Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • チグリス川の黄昏:枯渇しつつあるイラクの大河

チグリス川の黄昏:枯渇しつつあるイラクの大河

Short Url:
21 Sep 2022 11:09:49 GMT9
21 Sep 2022 11:09:49 GMT9
  • 人間の活動と気候変動が、かつての大河の流れを細らせた

バグダッド:チグリス川は聖書の「エデンの園」に水をもたらし、文明そのものを誕生させたと言われる川だ。

しかし、チグリス川は現在、死に瀕している。人間の活動と気候変動が、かつて強大な存在であったチグリス川の流れを細らせている。チグリス川は、その双子の川であるユーフラテス川と共に、数千年前にメソポタミアを文明の発祥地たらしめた川である。

イラクは石油が豊富であっても、数十年にわたる戦争で貧困に苦しみ、干ばつや砂漠化にも悩まされてきた。

同国は次々と起こる自然災害に見舞われており、国連によると、気候変動の影響を最も受けている5カ国のうちの1つとなっている。

4月以降は気温が摂氏35度を超え、激しい砂嵐が頻繁に発生し、空はオレンジ色に染まり、国土は砂の膜で覆われる。

地獄のような夏は、気温が人間の耐久力の限界に近い摂氏50度を超え、頻繁な停電で何百万人もの人々がエアコンを使えなくなっている。

モスル市、バグダッド市、バスラ市といった名だたる都市を結ぶ生命線であるチグリス川は、その大部分が上流のトルコのダムと降雨量の減少によりせき止められている。

AFPの映像記者が、イラクを流れる川に沿って1,500キロ、荒涼としたクルドの北部から南部のアラビア湾までを巡り、人々が昔からの生活様式を変えることを余儀なくさせている生態学的災害を記録した。

チグリス川のイラクにおける旅路は、トルコとシリアの国境付近のクルディスタン自治区の山中で、地元の人々が羊を飼い、ジャガイモを栽培するところから始まる。

「私たちの生活はチグリス川にかかっています」と、フェイシュ・カブールの町で埃っぽいコートを着た農業経営者のPibo Hassan Dolmassa氏(41歳)は語った。「私たちの仕事、農業はすべてチグリス川にかかっているのです」

「以前は水が勢いよく流れていたのに、」と彼は言い、しかしここ2、3年は「日に日に水が少なくなっている」という。

イラク政府とクルド人農家は、チグリス川を源流とするトルコがダムで水を止め、イラクへの流量を大幅に減らしているとして非難している。

イラクの公式統計によると、イラクに流入するチグリス川の水位は、過去100年間で、平均値のわずか35%にまで低下している。

イラクはトルコに定期的に水の増量を要請している。

しかし、トルコの駐イラク大使アリ・リザ・ギュネイ氏は、7月に 「イラクでは水がほとんど無駄になっている」とツイートし、イラクに「利用できる水をもっと効率的に使う」よう要請している。

専門家によれば、アリ・リザ・ギュネイ氏のこの指摘は一理ある。イラクの農家は、古代シュメール時代からそうであったように、灌漑ではなく、田畑に水を張る傾向があり、その結果、膨大な水の損失が発生しているのだ。

首都バグダッド近郊の平野部でチグリス川に合流する支流のディヤラ川に残されているのは、干上がった水底に点在している淀んだ水たまりだけである。

干ばつによって、この地域の農業に欠かせない水路が干上がってしまったのだ。今年、当局はイラクの耕作地を半分に減らすことを余儀なくされ、大打撃を受けたディヤラ県では作物が全く育たなくなった。

白いジェラバのローブを着たアブ・マハディ氏(42歳)は「私たちは農業をあきらめ、家畜を売らざるを得なくなるでしょう」と語った。「私たちは戦争で居場所を奪われた」と1980年代の対イラン戦争について同氏は言い、「今度は水のために居場所を奪われようとしています。水がなければ、このあたりではまったく生活できないのです」アブ・マハディ氏は借金をして、30メートルの井戸を掘って水を得ようとした。「私たちはすべてを売り払いましたが、失敗でした」

世界銀行は昨年、イラクの大部分が同様の運命に直面する可能性があると警告した。

「2050年までに気温が1度上昇し、降水量が10%減少すると、利用できる淡水が20%減少する」と世界銀行は発表した。

「この状況下では、イラクの灌漑用地の3分の1近くが水を得られなくなるでしょう」

水不足が農業や食糧の安全保障に打撃を与えていることが、既にイラクにおける「農村から都市への移住の主な要因」の一つであると、国連と複数の非政府組織が6月に発表している。

また、国際移住機関(IOM)は先月、「気候的要因」によって、今年の1月から3月の間にイラクの中央部と南部で3,300世帯以上が移住したと発表した。

IOMは、「イラクでは気候変動による移住が既に現実のものとなっています」と述べた。

今夏、バグダッドではチグリス川の水位が下がり、人々は川の真ん中でバレーボールをし、水しぶきを上げて辛うじて腰まで浸かるという状態だった。

イラクの水資源省は、川の流量が減少し、かつて下流に流された土砂が沈殿して砂州が形成されたため、沈泥が発生したという。

これまでバグダッド当局は重機を使って沈泥を取り除いていたが、資金繰りが厳しくなり、作業は遅れていた。

長年の戦争でイラクの水道のインフラは破壊され、多くの都市、工場、農場、そして病院までもが、廃棄物を直接川に排水している。

大都市バグダッドとその周辺地域からの下水やゴミが先細りのチグリス川に流れ込み、汚染は濃縮された毒性のスープを作り、海洋生物と人間の健康を脅かしているのだ。

政治・治安・経済の危機に悩むイラク政府にとって、環境政策は優先度の高い分野ではなかった。

また、「イラク人の誰もが気温の上昇、降雨量の減少、水位低下、砂嵐などを通じて気候変動を感じている」にもかかわらず、一般市民の間では環境意識が低いままだと、グリーン・クライメイト・グループの活動家ハヤール・ハーディ氏は指摘する。「このヤシの木が見えますか?ヤシの木たちは喉が渇いているんです」かつて青々としたヤシの木立があった場所の茶色い残骸を指差しながら、65歳の農業経営者、モラ・アル・ラーシェド氏は言った。

「彼らは水を必要としています!グラス一杯の水で灌水してみますか?」と同氏は激しく問いかけた。「それともボトルで?」

「真水もないし、もう命もありません」とベージュのクフィヤのスカーフを頭に巻いた農業経営者は語った。彼は、チグリス川とユーフラテス川の合流点であり、シャット・アルアラブ川がアラビア湾に注ぐ、イランやクウェートとの国境に近いラス・アル・ビーシャに住んでいる。

かつて「中東のベニス」とも呼ばれたバスラでは、枯渇した水路の多くがゴミで塞がれている。

北側には、かつて有名だったメソポタミア湿原(「マーシュ・アラブ」と呼ばれる独特の文化を持つ広大な湿地帯)があるが、1980年代にサダム・フセインが住民を罰するために水を抜いて以来、その大部分が砂漠と化している。

しかし、シャット・アルアラブ川には別の脅威が迫っている。アラビア湾からの塩水が、川の流れが弱くなるにつれて、さらに上流へと押し寄せてきているのだ。

国連や地元農家によると、塩水化の進行は既に農作物の収穫量に打撃を与えており、地球温暖化による海面上昇でこの傾向はさらに悪化するという。

アル・ラーシェド氏は、家畜のためにタンカーから水を買わなければならないし、野生動物が水を求めて居住地域に侵入してくるようになった、と語った。

「政府は私に水を供給してくれません」と彼は言った。「私は水が欲しい、生きたいのです。先祖のように植物を植えたいのです」

ベネチアのゴンドラの船頭のように素足でボートに乗り、シャット・アルアラブ川のほとりに夕日が沈む頃、漁師のナイム・ハダド氏はボートを操って帰路につく。

「父から子へ、私たちは人生を釣りに捧げてきました」と、40歳の彼はその日の収穫を持ち上げた。

鯉の塩焼きが国民食のこの国で、8児の父は「政府の給料も手当ももらっていない」ことを誇りにしている。

しかし、塩水化の影響で、貴重な淡水魚が海の魚に取って代わられつつある。

「夏には塩水が出ます」とハダド氏は言い、「海水が上がってきて、ここに来ます」と言った。

先月、地元当局は、バスラ北部の川の塩分濃度が6,800ppmに達し、真水の7倍近くになったと報告した。

ハダド氏の小型船は、アラビア湾内の波が荒い海域には不向きなため、イランやクウェートの沿岸警備隊と衝突する危険もある海での漁に切り替えることができない。そのため、漁師であるハダド氏はイラクの川の水量の減少に翻弄され、その運命に縛られることになる。「水がなくなれば、漁業ができなくなります。そして、我々の生活もできなくなります」と同氏は語った。

AFP

特に人気
オススメ

return to top