Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • イスラエル最高裁 8つのパレスチナ人村落取り壊しへ道筋

イスラエル最高裁 8つのパレスチナ人村落取り壊しへ道筋

イスラエル市民権協会は、この判決は「前例のない結果」をもたらすと述べた。(ファイル/AFP)
イスラエル市民権協会は、この判決は「前例のない結果」をもたらすと述べた。(ファイル/AFP)
Short Url:
06 May 2022 01:05:39 GMT9
06 May 2022 01:05:39 GMT9
  • イスラエル最高裁は、占領地ヨルダン川西岸地区の地方に住む1,000人以上のパレスチナ人住民の立ち退きに反対する請願を却下した。

エルサレム:イスラエルの最高裁判所は、ヨルダン川西岸地区の農村部に住むパレスチナ人居住者1000人以上の立ち退きに反対する請願を却下した。同地は、イスラエルが軍事演習の場として指定している。

20年にわたる結論の出ない法的駆け引きの末、最高裁判所は水曜日遅くに判決を下した。ヘブロン近郊の、岩肌が広がる乾燥した地域にある8つの小さな村の取り壊しへの段取りがつけられた形だ。同地は、パレスチナ人にはマサフェル・ヤッタと呼ばれ、イスラエル人には南ヘブロン丘陵と呼ばれている。

判決において裁判所は、同地域のパレスチナ人住民は、明確な遊牧民としての生活様式を何世代にもわたって維持し、農業と牧畜で生計を立てていることを却下の理由としている。イスラエル軍が1980年代にこの地域を最初に射撃禁止区域と宣言した時、彼らは永住者ではなかったことを確認したという。

マサフェル・ヤッタの住民とイスラエルの人権団体は、パレスチナ人の家族の多くは、1967年の中東戦争でイスラエルがヨルダン川西岸地区を占領する以前から、この30平方キロメートルの地域に永住しており、彼らの立ち退きは国際法違反に当たると主張している。

「この判決は、裁判所も占領を支持している証拠である」、とマサフェル・ヤッタ市長のニダル・アブ・ユーニス氏は語る。「私たちは家を出るつもりはない。私たちはここに留まる」

裁判所は、土地の一部を農業目的で使用することについて、村民が軍と合意する扉はまだ開いていると述べ、双方が妥協点を探るよう促した。

イスラエル市民権協会(ACRI)は、マサフェル・ヤッタの住民とともに追放に反対する請願を行ってきた。彼らは、この判決は「前例のない結果」をもたらすと述べた。

「最高裁は、子供や高齢者を含む家族全員から家を奪うことを公式に認めた」とACRIは声明で述べた。

特に人気
オススメ

return to top