Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • レバノンの銀行家および職員が金融調査において欧州代表団から聴取される

レバノンの銀行家および職員が金融調査において欧州代表団から聴取される

レバノン中央銀行のリアド・サラメ総裁。(ロイター)
レバノン中央銀行のリアド・サラメ総裁。(ロイター)
Short Url:
21 Jan 2023 03:01:35 GMT9
21 Jan 2023 03:01:35 GMT9
  • 中央銀行総裁とその親族も次回の訪問時に尋問される可能性あり。
  • レバノンは昨年、サラメ氏に関する独自の調査を開始した。

ナジャ・ホウサリ

ベイルート: 欧州の司法調査団は金曜日、ベイルートでレバノンの銀行家および中央銀行の現・元職員に対する第1回目の尋問を終えた。

この尋問は、中央銀行のリアド・サラメ総裁に関連するマネーロンダリングに関する調査の一環として行われたものだ。

国家検察のガッサン・ウエイダット検事は、代表団はサラメ氏とその親族を調査の第2ラウンドで尋問する予定であると述べた。

フランス、ドイツ、ルクセンブルグの代表が参加した欧州調査団は、ベイルートの司法宮殿で12人の銀行家を証人として尋問した。

同調査団は、汚職、偽造、偽造文書の使用、横領、マネーロンダリング、海外の銀行への資金移動に関する事件の調査の第1ラウンドを終了した。

調査団は土曜日にベイルートを出発し、後日また戻ってくるとウエイダット氏は述べた。

また、調査団は以前、司法当局に調査を依頼した30名の名前を含むリストを提供し、そのうち18名はまだ尋問を受けていないと付け加えた。

さらに、「調査団が2回目の訪問の日程を決めたら、取調べの日程を知らせるべき人物を知らせてくれるだろう。」と語った。

金曜日に代表団は、元大臣でバンクメッドの取締役会長であるラヤ・アル・アッサム氏と、民間監査法人の職員であるラムジ・アッカウィ氏に尋問を行った。

これまでにも、監査法人職員のワリド・マクフォー氏、銀行管理委員会委員のナビー・アサーフ氏、中央銀行法務局長のピエレ・カナーン氏、バンク・アウディ取締役会会長のサミル・ハンナ氏に質問を行っている。

ウエイダット氏は、欧州とレバノンの司法当局による事件の処理方法を賞賛し、証人がレバノンの裁判官によって尋問されたことに敬意を表した。

「彼らは良い仕事をしたのであり、我々の助けは必要ない。我々は専門的な司法支援を行ったのだ 」と彼は述べた。

ウエイダット氏は、サラメが兄の会社であるフォリー・アソシエイツを通じて3億3000万ドルを受け取っていたかどうかを調べるための捜査が進められていると述べた。

「我々が知っているのは、レバノンのユーロ債の負債が900億ドルにのぼるということだ。」と付け加えた。

「もし手数料が言われるように引受価格から生じるのであれば、引受価格と比較してかなり多額の手数料だ。」

「言い換えれば、手数料は発生するが、それほど大きなものではないということだ。」

アラブ・ニュースが司法関係者から得た情報によると、欧州の代表団が押収した資金を、レバノンに返還しない恐れがあるとのことだ。

特に人気
オススメ

return to top