Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • イエメン全土で発生した洪水で16人死亡

イエメン全土で発生した洪水で16人死亡

2022年8月1日、イエメンの首都サヌアの旧市街で、豪雨で冠水した道路を見下ろす橋の上でコーヒーを飲むイエメン人男性。(AFP)
2022年8月1日、イエメンの首都サヌアの旧市街で、豪雨で冠水した道路を見下ろす橋の上でコーヒーを飲むイエメン人男性。(AFP)
Short Url:
04 Aug 2022 05:08:48 GMT9
04 Aug 2022 05:08:48 GMT9
  • 最も激しい雨と洪水が発生し、死者が最多だったのは、北部のハッジャ県、ジャウフ県、イッブ県であった。
  • この洪水により、中部のマリブ県とジャウフ県の戦跡でフーシ派が仕掛けた多数の地雷がむき出しになっている

サイード・アル・バタティ

アル・ムッカラー:イエメンのメディアや政府関係者によると、今週、激しい豪雨で洪水が起こり、戦争で荒廃したイエメン各地で、子供2人を含む少なくとも16人が死亡、家屋や農場が損壊したり壊滅したりしたという。

最も激しい雨と洪水が発生し、死者が最多だったのは北部のハッジャ県、ジャウフ県、イッブ県で、地滑りと洪水で家屋や人を乗せた車両が押し流された。

地元メディアによると、ハッジャ県の山間部の郊外で大洪水により家が流され、一家5人が死亡したという。

その後、雨が止んでから住民が犠牲者の遺体を回収することができた。ハッジャ県のアル・シャヘル地区では、岩崩れで埋もれ2人が死亡し、多数の負傷者が出た。

被災した家屋の瓦礫を素手と軽装備で懸命にかき分けながら、生存者を探す住民の姿が見られた。

また、県都ハゼムを含む北部ジャウフ県の一部では豪雨により洪水が発生し、少なくとも2人が死亡、農作物や農場が被害を受け、家屋が浸水している。

民間人がソーシャルメディアに投稿した動画には、洪水がハゼムの街の通りに猛烈に押し寄せ、家屋が崩れていく様子が映し出されていた。

イッブ県の小さな村では、落雷で火災が発生し、2人の幼い姉妹が焼け死んだほか、家族数人が火傷を負ったと、住民や地元メディアが伝えている。

サアダ県とライマ県ではさらに3人が洪水で流された後に谷間で死亡しているのが発見された。洪水被災地の地元救助隊や当局によると、より多数の遺体が回収されれば、死者数が増えるかもしれないという。

サヌアに拠点を置く国立気象センターは8月3日水曜日、同国の中・北部高地でさらに激しい雨が降るとの警告を発し、雨で視界が悪くなるため、都市間の移動や山間部・高地の車での移動をしないよう呼びかけている。

同センターによると、直近24時間の降雨量は、ハッジャ県で24.6ミリ、ライマ県で18.2ミリ、マフウィート県で12.6ミリであったという。

この洪水により、中部のマリブ県とジャウフ県の戦跡でフーシ派が以前仕掛けた多数の地雷がむき出しになっている。

マアリブの砂漠地帯の樹木の下などに地雷の散乱が確認された。このため、サウジアラビアが資金を提供しているマサム地雷除去プロジェクトは、マアリブのイエメン人に対し、目に見える地雷や不審な装置の場所を知らせ、地元の人々にそれらをいじらないよう注意を喚起した。

南西部のハドラマウト県の気象予報士であるモハメド・アリ氏は、アラブニュースに対し、過去数日間の累積雨量は西部で300ミリ、中部で150ミリ、東部で70〜100ミリに達し、多くの死者が出たのは人々が警告を無視したり気象予報に従わなかったりしたためである、と述べた。

特に人気
オススメ

return to top