Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 国連、イラクの政治危機に「即時」解決策を求める

国連、イラクの政治危機に「即時」解決策を求める

2022年8月3日、イラクのバグダッドで、シーア派指導者ムクタダ・アル・サドル氏の支持者が、座り込みデモ中に同氏の写真ポスターを掲げる。(AP通信)
2022年8月3日、イラクのバグダッドで、シーア派指導者ムクタダ・アル・サドル氏の支持者が、座り込みデモ中に同氏の写真ポスターを掲げる。(AP通信)
Short Url:
04 Aug 2022 05:08:44 GMT9
04 Aug 2022 05:08:44 GMT9
  • 選挙から10カ月近くが経過したが、石油資源の豊富なイラクにはまだ政府が樹立されておらず、新首相も大統領もいないままである。

バグダッド:国連イラク支援ミッションは3日、戦争の傷痕が残る同国での緊張が高まる中、指導者たちに対し、国のことを最優先にし、長期にわたる政治権力闘争を終わらせるよう呼びかけた。

選挙から10カ月近くが経過したが、石油資源の豊富なイラクにはまだ政府が樹立されておらず、新首相も大統領もいないままである。

国連イラク支援ミッションは声明で、「我々はすべての当事者に、即刻、解決策に積極的に関わって、まとまるように訴える」と述べた。

「指導者たちは、イラクの国益を優先させなければならない」と述べている。

3日にも、シーア派の有力な指導者で政界の実力者であるムクタダ・アル・サドル氏の支持者たちが、国会で5日目になる大規模な座り込みデモを続けている。

サドル派は、イランの支援を受けるシーア派閥で対立する勢力「調整枠組み」による新政権樹立に反対している。

退任するムスタファ・アル・カディミ首相は、すべての当事者がまとまって話し合おうとする「国家的対話」を呼びかけ、8月3日に、バルハム・サーレハ大統領と会談した。

イラク通信は、両者がイラクの「安全と安定の保証」の重要性を強調したと伝えている。

国連イラク支援ミッションは、「イラクのすべての当事者における有意義な対話は、この緊迫した政治情勢の中で急速にエスカレートする危険性を、このところ示しているため、これまで以上に緊急性が増している」と訴えた。

8月2日、サドル派幹部は支持者に対し、72時間以内にデモ活動を国会の本会議場から建物入口とその周辺の野外に移すよう指示した。

国連イラク支援ミッションは、「イラクは、多くの国内未解決問題に直面している。例を挙げると、経済改革、効果的な公共サービスの提供、連邦予算などで、絶望的な状況だ」と付け加えた。

「したがって、すべての当事者は、政治権力闘争を終わらせ、国益のために行動する責任がある」

イラクは石油輸出国機構で2番目の石油産出国であり、国家歳入の90%を石油から得ている。

しかし、2022年度予算はまだ成立していない。

6月、国会は緊急財政法案を可決し、ガスの供給を確保し、「食料安全保障 」のため穀物の購入を決めた。

AFP

特に人気
オススメ

return to top