Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • イラクのサドル師、司法当局に1週間以内に議会を解散させるよう指示

イラクのサドル師、司法当局に1週間以内に議会を解散させるよう指示

イラクの中心都市ナジャフで、テレビ演説をするイラクの聖職者ムクタダ・アル・サドル師。(ファイル/AFP/アル・イラキーヤTV)
イラクの中心都市ナジャフで、テレビ演説をするイラクの聖職者ムクタダ・アル・サドル師。(ファイル/AFP/アル・イラキーヤTV)
Short Url:
11 Aug 2022 12:08:07 GMT9
11 Aug 2022 12:08:07 GMT9
  • ムクタダ・アル・サドル師はツイッターで、司法当局が議会を解散させるのに1週間かかると述べた

バグダッド:イラクのイスラム教シーア派の有力聖職者ムクタダ・アル・サドル師は12日、同国の司法当局に対し、来週末までに議会を解散するよう求め、言うことを聞かなければそれなりの結果を招くだろうと脅迫した。

このポピュリストの指導者は、数千人の信奉者に命じて議会を襲撃・占拠させ、選挙から10ヶ月近く経った今、政府樹立を阻止し、この2週間にわたってイラクの緊張を煽ることに成功した。

彼の政敵はほとんどがイランの支援を受けた仲間のシーア派だが、サドル師の要求を受け入れることを拒否しており、紛争で疲弊したイラクで新たな不安と暴力の恐れが出てきている。

司法当局は「来週末までに議会を解散させなければならない…そうしなければ、革命家たちは別の姿勢をとるだろう」と、サドル師は自身のツイッターのアカウントで、詳しく述べることなく声明を発表した。

今年6月にサドル派の議員らが辞職した後、サドル師は早期選挙と不明確な憲法改正を要求してきた。

この辞職は、サドル派が議員全体の4分の1近くを占め、議会の半数以上を占めるのに十分な同盟者がいるにもかかわらず、政権を樹立できなかったことに対する抗議であった。

サドル師は政権樹立の失敗をイラン系政党のせいにして汚職を非難しているが、彼の信奉者たちもまた、最も酷い運営をおこなっている政府部門のいくつかを動かしている。

専門家の間では、アル・サドル師の要求に法的根拠があるかどうかは意見が分かれている。彼は昨年10月の選挙で最大の議席占有率を獲得したが、イランと連携する政敵を排除した多数派政府を形成することはできなかった。

アル・サドル師は支持者を「革命家」と呼び、要求が満たされない場合は「別の態度を取るだろう」と述べ、抗議行動をエスカレートさせる可能性を示唆した。

司法当局は以前、国会を解散させる憲法上の権利はなく、立法府の解散を決議できるのは議員のみであると述べていた。10月の選挙後、国会は憲法で定められた政権樹立の期限を超えたため、今後どうなるかは不明である。

イランの支援を受けた政党の連合体である「調整枠組み(CF)」におけるアル・サドル師の政敵はそれ以前に、議会を解散させるために招集しなければならないだろうと述べていた。

先週、アル・サドル師の数千人の信奉者が、イラクの国会や、政府ビル、外国大使館がある厳重に要塞化されたグリーンゾーンを襲撃した。彼らは議会を占拠し、その後、追って通知があるまで議会のすべての会議がキャンセルされた。この占拠により、アル・サドル師が政権樹立に失敗した後、次期政権樹立を目指す調整枠組み(CF)の取り組みも事実上停止させられた。

イラクの政治的行き詰まりは10ヶ月目に入り、2003年の米国主導の侵攻が政治秩序を一掃して以来、同国で最も長くなっている。

アル・サドル師の信奉者たちは議会を占拠する際、隣の司法評議会の建物を制圧することまではしなかった。司法機関はイラクで最高の法的権威であるため、この行為はクーデターと見なす人が多いからである。

 

特に人気
オススメ

return to top