Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • この新しい平和の時代を迎えたすべてのイスラム教徒とユダヤ教徒に祝福を

この新しい平和の時代を迎えたすべてのイスラム教徒とユダヤ教徒に祝福を

2020年8月14日に、ドバイのブルジュ・ハリファ近郊にて、ある男性が、UAEを本拠地とするThe National紙を読んでいます。イスラエルとUAEが米国の仲介による画期的な協定で関係正常化の合意に至ったという前日のニュースが、新聞の見出しに現れています(AFP / Giuseppe Cacace)。
2020年8月14日に、ドバイのブルジュ・ハリファ近郊にて、ある男性が、UAEを本拠地とするThe National紙を読んでいます。イスラエルとUAEが米国の仲介による画期的な協定で関係正常化の合意に至ったという前日のニュースが、新聞の見出しに現れています(AFP / Giuseppe Cacace)。
Short Url:
15 Aug 2020 07:08:04 GMT9
15 Aug 2020 07:08:04 GMT9
  • この協定は、2つの宗教が明らかに共通して預言者アブラハムと関連していることにちなんでアブラハム協定と呼ばれています。

コロナウイルスの危機に翻弄されてきた年に、ようやく良いニュースがいくつか入ってきました。米国政府が木曜日に発表したUAEとイスラエルの間の合意は、イスラエルとアラブの1国との関係を正常化するための合意であるだけではありません。これは地域全体の平和の始まりだと私は考えます。

この合意は、次の世代のためにより良い未来を実際に思い描く中東諸国が増えるきっかけとなり、この瞬間のために不断の努力をしてきた正義感のある人々が未だに存在することを全世界に示しています。

また、これは、平和のために、困難で大胆な一歩を踏み出す勇気を持った指導者が未だにいることを、私たちに示してくれています。

私は特に、アブダビのムハンマド・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン皇太子、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相、そしてドナルド・トランプ米大統領という、私が非常に尊敬している3人のリーダーについて話しています。多くの人にとって、この合意の発表は非常に驚くべきことでしたが、私はこの発表が偶然の産物ではないことを知っています。たくさんの人々が、この発表を実現するために長い間努力してきました。

私がこのタイミングは非常に重要だと考える理由を説明します。この協定は、多くのレベルでの協力の新たなきっかけを生むことになります。最も明らかな利点は、地域がより安全になることです。それと同じくらい重要なのは、おそらく直接的に明らかではないかもしれませんが、ビジネス、科学、教育、芸術の分野において生じるであろう合同の発表会です。それは知識やアイデアの交流につながり、お互いの伝統や歴史を学び合う機会も生じ、それらが合わさって、共により良い未来を築くことに通じます。

UAEやバーレーンやその他の国々の大学、文化施設、スークを私が訪問したときは、世界と関わることに大分熱心で、自分をかなりオープンにしている人々を目の当たりにしました。カルダモンコーヒーとデーツを楽しみながらの会話で、彼らの願い、希望、夢についてより多くを学ぶことができました。他の宗教に対して寛容であることに加えて、彼らがオープンであることに私は深く感銘を受けました。

この協定は、2つの宗教が明らかに共通して預言者アブラハムと関連していることにちなんでアブラハム協定と呼ばれています。

この人々との出会いを思い出させてくれる素晴らしいものとして、この協定は、2つの宗教が明らかに共通して預言者アブラハムと関連していることにちなんでアブラハム協定と呼ばれています。

ユダヤ教徒とイスラム教徒という2つの偉大な宗徒が一緒になって平和の中で生きることは、私たちの成り立ちの核となる部分であり、希望であってきました。しかし、アブラハム協定は、うまくいけば、この地域の他の国々がUAEの例に倣って、ユダヤ教国家との関係を正常化することを促すことになるでしょう。私たちは常に、アブラハムの足跡がカーバからそう遠くないメッカにあることを忘れてはなりません。

エジプト、ヨルダンに続き、アラブ国家が素晴らしい平和同盟に参加することになったのは3カ国目となりました。キャンプ・デービッド和平合意が締結された時、私はホワイトハウスの芝生にいましたが、もっとたくさんの国がこれに続くだろうと考えていた、いや、信じていたことをはっきりと覚えています。一部の人々が望んでいたよりも時間がかかったかもしれませんが、今では私たちの目の前でそれが実現しており、私はとても嬉しく思っています。

私たちは皆、少し立ち止まって、信仰の名の下に他者への憎悪を未だに推し進めている人々は、偉人として記憶されないだろうということを自分たちに言い聞かせなければなりません。

しかし、サーダート、ベギン、フセイン1世、イツハク・ラビン、シモン・ペレスといった、人々が団結するのを支えてきた人々は、本当に高潔な人たちの系譜に連なるのです。

この合意は、私たちが共有する遺産を人々が思い出すきっかけになります。アブラハムの子孫が一緒になって、自分たちの国だけでなく、世界全体をよりよい場所にすることができるのです。テルアビブのアブラハムとアブダビのイブラヒムが、いつかどちらの国の大学で一緒に勉強できるようになることを願っています。共通の夢や希望について話しながら、私が2人とともに座って、伝統的な料理の皿を囲める日を楽しみにしています。

この機会に、この世界に架け橋を築いているすべての人々に、次のようなメッセージを送りたいと思います。世界ユダヤ人会議の代表として、イスラエル、アメリカ、ヨーロッパ、中東の、ユダヤ人やイスラム教徒の友人たちへ、私たちは同胞であることを思い出してください。この事実を忘れたり隠したりしたがる人も、私たちの中にはいるかもしれませんが、それでも事実であることは事実なのです。

私たちの間の平和は起こり得ます。このことを、私たちは今日も目にしています。私たちの間の友情は起こり得ます。私たちの間の兄弟意識は起こり得ます。しかし、最初の、困難な一歩を踏み出すには勇気が必要です。この世界には、私たち全員のためにその一歩を踏み出してくれる勇気ある人々がいることを神に感謝します。

それゆえ、UAEとイスラエルの指導者とアメリカのトランプ政権に祝福の言葉を捧げます。決して希望を捨てず、より良い世界を目指して、次の世代のために架け橋を築いてくれたすべての人たちに、祝福の言葉を捧げます。

  • ロナルド・S・ローダーは世界ユダヤ人会議の会長です。
特に人気
オススメ

return to top