Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • エルドアン大統領はアサド政権軍のイドリブからの追放を望むが、モスクワは勝利を見る

エルドアン大統領はアサド政権軍のイドリブからの追放を望むが、モスクワは勝利を見る

16 Feb 2020
シリアのアレッポ州の東部郊外にあるミズナズ村の近くから、トルコの軍用ロケットランチャーがアレッポ地方のシリア政府軍に向け発砲。2020年2月14日に作成(AFP通信)
シリアのアレッポ州の東部郊外にあるミズナズ村の近くから、トルコの軍用ロケットランチャーがアレッポ地方のシリア政府軍に向け発砲。2020年2月14日に作成(AFP通信)
Short Url:
Updated 16 Feb 2020
16 Feb 2020

メネクシェ・トキャイ

アンカラ:土曜日のトルコは、シリアの最後の主要な反対派の砦であるイドリブでの責任を果たしたと主張することにより、2018年の取引を尊重しなかったというロシアの非難に反撃した。 「監視所が設置され、政権はこの地域の外に留まらなければならなかった。ロシアとイランは、政権が外にとどまることを保証し、トルコにも責任があり、トルコはそれを果たした」と、トルコのフアット・オクタイ副大統領はNTV放送局に語った。

「トルコは非常に危険で困難な任務を引き受け、民間人の流血を止め、新たな移民の波を防ぎ、テロの巣窟にならないように真の指導力を発揮した」。

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、2018年の合意に沿ってシリア政府軍が国境を越えて撤退するまで、イドリブの状況は解決されないと述べた。さもなければ、アンカラは「問題を自らの手に委ねる」と彼は警告した。

しかし、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、イドリブでのテロリストに対する勝利は「避けられない」と述べた。彼は、この地域を、戦争で荒廃したシリアの「テロリズムの最後の温床の1つ」と呼んだ。

エルドアン大統領は、米国のドナルド・トランプ大統領と危機を終結させる方法について話し合い、そこでバッシャール・アサド大統領の攻撃について非難した。

「政権の直近の攻撃は容認できないと強調し、エルドアン大統領とトランプ大統領はさらに、一日も早いイドリブでの危機の終結方法について意見を交換した」と大統領の電話会談後に語った。

一方、ロシア外務省は、与党の公正発展党(AKP)と協力し、ロシアは八方美人な態度を取っており、シリアにたいしての善意はなかったとするトルコの政党党首であるデヴレト・バフチェリに対する批判を強めた。

専門家によると、これはロシアの代わりにシリア政権が彼らの標的とされた。

「殺人者(バッシャール・アサド大統領)が立ち去るまで安心できない」とバフチェリは議会で語った。

「アサドは殺人者であり、対立の根源である。トルコとシリアを同時に処理しようとするロシアには、善意がない。政府がロシアとの関係を見直すことを心から願う」。

モスクワはトルコに対し、イドリブについての「両国間の建設的な対話」を損なうような挑発的な発言を控えるよう求めた。

セザールは、クレムリンがバフチェリを批判したのは、彼からの声明がトルコ政府からのものであると見なされたためだと述べた。

シリアのフリーアナリスト、ダニー・マッキによると、ロシアに支援されたシリアの軍事攻撃は、ダマスカスとアレッポの間のM5高速道路を確保するという主要な目的を達成しており、2015年から野党が保有する州都であるイドリブに進軍する可能性があり、イドリブを2分しようとしていた。

「しかし、これはすべて、彼らが直面するトルコの抵抗のレベルにかかっている」とマッキはアラブニュースに語った。 「今のところ、真のトルコ軍との衝突はシリア軍の大きな損失になる。そして、多数のトルコの監視所が取り囲んでいるという事実にもかかわらず、トルコはそれを選択すればイドリブ攻撃を阻止できる」。

暗殺の脅威
一方、トルコは、大使が死の脅迫を受けたと述べた後、ロシア大使館周辺のセキュリティを強化した。

トルコのロシア大使アレクセイ・ヤーホフは、スプートニク・トルコに、二国間関係が急降下する中、口頭で脅迫を受けたと語った。

彼は、メッセージは「命に別れを告げろ」、今が「燃える」時であるというメッセージだと言った。

彼の前任者であるアンドレイ・カルロフは、アンカラで展覧会の開会式中に非番の警官によって暗殺された。

クレムリンのスポークスマン、ドミトリー・ペスコフは、モスクワはトルコに住むすべてのロシア人と大使館職員の安全を確保することをアンカラに期待すると述べた。しかし、ロシアの国家院議員の言葉はより厳しかった。

「これはトルコの外交上の伝統なのか?」国家院副議長のアレクセイ・ジゥラヴレフがFacebookに書いた。 「ロシア外務省はアンカラに、この国の大使とロシア外交団全体の安全を要求する必要がある。

相互理解がなければ、外交関係は凍結される可能性がある。人々の命はもっと大切だ!」

アンカラに拠点を置くトルコとロシアの関係に関するアナリスト、アイディン・セザールは、イドリブと外交使節団は、両国間の関係を破壊しようとする人々にとって重要なターゲットになる可能性があると述べた。

「そのような脅威が現実のものである場合、ジハード主義グループや一部の諜報グループなどの特定の部分から発生する可能性があると思います」と彼はアラブニュースに語った。 「彼らが成功すれば…それはトルコの外交代表に関して重要な結果を生むことになります」。

過去数日間、トルコ当局はイドリブに関する彼らのメッセージに関してより穏やかな口調を選び、ロシアの代わりにシリア政権を彼らの標的として位置付けた、と彼は付け加えた。

topics
Most Popular
Recommended

return to top