Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • イスラム世界の自然なリーダーであるサウジアラビア

イスラム世界の自然なリーダーであるサウジアラビア

Short Url:
06 Feb 2021 01:02:15 GMT9
06 Feb 2021 01:02:15 GMT9

イスラム世界におけるサウジアラビアの指導的役割は、いくつかの外交政策の原則によって形成されている。それは、世界のすべてのイスラム教徒へのコミットメント、非干渉主義、イスラム教徒の脱急進化への取り組みへの支援、過激主義との対決だ。これらの原則は、宗教としてのイスラム教、アイデンティティ、歴史、文明に対する義務、ルールに基づいた国際システムや国際機関、制度へのコミットメントに基づいている。

実際、サウジアラビアは、コーランが明らかにしているように、預言者ムハンマドが生まれた場所であり、イスラム文明が始まった場所でもある。何世紀にもわたり様々な指導者の下で、イスラム教とイスラム教徒に対するサウジの姿勢は固まってきた。最近では同国の統治基本法(憲法)においてもそうである:「国家は、アラブおよびイスラム諸国の願望を連帯と調和の中で養い、友好国との関係を強化しなければならない」。リヤドが経済バランスを立て直すための壮大な計画である「ビジョン 2030」の青写真を発表した後、この文書がその基本原則にも言及していることに注目する人はほとんどいなかった。そこには「サウジアラビアはアラブとイスラム世界の中心地であり、投資大国であり、三大陸を結ぶハブである」と記されていた。

イスラム世界におけるサウジアラビアの指導的役割は、いくつかの外交政策の原則によって形成されている。それは、世界のすべてのイスラム教徒へのコミットメント、非干渉主義、イスラム教徒の脱急進化への取り組みへの支援、過激主義との対決だ。これらの原則は、宗教としてのイスラム教、アイデンティティ、歴史、文明に対する義務、ルールに基づいた国際システムや国際機関、制度へのコミットメントに基づいている。

実際、サウジアラビアは、コーランが明らかにしているように、預言者ムハンマドが生まれた場所であり、イスラム文明が始まった場所でもある。何世紀にもわたり様々な指導者の下で、イスラム教とイスラム教徒に対するサウジの姿勢は固まってきた。最近では同国の統治基本法(憲法)においてもそうである:「国家は、アラブおよびイスラム諸国の願望を連帯と調和の中で養い、友好国との関係を強化しなければならない」。リヤドが経済バランスを立て直すための壮大な計画である「ビジョン 2030」の青写真を発表した後、この文書がその基本原則にも言及していることに注目する人はほとんどいなかった。そこには「サウジアラビアはアラブとイスラム世界の中心地であり、投資大国であり、三大陸を結ぶハブである」と記されていた。

10億人以上のムスリムが毎日5回、メッカに向かって祈りを捧げ、何百万人ものムスリムが聖地でのハッジやウムラのための宗教的義務を果たすために、またマディナの預言者のモスクで様々な巡礼の儀式を行うためにこの国を訪れている。これらの儀式は魂を安らかにし、すべてのムスリムに対する責任を重く受け止めているサウジアラビアに想像を絶する象徴的な地位を与えている。

数多くの学術論文で十分に証明されているように、何世紀にもわたって継続的にイスラム教徒がサウジアラビアに流入してきたことにより、サウジアラビアの指導者やエリート、人々と世界中のイスラム教徒との間に、個人的、家族的、形式的、非公式な関係やネットワークの発展が促進されてきた。サウジアラビアは、イスラム協力機構(OIC)、イスラム開発銀行、ムスリム世界連盟など、宗教、政治、社会、経済、財政のレベルで具体的なサービスを提供する国際的なイスラム組織の主要な担い手として世界的に認識されている。

このような公約により、サウジアラビアはイスラム教との関係を強化し、イスラム世界全体へのリーチや影響力を大幅に強化してきた。それにより、同国には、指標によっては比類がなく、計り知れない威信とソフトパワーがもたらされた。その結果、サウジアラビアはイスラム世界と相互に結びつき、連動するようになった。

サウジアラビアは、強調することが重要であるイスラム教徒の保護という宗教的義務は、国際機関を通じて実現するのが最善であると考えている。

サウド・アル・サルハン

自らを「経済的、社会的、政治的分野での利益を確保し、保護するためのムスリム世界の声の集合体である」と定義しているサウジアラビアがOICの中で最も重要な国であるのと同様に、同組織のムスリム世界に対するコミットメントは、同国と同様に、様々な声明や宣言の中で再確認されており、中でも2019年の「メッカ憲章」が最も重要な意味を持つ。サウジアラビアの指導とリーダーシップの下で策定・承認され、世界中のイスラム学者が署名したこの宣言は、「テロ、不正、抑圧と戦うために世界に呼びかけ、人々の搾取や人権侵害を拒否することがすべての人の義務である」ことを明記している。これは、ほとんどの人が気づかなかったが、サウジ当局を定義して導いた、非常に具体的な誓約である。

一方で、リヤドは、主権国の内政への不介入に基づく国際システムの信奉者であり続けている。リヤドはまた、実利的な的な選好や、もっとはっきり言えば、今日では残念ながらあまりにも一般的になっている国際ルールや条約への二重基準のアプローチも拒否している。リヤドがこのような二重基準のアプローチを拒否しているのは、国民国家制度への誓約のためであるが、それよりもはるかに重要なのは、宗教上の義務のためである。実利的な目的のためであればともかく、一部の国では特定の少数民族を支持し、他の国では他の少数民族への弾圧や迫害を無視するという窮状の中で、誤った希望を抱くことには、実利的な目標以外に何の目的があるのだろうか?例えば、インドのイスラム教徒の窮状について、私たちはどれほど頻繁に声を上げているのだろうか?なぜ中国のようないくつかの国に焦点を当て(新疆ウイグル自治区の状況は非常に問題だが)、他の差別の事例を無視するのだろうか?

サウジアラビアとしては、強調することが重要であるイスラム教徒の保護という宗教的義務は、各国の主権を侵害したり、国家の内政に干渉したりするのではなく、OICや国際司法裁判所(ICJ)などの国際機関や多国間協力によって実現されるのが最善であると考えている。最近の例としては、ロヒンギャを大量虐殺から守るためのサウジアラビアの取り組みが挙げられる。世界がミャンマーでのロヒンギャの大量虐殺を黙って見守る中、サウジアラビアが議長国であるOICは、ガンビアが ICJ に提訴することを支援した。ガンビアはミャンマーを大量虐殺の罪でICJに提訴し、裁判所はその後、全会一致でミャンマーにロヒンギャの大量虐殺を防ぐよう命令することを決定した。

不確実性と不安定さが今日の世界を特徴づけている。新型コロナウイルスの大流行によってもたらされた経済的な課題は、急進主義、過激主義、排外政治に適した環境を作り出しており、これらは他の国と同様にサウジアラビアにも影響を与えている。リヤドはこれらの競合を認識しており、それに応じて計画を立てている。このような時に、そして深刻な課題に対処するために、世界は、安定、平和、宗教的節度の促進、そして部屋の中の象に取り組み、過激主義に立ち向かうための活動に、イスラム教徒を関与される準備ができ、能力があり、意欲的な国に目を向ける必要がある。世界はイスラム世界で効果的にその役割を果たすことができる国を必要としているが、複雑な再定義に頼らずにその役割を果たせる国はサウジアラビア以外にはないというのが実情だ。

  • サウド・アル・サルハン博士は、キング・ファイサル研究イスラム研究センターの事務局長である。
特に人気
オススメ

return to top