Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビアの候補者がWTOの最高位職に近づきつつある

サウジアラビアの候補者がWTOの最高位職に近づきつつある

世界貿易機関(WTO)事務局長への志願プロセスの一部としての、WTO加盟164カ国の代表らの前での公聴会の後、ジュネーブで2020年7月17日に開かれた記者会見に出席しているモハメド・アル・トワイジリ前サウジ経済相。(AFP)
世界貿易機関(WTO)事務局長への志願プロセスの一部としての、WTO加盟164カ国の代表らの前での公聴会の後、ジュネーブで2020年7月17日に開かれた記者会見に出席しているモハメド・アル・トワイジリ前サウジ経済相。(AFP)
Short Url:
20 Sep 2020 07:09:52 GMT9

世界貿易機関(WTO)事務局長候補であるサウジアラビアのモハメド・アル・トワイジリ氏が、厳しい第1ラウンドを終え、選考過程の第2ステージに進んでいる。

アル・トワイジリ氏は、2016年から2020年まで同国の経済・計画大臣を務め、その間にサウジアラビアの改革計画「ビジョン2030」と経済改革計画の監督を手伝った。

第2ラウンドまで残った他の候補者は、ケニアのアミナ・モハメド氏、ナイジェリアの ンゴジ・オコンジョ=イウェアラ氏、韓国のユ・ミョンヒ氏、英国のリアム・フォックス氏。全員すばらしい経歴の持ち主だ。

ふるい落とされた3人の候補者は、メキシコのヘスス・セアデ・クリ氏、モルドバのトゥドル・ウリアノブスキ氏、エジプトのアブドゥル・ハミード・マムドゥ氏だった。

「告解」の第2ラウンドは9月24日に始まる予定で、10月6日にさらに3人の候補者がふるい落とされて終わる予定だ。最終的な選択は、11月初めまでに行われる予定だ。

事務局長としてWTOを率いるのにふさわしい職員を任命することが、これまで以上に重要になっている。COVID-19のパンデミックは、世界経済と世界の貿易体制を危機に陥れ、世界経済は2020年に約5%縮小すると予想されている。

パンデミックに関連したロックダウンは貿易に大きな影響を与えてきた。貿易は今年、13〜32%減少する可能性がある、とWTOは4月に予測した。今年第1四半期と第2四半期の間に世界の商品価値が14%減少したことをWTOは8月に記録した。

今年の第4四半期には、欧州、特にフランスやスペイン、英国などの国々で再びロックダウンが行われ、さらに減少することが予想される。

この仕事を引き継いだ者は、いくつもの危機の中にある組織を引き受け、パンデミックによって起きた深刻な不況を加盟国が乗り越えるのを助けるために四苦八苦することになる。

COVID-19の危機が発生する前から、WTOは、行き詰まった貿易交渉に取り組み、米中貿易の緊張を抑えようとしていた。

さらに、WTOは米国からの容赦ない攻撃にも直面している。米国はWTOの紛争処理申し立て制度を機能させなくし、WTOを完全に脱退すると脅した。

私の意見では、その仕事に最適な候補者、つまり加盟国が要求していることを実行し、これらの慢性的な課題に対処する能力を持った人物が私たちには必要だ。

新しい事務局長は、民間および公共部門の課題に積極的に取り組み、業績測定の重要性を理解している、多方面に関心を見せる候補者でなければならない。

OPECの創設メンバーで、G20クラブのメンバーでもあるサウジアラビアから支持されているアル・トワイジリ氏は、特に地域・世界レベルでの公共・民間両部門での経験があり、WTOを率いるのにふさわしい候補者だ。

  • バジル・M・K・アル・ガライーニ氏は、BMGファイナンシャル・グループの会長兼CEO。
特に人気
オススメ

return to top