに、両親同伴で呼び出すよりも、夜間逮捕がいまだに既定の方法となっている。

パレスチナ人囚人クラブによると、未成年者約180名がイスラエルの刑務所に収容されている。

2021年、IDFはパレスチナの子どもたちを標的にすることをエスカレートさせ、逮捕例は1000件に達し、そのうち14歳未満は73件に上った。

「パレスチナ人未成年者の逮捕の増加は、それがイスラエル軍の政策となっていることを裏付けており、必ずしも事件の発生と連動しているわけではありません。問題は、逮捕のタイミングや形態、方法ではなく、むしろ、逮捕後に子どもたちが家族や弁護士から離れ、拷問や心理的圧迫を受けることにあります」と、パレスチナ人囚人クラブの代表であるクドゥラ・ファリス氏はアラブニュースに話した。

ファリス氏はまた、イスラエルが新たに採用した、特に東エルサレムにおける、未成年者の自宅軟禁政策に深い懸念を表明した。

この取り決めでは、父親が約6000ドルの保釈金を支払うと、自宅がその子の刑務所となる。監禁された子どもが何らかの手続きに違反した場合、イスラエル当局によってその金額が没収される。

禁固刑は、場合によっては3000ドルにも達する法外な罰金に置き換えられる。

また、IDFは、学校から帰ってきたり、家の近くや検問所で遊んだりしている子どもたちを、Facebookの投稿などを理由に逮捕していると言われている。

「最高裁がこの問題に終止符を打つことを期待し、夜間に家に押し入って10代の子どもたちをベッドから引きずり出す前に、他のあらゆる選択肢を尽くすよう軍に指示することを求めます」とモンテル氏は述べた。

特に人気
オススメ

return to top