Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 第1回アラブ気候会議が開幕、持続可能性に焦点

第1回アラブ気候会議が開幕、持続可能性に焦点

第1回アラブ気候会議では持続可能性をめぐって議論が行われた。(Shutterstock)
第1回アラブ気候会議では持続可能性をめぐって議論が行われた。(Shutterstock)
Short Url:
03 Oct 2022 08:10:28 GMT9
03 Oct 2022 08:10:28 GMT9

アラブニュース 

カイロ:第1回アラブ気候会議がエジプトで開幕した。会議の焦点は持続可能性をめぐる諸問題に定められている。

アラブ湾岸開発プログラム(AGFUND)および子供と開発のためのアラブ評議会の理事長を務めるアブドルアジーズ・ビン・タラール・アール・サウード王子、ならびにエジプトのヤスミン・フアド環境大臣の支援と臨席の下、カイロで始まった会議は、「気候変動対策と持続可能性へ、ともに市民社会の貢献を高める」と題されている。

アブドルアジーズ王子は以下のように述べた。

「気候変動という困難に、勇敢に立ち向かうこと、状況が悪化する前に計画と解決策を考え出すこと、これらは贅沢なことでもなければ選択肢の一つでもありません。

協力を必要とする、歴史的な責任なのです」「国際的になされたもっとも大きな努力の一つは、2021年のプリンス・タラール国際人間開発賞の4つの部門が、気候変動のテーマに割り当てられたことです。

4人の受賞者は、COP27(2022年国連気候変動会議)で表彰されることになっています」と王子は付け加えた。

王子は気候の変動が人々と生態系に与える影響を監視する、気候変動に関する政府間パネルの第6次報告書を引用した。

アブドルアジーズ王子は世界の人口の40%以上が「気候変動の影響をきわめて受けやすい」地域や状況に暮らしていることなどの憂慮すべき兆候を強調した。

王子によれば、他の重要な問題は、3人に1人が命に関わる可能性のある高温にさらされ、世界人口の半数近くが1年の様々な時期に深刻な水不足に悩み、気候変動によって多くの国で農業生産の伸びが低下していることなどである。

アブドルアジーズ王子は、アラブ諸国が世界でも気候変動がもたらす影響をもっとも受けやすい地域の一つであることに懸念を抱いているとして、この問題に関して効果的な対策を取ることは皆が共有すべき道徳的責任であると付け加えた。

開会式の演説で、フアド氏は何よりもまず、それがアラブ世界とその若者たちに与える影響の大きさによって、環境と気候問題には注意を向ける必要があると述べた。

フアド大臣は、アラブ諸国の温室効果ガス排出量は、世界全体の排出量の5%に満たないと指摘した。

フアド氏はまた、アラブ諸国が発展のあらゆる側面において受けている気候変動の負の影響が未曽有のペースで増大していることを考慮して、これらの影響にアラブ世界が対処する努力を支えることにおける、この会議の重要性を強調した。

子供に対する暴力を担当するナジャト・ムジド国連事務総長特別代表はZoomを通じて演説し、次のように述べた。

「南北の国々が協力して、気候変動とそれが子供にもたらす影響に対処するとともに、市民社会の参加をこの点で促す必要があります」アラブ連盟のハイファ・アブ・ガザレフ事務総長補佐は以下のように発言した。

「気候変動の問題は、アラブ連盟にとって高い優先度を持ちます。

私たちは皆、アラブ社会に気候変動が与える影響に関する議論に注目しています」会議の最初のセッションのタイトルは、「変わりゆく世界の気候変動」である。

アラブ連盟とアラブNGOネットワークが組織するこの会議のアクティビティは、エジプト環境省、AGFUNDおよび子供と開発のためのアラブ評議会とのパートナーシップの下で月曜日まで続く。

その目的は、気候変動と闘う国際的・地域的活動を支援することである。

アラブ気候会議は11月にシャルム・エル・シェイクで開かれるCOP27の開催国エジプトによる準備作業の一環である。

会議の開催と時を同じくして、熱波や干ばつ、洪水、その他の異常気象がもたらす気候変動による危機は増加し続け、ますます対処が困難になる雪だるま式の効果を生み出しており、その結果、世界中の何百万もの人々が深刻な水と食糧難に見舞われている。

この会議は、市民社会が政府や民間セクターと協力して、より効率的に気候変動に対応し、地域社会の市民を効果的に環境の悪化を抑制できるよう結集するためのロードマップ作成のために立ち上げられた。

アラブ気候会議のもう一つの目的は、気候変動をめぐる不公平さを正し、気候の変動による負の効果を、国際的で科学的な報告書および国連の持続可能な開発目標を2030年までに実行するに際して与える影響にもとづいて評価することである。

この会議の中心的議題は6つ、気候変動と持続可能性、気候変動がもっとも弱い立場にある人々に与える影響、気候変動への適応とその軽減を利するような技術革新の促進、気候変動と脆弱な経済活動、気候問題への対処における市民と地域社会の統合、脱炭素化への移行におけるシステム変更の役割である。

特に人気
オススメ

return to top