Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • マグニチュード5.9の地震がトルコ北西部を襲い、パニックを引き起こす

マグニチュード5.9の地震がトルコ北西部を襲い、パニックを引き起こす

1999年8月19日、イスタンブールのサカリヤ地域で地震によって倒壊した建物の残骸を調査する男性。(AFP)
1999年8月19日、イスタンブールのサカリヤ地域で地震によって倒壊した建物の残骸を調査する男性。(AFP)
Short Url:
23 Nov 2022 02:11:23 GMT9
23 Nov 2022 02:11:23 GMT9

アンカラ、トルコ:23日、マグニチュード5.9の地震がトルコ北西部の町を襲った。トルコ政府が運営する災害緊急事態管理局が発表。

震源地はイスタンブールの東約200kmに位置するデュズジェ県の町ゴルカヤ周辺で、地震による揺れはイスタンブールと首都アンカラでも感じられた。

デュズジェのファルク・オズル市長は、民放のNTVテレビに対し、地震により人々は建物の外に避難し、停電が発生したと語った。

オズル氏は、死傷者や被害について速報はなかったが、被害の可能性について当局による評価が続いていると語った。

トルコは大きな断層の上に位置しており、頻繁に地震が発生している。

デュズジェは 1999 年に大地震に見舞われ、約 800 人が死亡した。

AP

topics
特に人気
オススメ

return to top