Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • リラのドルに対する価値急落で、怒りが再びレバノンの路上に

リラのドルに対する価値急落で、怒りが再びレバノンの路上に

15 Jan 2020
ベイルートのハムラ商店街で、レバノンの中央銀行総裁と深刻化する金融危機に対する抗議が続く中、銀行の窓を割る反政府デモ参加者。 (AP)
ベイルートのハムラ商店街で、レバノンの中央銀行総裁と深刻化する金融危機に対する抗議が続く中、銀行の窓を割る反政府デモ参加者。 (AP)
Short Url:
Updated 15 Jan 2020
15 Jan 2020

Najia Houssari

ベイルート:火曜日、経済的苦境と政府の腐敗を非難する新たなデモで、レバノンの抗議参加者はタイヤを燃やし、道路を封鎖し、ベイルートの交通を停止させた。

トリポリでは、抗議参加者が軍隊および国内治安部隊と衝突した。石が隊員の頭部に当たり、抗議参加者はゴム弾で撃たれた。

10月に始まり、サード・ハリーリー首相がすぐさま辞任する事態となったデモは、新しい政府を形成する交渉が行われる中、ここ数週間で縮小していた。

しかし、レバノン・リラが公式為替レートの1USドル当たり1,515リラと比較して、2,500リラに急落したため、火曜日に怒りを抱えた抗議参加者が路上に戻り、失業や金融破綻についての不満を訴えた。

「新しい政府の形成に1か月の時間を与えたことで、政府は私たちが弱体化したと考え、以前の腐敗に戻りました」と、レバノン国旗を振る抗議参加者と一緒に、リング橋に立っていた一人の女性が語った。

「国民のことや国が経験している経済の崩壊をどうでもいいと彼らが考えていることが証明されたので、私たちは路上に戻ることを決めました。」

別の活動家は、「私たちは、入り込んだ深い穴から国を救う政府を望んでいます」と述べた。トリポリのある、「私には仕事がありません。子どもたちも失業中です。でも政治家は無関心です」と不満を口にした。

ベイルート南部の郊外から来た抗議参加者が中央銀行外でのデモに加わり、同銀行総裁を非難するとともに、ドル取引と預金引き出しを制限するその方針に反対を唱えた。

別の抗議参加者は、新たに任命されたハッサン・ディアブ首相のベイルートにある自宅の外に集まり、任命から1ヶ月以内の辞任を求めた。

ミシェル・アウン大統領は、新政権の設立には障害が残っていると述べた。

「遅延させる余裕はないが、この政府の形成には、国民と議会の両方の信頼に値する適格な候補者の選抜が必要であり、そのためには時間が必要である」と同大統領は語った。

topics
Most Popular
Recommended

return to top