Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • レバノンの脆弱な世帯の支援にキャッシュカードを発行

レバノンの脆弱な世帯の支援にキャッシュカードを発行

2021年9月8日、レバノンのベイルートにあるスーパーマーケット内で買い物をする男性。(ロイター)
2021年9月8日、レバノンのベイルートにあるスーパーマーケット内で買い物をする男性。(ロイター)
Short Url:
10 Sep 2021 08:09:13 GMT9
10 Sep 2021 08:09:13 GMT9
  • カードの金額は93ドルから126ドルの範囲で、現金送金によって支給される
  • 「各世帯は、宗派や支持政党に関係なくカードを取得する」とラウル・ネーメ氏は語った

ナジャ・フーサリ

ベイルート:木曜日、レバノン暫定政府は困窮した世帯向けのキャッシュカードの発行について発表した。

カードの登録プロセスは、レバノンのラムジ・ムシャラフィ暫定社会問題相ほか立ち会いの下で開始された。

登録期間は9月15日から10月31日までとなっている。身分証明書を未取得の国民向けに、2021年末まで登録期限が延長される可能性がある。

レバノンの約70万世帯がこのカードの恩恵を受けることが予想されている。このカードは、経済危機の具体的な解決策が見つかるまで、困窮した世帯を支援することを目的としている。

2019年後半以降、レバノンは前例のない経済崩壊に直面しており、世界銀行は19世紀半ば以降で世界最悪レベルの金融危機として分類した。

レバノンポンドの価値が対ドルで90%以上下落したため、レバノンの人口の半分以上が貧困ラインを下回っている。

ムシャラフィ暫定相によると、この一時的なカードは1年間有効で、国民に一定のサポートを提供するが、これが過去30年間にわたる社会政策失敗の結果である真の問題の解決とはならない。

「私たちは闇を罵るのではなく、ろうそくに火を灯している」とムシャラフィ暫定相は話した。

2021年9月9日、レバノンのベイルートで、困窮世帯向けのキャッシュカードの発行を発表し、記者会見で話をするラウル・ネーメ暫定経済相。(ロイター)

ムシャラフィ暫定相は、それが選挙用カードの役割を果たすという主張を否定した。「資格のないカード保有者がいる場合、国民は苦情を申し立てることができる。」

カードの金額は93ドルから126ドルの範囲で、非正規市場の為替レートに応じて、ドルまたはレバノンポンドのいずれかで、現金送金によって支給される。

5人世帯は65歳未満の家族1人1か月あたり25ドルを受け取ることができ、65歳以上は月に40ドルを受け取ることができると、ムシャラフィ暫定相は語った。

カード発行の対象に、収入が年間10,000ドルを超える世帯、銀行預金額が10,000ドルを超える世帯、家賃が年間3,500ドルを超える世帯、2017年以降モデルの自動車を2台所有している世帯、家庭内労働者を2人以上抱える世帯は含まれない。

家庭内労働者を雇用している世帯は、特別な援助を必要とする人々や高齢者の世話をするためにその労働者を雇用している場合にのみ、カードを受け取る資格がある。

キャッシュカードプログラムに加えて、他の貧困タイプに分類された世帯のためのプログラムが並行して2つある。1つは世界銀行が資金を提供するもので、極度の貧困状態にある世帯の支援を目的としている。もうひとつのプログラムは、社会問題省が資金を提供するもので、最も脆弱な世帯の支援を目的としている。

「各世帯は、宗派や支持政党に関係なくカードを取得します」と、ラウム・ネーメ暫定経済相は述べている。

「プラットフォームが、カードを取得する資格がある個人を自動的に判別します。人間の介入は不可能です。このプラットフォームはすべての人を分類し、別のサポートプログラムの恩恵を受けている人を自動的に除外します」とネーメ暫定相は語った。

プラットフォームは中央調査機関によって監督される。その責任者であるジョージ・オーギュスト・アッティア判事は、「このプラットフォームは、統制標準ならびに分配の公正、説明責任、データセキュリティ、プライバシー、透明性の原則に基づいています」と話した。

政府内におけるブロッキングサードをめぐる論争によって、政治家たちは13か月の間、レバノンを支援するために国際社会が要求した、改革を実施するための救援政府を形成できずにいる。

水曜日、進歩社会党のワリード・ジュンブラート党首は、「タリバンは政府を結成した。タリバンのようになり、国民の安全、生活、健康を確保する責任を引き受けよう。あなた方は、いかなる多元主義も排斥する論理に基づいて、すべてを理解すると主張している」とツイートした。

一方、燃料不足と非正規市場の留まるところを知らない価格高騰のなか、国民が経験している金銭的苦境を背景として、抗議活動が続いている。

木曜日、南部の都市サイダでは、複数の運転手がタイヤを燃やして道路を封鎖し、北部のアッカール地域では、水曜日に多くの抗議活動が行われた。

特に人気
オススメ

return to top