Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビアの建国記念日、そしてサウジアラビアのコロナウイルス対策が世界に与える影響

サウジアラビアの建国記念日、そしてサウジアラビアのコロナウイルス対策が世界に与える影響

聖地メッカのアジャド・アルマサフィ地区の住民に医療サービスを提供する移動診療所で、患者の体温をチェックするサウジアラビア人の看護師(2020年4月7日)(AFP通信)
聖地メッカのアジャド・アルマサフィ地区の住民に医療サービスを提供する移動診療所で、患者の体温をチェックするサウジアラビア人の看護師(2020年4月7日)(AFP通信)
Short Url:
23 Sep 2020 04:09:01 GMT9
ファイサル・アッバス
23 Sep 2020 04:09:01 GMT9

祝賀という言葉を聞いて、COVID-19が世界を麻痺(まひ)状態にした年である2020年を連想する人は誰もいないだろう。3月にパンデミックが宣言されて以来、コロナウイルスは世界中で3,000万人以上に感染し、100万人近くの命を奪い、世界経済に8.8兆ドル近くの損失をもたらすと予想されている。

この大惨事にプラスの側面はあるのだろうか。

1つだけ思いつくのは、私たちが優先順位を考え直し、重要なことに集中しなければならなくなったということだ。サウジアラビアの建国記念日を祝うにあたり、この日は、花火や祭典のためだけにあるではないことを思い出してみるのもいいかもしれない。建国記念日はどんな時も、サウジアラビアを建国したアブドゥル・アジズ・ビン・サウード国王と、国王と共に国が統一されるまで戦った勇敢な人々の犠牲、苦悩、そして痛みを称えることが主な目的だった。

したがって、この建国記念日にアラブニュースは、今年初めから現在も変わらず、COVID-19の致命的な影響からサウジアラビア、サウジアラビア国民、そしてサウジアラビアに住む外国人を守るために戦ってきた医師、看護師、その他の第一線の医療従事者たち、現代の「白い軍隊」に敬意を表す。

多くの医療スタッフがCOVID-19に感染した。COVID-19に感染した医療スタッフのうちの1人で、現在も自宅で療養中のNezar Bahabri医師は、アラブニュースにこう語った。「今までに感じたことのない感情を経験しましたが、今は新しい医師として生まれ変わりました」

Bahabri医師や彼の同僚、そしてサウジアラビア政府の迅速な対応と断固とした決断のおかげで、サウジアラビア国内だけでなく、世界中でもこのウイルスに立ち向かうことができた。

今日の報道で明らかなように、他の国は迅速かつ断固とした行動を取ることをためらったり、拒否したりしており、悲惨な結果を招いている。しかし、イスラム教で最も神聖な2つの聖地があるサウジアラビアは、モスクへのアクセスを素早く制限し、限定的で象徴的なハッジを実施した。

昨年はハッジとウムラのために900万人以上の巡礼者がサウジアラビアを訪れたことから、サウジアラビア政府が介入していなかったら、この病気が世界中でさらに蔓延(まんえん)していただろうということは、想像に難くない。感染者1人から感染する人数が2~5人という「基本再生産数(病原体の伝染性を測定するために使用される測定基準)」のCOVID-19では、その結果は本当に破滅的なものになっていただろう。「WHO(世界保健機関)は、巡礼者の安全を守り、地域的・世界的な健康に関する安全保障を推進するというサウジアラビアの決定を歓迎した」と、WHOのサウジアラビアの国別代表であるイブラヒム・エル・ジーク(Ibrahim El-Ziq)博士が、アラブニュースに語った。

また、2020年のG20の議長国という立場を通じて、サウジアラビアは国際的なパートナーと世界中でワクチン開発および治療の取り組みに資金を供給し、支援するために密接に協力した。サウジアラビアは国民や外国人は元より不法移民でさえも必要であれば、無料の医療サービスが受けられることを保障した。また、商業省は食料や医薬品の供給を保証することで、世界的な最善慣行とは何かを再定義した。

WHOの地中海東岸地域事務局長であるアフマド・アル・マンダリ(Ahmed Al-Mandhari)博士は、本日のアラブニュースに次のように寄稿した。「サウジアラビアが自信と能力を持って対応しているのを見て、感銘を受けました。厳格な科学的アプローチにより、サウジアラビア当局はパンデミックに効果的に対応し、住民へのリスクを最小限に抑えることができています。この成功は、サウジアラビアの医療システムの強さと信頼性、サウジアラビアのインフラの回復力、そして指導者による長年にわたる計画の効率の良さ証明しています」と述べている。

アラブニュースの本日の特別版が示すように、困難にもかかわらず、私たちには誇りに思い、感謝すべきことがたくさんあります。建国記念日おめでとうございます。皆さんの安全が続くことを祈っています。そして来年はより幸せな時を祝えますように!

  • ファイサル・J・アッバスアラブニュース編集長

Twitter: @FaisalJAbbas

特に人気
オススメ

return to top