Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジの教育を現代的ニーズに合わせるために

サウジの教育を現代的ニーズに合わせるために

皇太子殿下は、あらゆる社会階層のニーズと願望を満たすために同プログラムが開発されたと明言している。(SPA)
皇太子殿下は、あらゆる社会階層のニーズと願望を満たすために同プログラムが開発されたと明言している。(SPA)
Short Url:
20 Oct 2021 12:10:39 GMT9
20 Oct 2021 12:10:39 GMT9

サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子殿下は、国内の人的能力開発のため新たにプログラムを始動した。

国家戦略は、国家および世界規模での国民能力の競争力強化を目指している。それは世界の他の地域と歩みを合わせながら、価値を高め、基礎的な技能を磨き、そして王国労働市場の将来的なニーズを満たすことを目標とする意欲的なプログラムだ。

同プログラムの中心に据えられているのは、早期教育だ。プログラムには、サウジビジョン2030の戦略目標16個を達成するための、イニシアチブ89個が含まれている。プログラムの柱となっているのは、高い回復力を持ち強固な教育基盤の開発、国内および世界規模の未来の労働市場のための準備、そして生涯にわたり学習できる機会の提供だ。

あまりに長い間、サウジアラビアの教育システムは需要に応えることができないでいた。進化する雇用市場が求めるものと、教育システムが供給してきたものに食い違いがあったのだ。新しいプログラムは、この不協和音をなくすことを目指している。

それが取り組もうとしているのは、豊富な知識と巧みな技術を有した社会の有意義な一員であり、国家経済および社会福祉に効果的に貢献できる人材の育成だ。新プログラムは、サウジのそのような次世代に力を与えることで、王国内および海外に変化をもたらそうとしている。

この戦略が適切に実行されれば、ある種の特性を体現する世代の出現を招くだろう。彼らにとっては教育が中心的役割を担い、そして生涯にわたっての継続的な学習という好循環につながっていくのだ。

モハメド・ラマディ博士

プログラムは幼稚園から始まる。その中核は、学習への情熱に火を付け、デジタル環境の課題に若い世代の準備を整え、国民としても地球市民としても彼らを育成し、そして急速に進化する労働環境について準備を整えてやることだ。

この戦略が適切に実行されれば、ある種の特性を体現する世代の出現を招くだろう。彼らにとっては教育が中心的役割を担い、そして生涯にわたっての継続的な学習という好循環につながっていくのだ。

グローバル化した時代において、異文化間交流スキルはデジタルスキルに劣らず重要だ。問題を解決して挑戦を乗り越え、イニシアチブを持つにあたり、重要なのはリーダーシップスキル、起業家能力、独立心も同様である。そういった能力は、スタートアップやハイテク企業、革新的企業に対する起業家的情熱を育てるのに欠かすことができない。

同プログラムは、学習への情熱を幼い頃から育成するだけでなく、異なる意見を尊重するグローバルな展望も教え込まなければならない。また環境や社会的アプローチ、ガバナンスアプローチに重点を置く時代に環境問題意識を持つ一方で、サウジの伝統や価値に国民が誇りを持つようにも計らうべきだ。

計画されている人的能力開発プログラムが成功するためには、多段式の教育機会を包含する異なる要素のホリスティック・インテグレーションを組み込む必要がある。そうすれば人的能力プログラムは加速し、その可能性は解き放たれる。

アカデミックなプログラムが孤立した状態で実施されないようにするため、民間組織や公的機関への学生らによる訪問がカリキュラムの一部となるべきだ。実際の労働環境の複雑さをより深く理解し、異なるセクターに関心を引き起こすのに役立つだろう。

主な焦点はより若い世代に当てられているものの、皇太子殿下は、あらゆる社会階層のニーズと願望を満たすために同プログラムが開発されたと明言している。それにより高齢世代の雇用を維持し、支援しようとしている。彼らが定年生活へと姿を消していく代わりに、王国の今後の経済へ本格的に参加し、経験を活かすことができるようにするためだ。

サウジアラムコのような国営企業の退職者の一部が、多くの分野でサービスや助言を引き続き提供するためにコンサルティング会社を設立していることは心強い。デジタル時代にこれら退職者を再訓練することは、彼らによる社会貢献をさらに強化するだろう。

様々なビジョン2030プログラムの初期ローンチと同様に、新しい人的能力開発プログラムも、経験と結果を踏まえて時間と共に微調整され、適応していくだろう。だがそのゴールは、サウジ教育システムの変革に定められている。

最終的には、国家の経済成長パターンに徐々に違いを生むのは質の高い人材であり、それを有意義に扱うことのできる能力である。シンガポールや韓国、日本のような国々が示している通り、天然資源がなくともそれは可能なのだ。

  • モハメド・ラマディ博士は元銀行幹部であり、ダーランのファハド国王石油鉱物大学で金融および経済学の教授を務める。
特に人気
オススメ

return to top