Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • UAEがOPECを離脱?石油樽の中の嵐

UAEがOPECを離脱?石油樽の中の嵐

Short Url:
23 Nov 2020 05:11:35 GMT9
フランク・ケーン
23 Nov 2020 05:11:35 GMT9

先週末、UAE が石油輸出国機構(OPEC)から今にも脱退するのではないかとの憶測で、石油業界は騒然としていた。

この憶測は今週、生産量とコンプライアンスを監視するOPECプラスの閣僚委員会の重要な会議の愉快な余興になったが、最終的には石油樽の中の嵐に過ぎないと見られる。

OPECの創設メンバーの一員であるUAE政府がOPECからの脱退を検討しているとの報道は、匿名の関係者からの出所不明の説明に基づいていたが、信頼できる報道機関によって報道されたため、論争、事態の激化、緊張といったセンセーショナルな見出しの背後には何か実体のあるものがあったと仮定しなければならない。

報道によると、OPECからの脱退は、世界の石油市場を歴史上最大の苦境から脱出させたと評価されている歴史的な4月の生産量削減合意で約束したように、1月に供給量の増加を進めるかどうかをOPECが検討する中、UAEが検討している一連のシナリオの1つとされている。

この説は、UAEがOPECの協定によって供給を制約されることに嫌気がさしてきたというものだ。UAEは、OPECの中で最も低コストで石油を生産する国の1つとして、OPECの協定から外れた方が、その収益を最大化し、戦略的な国益を満たす可能性が高まる。

脱退の時期については言及されておらず、強調されなければならないのは、脱退は検討中の可能性の1つに過ぎず、間違いなく既に決まったことではないということだ。

この説を裏付ける状況証拠があった。夏の間、UAEは主に内需を満たすために生産量を増やさなければならないと言い、OPECプラスの上限を順守していなかったため、OPECプラスの主要メンバーを軽く怒らせた。

これに対し、UAEはOPECプラスの協定を再び是認し、過剰生産分の埋め合わせを約束した。UAEのスハイル・アル・マズルイ エネルギー相は、サウジアラビアのエネルギー相でOPECプラスの閣僚委員会共同委員長を務める、アブドル・アジズ・ビン・サルマン王子と共に、OPECプラスの結束を示すものとしてリヤドに登場した。

UAEの脱退の話が出た後、アル・マズルイ氏は再びUAEのOPECに対する忠誠を誓い、UAEはOPECとの協定において常に「開かれていて透明性のある」、「信頼できる長期的な加盟国」であり、密かに脱退を計画する可能性はないと強調した。

一部のエネルギー専門家は、この報道を誇張されている、あるいは真実ではないとレッテルを貼ったが、それはUAEのエネルギーインフラ内の重要な役職にある人物が、非常に仮説的なレベルであっても、UAEの脱退の可能性について記者に話していたという明白な事実を無視したものだ。

他の石油アナリストは、UAEがOPECから脱退することは「考慮する価値のない」ことと考えており、脱退することはOPECに大きな損害を与え、その延長として、UAEがOPECプラスの他の加盟国と共に依存している世界のエネルギー市場に大きな損害をもたらすと指摘している。

これらの冷静な声は、この憶測が表面化した数日後の原油価格が急騰したことから判断して、原油市場がUAEの脱退の話を信じていなかったように見られることから、UAEがOPECの加盟を維持することを裏付ける決定的な証拠だとみなしている。

OPECの終焉やリビアからの予想を上回る供給量があったとの報道にもかかわらず、ブレント原油は先週末には45ドルを超えて取引されていた。トレーダーたちは、OPECが近い将来崩壊するほどの大惨事が起こるとは思っていないようだ。

OPECプラスが危機的な数週間に直面しているのは事実だ。1月からの供給量を増やすかどうかは、COVID-19ワクチンとそれに伴う景気回復を背景に2021年に回復期に入る際の石油市場の健全性を左右する極めて重要な決定となる。

しかし、OPECプラス連合の2つの主要勢力であるサウジアラビアとロシアのエネルギー政策立案者が、UAEによるOPECプラスの結束に対する差し迫った脅威にも対処しなければならない可能性は低いと思われる。

  • フランク・ケイン氏はドバイを拠点に活動する受賞歴のあるビジネス・ジャーナリスト。Twitter: @frankkanedubai
topics
特に人気
オススメ

return to top