Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • イランとロシアはシリアのバッシャール・アサドを同盟国として失うわけにはいかない

イランとロシアはシリアのバッシャール・アサドを同盟国として失うわけにはいかない

2017年12月11日、シリアのフメイミム空軍基地でロシアのウラジーミル・プーチン大統領とシリアのバシャール・アサド大統領。(AP通信写真)
2017年12月11日、シリアのフメイミム空軍基地でロシアのウラジーミル・プーチン大統領とシリアのバシャール・アサド大統領。(AP通信写真)
Short Url:
19 Jun 2020 10:06:50 GMT9
Majid Rafizadeh
19 Jun 2020 10:06:50 GMT9

シーザー法が水曜日に発動したことで、シリア政府に対する米国の制裁が強化された。また、国の経済悪化や通貨の暴落、日用品価格の高騰などにより、多くのシリア人が抗議の声を上げている。シリア政府の最も強固な同盟国であるイランとロシアは、両国自身が現在直面している経済的な圧力にもかかわらず、アラウイ国家を支援し続けるのだろうか?

バシャール・アサド大統領の現在の地位は事実上ロシアとイランのおかげである。2011年3月のシリア内戦ぼっ発の際、イランとロシアによる資金、軍事、情報、助言の各方面から支援がなければ、アサドは権力を維持することができなかっただろう。財政的に言えば、イランはシリア政府の主要な資金提供国である。イランは地域の最も強固な同盟国であるアサドの権力を維持するため、内戦の最初の5年間で年間約60億ドルを費やした。イランのシリア政府への経済支援は、石油補助金、融資、軍事支援など様々な方法で行われてきた。しかし、イラン自体が厳しい経済的圧力に直面するようになったため、シリアへの資金援助は縮小されている。

しかし、イランはシリア政府が野党や反政府勢力に対し勝利を収めるのを支援するため、イスラム革命防衛隊やその代わりとなるヒズボラのような兵士を配備している。さらに、ロシアはアサドに軍事援助を提供し、2015年には主にミサイル攻撃を通して直接介入した。イランとロシアからの軍事支援が功を奏し、アサドはかつて失っていた領土の大半を掌握した。

イランとロシアは、新型コロナウイルスの世界的大流行と世界経済の低迷により、両国自身が大きな課題に直面していると主張するのは妥当だが、アサドを支援するという戦略的な優先事項を継続する可能性が高い。シリアは天然資源が豊富ではないが、その場所には大きな意味がある。地中海におけるロシアの戦略的利益は、ダマスカスの政治体制と絡み合っている。なぜなら、シリアのタルトゥース港(第二の港)にはロシアの唯一の海軍基地があるからだ。また、シリアは数十年前からロシアから武器を購入している。

シリア政府はイランの神政主義とは対照的に非宗教的ではあるが、シリアを失うことはイランにとって複数の面で弊害をもたらすことになる。1979年以来、シリアは支配的なムッラがこの地域で恐るべき影響力を築き上げる基盤としての役割を果たしてきた。イランのシリアとの同盟は、イランに対し、レバノンの強大な運動団体であるヒズボラを設立する機会を与え、さらにパレスチナによるハマスを支援する機会を与えた。これらのイランの代理組織は、イランが地域的な影響力を強化・維持し、国内の強硬派をなだめることを可能にしてきた。

アサド政権が崩壊した場合、イランは友好的なシリア政府がこれら代理組織にもたらす柔軟性と能力を失うだけでなく、その地域的な地政学的な影響力も失うことになるだろう。

言い換えれば、ダマスカスの現在の政治体制が崩壊する可能性は、イランとレバントの代理組織との物流面での関係に悪影響を及ぼすことになる。シリアで政権交代が起きれば、新政権がアサドと同じようにイランを支持する可能性は低いだろう。間違いなく、スンニ派が多数を占める民主的なシリア(シリアの人口の約75%を占める)は、イランよりも他のアラブ諸国により同情的であろう。さらに重要なのは、多くのシリア人や反対派が、シリアにおけるイランの人権侵害を繰り返し非難してきたことだ。アサドが倒れれば、イランに対する地域のパワーバランスは大きく変化し、イスラム共和国はさらに孤立することになる。これは、国際的な孤立と国内の圧力の高まりと相まって、イランの地域的な役割を転換させ、その体制を崩壊の瀬戸際にまで追い込むことになるだろう。

シリアを通じた影響力の行使は、イランとロシアにとって非常に重要だ。なぜなら、アメリカに対抗することに共通の関心があるからだ。

 マジッド・ラフィザデ

ロシアの指導者たちも、アサド大統領の更迭の結果、政治的・戦略的に悲惨な結果になることは十分承知している。そのため、彼らは現在のシリア政府の崩壊を阻止しようと決意している。

最後に、戦略的に言えば、イランとロシアにとって、シリアを通じて中東に影響力を行使することは非常に重要である。なぜならこの地域における米国とその同盟国への対抗という共通の関心事項があるからだ。

シリア政府がさらなる経済的な圧力に直面しており、イランとロシアはアサドの権力を維持するためにできる限りのことをするだろう。アサドを在任させることは、イランとロシア双方にとって、国家安全保障と戦略の問題であり、彼を失うわけにはいかない。

  • マジッド・ラフィザデ博士は、ハーバード大学出身のイラン系アメリカ人政治学者。ツイッター :Dr_Rafizadeh

 

特に人気
オススメ

return to top