Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • ヨルダンのアブドッラー国王、塩素爆発事故の責任追及を約束

ヨルダンのアブドッラー国王、塩素爆発事故の責任追及を約束

国王は 「捜査終了後、国民に透明性のある説明を行うとともに、欠点を洗い出し、責任者を法で裁く必要性を強調した」(PETRA/RHCJO)
国王は 「捜査終了後、国民に透明性のある説明を行うとともに、欠点を洗い出し、責任者を法で裁く必要性を強調した」(PETRA/RHCJO)
Short Url:
29 Jun 2022 11:06:37 GMT9
29 Jun 2022 11:06:37 GMT9
  • 紅海のアカバ港で塩素タンクが爆発し、少なくとも13人が死亡、250人が体調を崩した。

アラブニュース

アンマン:ヨルダンのアブドッラー2世国王は、月曜日に起きた深刻なガス漏れの責任を追及するよう呼びかけた。

紅海のアカバ港で、クレーンから落下した塩素タンクが爆発し、有毒な黄色い煙が大量に放出され、少なくとも13人が死亡、250人が体調を崩した。

国王は「捜査終了後、国民に透明性のある説明を行うとともに、欠点を洗い出し、責任者を法で裁く必要性を強調した」と宮殿は声明で述べている。また国王は、犠牲者の家族に哀悼の意を示した。

アブドッラー国王は火曜日、月曜日に起きたガス爆発事故の最新状況を確認するため、国家安全・危機管理センターで会議の議長を務めた。

アカバからアル・フセイン・ビン・アブダッラー2世皇太子が遠隔で参加した会議で、アブドゥラー国王は亡くなった人々の家族に哀悼の意を表し、負傷者の一日も早い回復を祈願した。

事件の詳細や救助・避難活動について当初から皇太子にも伝えていた国王は、調査終了後に国民に透明性のある説明を行うとともに、不備な点を洗い出し、責任者を法で裁くことの必要性を強調した。

国王は今後このような事件が繰り返されないよう、必要なすべての予防措置を講じるよう呼びかけた。

そして、ヨルダン軍-アラブ軍と治安当局の職員、特に民間防衛局と文民・軍の医療スタッフの、事件への対処と負傷者の避難における迅速な対応と高い専門性を称賛した。

彼らの努力が人命救助と損害の軽減に貢献したと述べ、負傷者の一刻も早い回復を祈念した。

皇太子は、火曜日に行われた事件現場の現地視察や、入院している負傷者のお見舞いについて話した。

皇太子は、調査結果を待つ間、すべての関係機関が協力と連携を維持する必要があることを改めて強調した。

ヨルダンのビッシャー・アルカサウネ首相は火曜日に現地を訪れ、民間防衛当局と環境当局の話として、この地域のガス濃度は通常に戻ったと述べた。また、港湾では、清掃と検査が行われている事故現場を除き、ほとんどの活動が再開されたと述べた。

アルカサウネ首相によると、病院に入院していた人々の多くは退院しているという。

政府報道官のファイサル・アル=シュブール氏は死者のうち8名はヨルダン人、5名は外国人であると国営メディアに語った。病院関係者によると、負傷者の中には中国人とベトナム人が含まれているという。

国営テレビは、タンクが爆発し、港湾労働者が有毒ガスから逃れようと逃げ惑う様子を映したビデオを放映した。この事故で約200人が入院した。

公安総局は当初ガス漏れと説明したが、当局は負傷者を避難させた後、地域を封鎖し、専門家を派遣して対応にあたったという。

国営ヨルダンTVは、13人が死亡したと発表した。アルマムラカTVは、199人がまだ病院で治療を受けていると述べた。公安総局は、合計251人が負傷したと発表した。

アカバは紅海の北端にあり、国境を挟んでイスラエルの都市エイラトに隣接する。どちらもビーチやダイビングの人気スポットだ。

エイラトの救急隊は、市内に今のところ影響はないが、状況を注視しているとの声明を発表した。

(AP協力)

特に人気
オススメ

return to top