Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ドバイはいかにウイルスのサイコロを振って勝利したか

ドバイはいかにウイルスのサイコロを振って勝利したか

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を受ける男性(2020年12月28日、UAE、ドバイ)。(ロイター)
新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を受ける男性(2020年12月28日、UAE、ドバイ)。(ロイター)
Short Url:
17 Dec 2021 12:12:59 GMT9
フランク・ケーン
17 Dec 2021 12:12:59 GMT9

昨年のこの時期、欧米のメディアが正しければ、ドバイの見通しは悲惨なものだった。

「専門家」によると、ドバイではパンデミックによる不況で経済が「トランプのババ抜き」となり、「負債の山」で今にも崩壊しそうな状況の中、「外国人居住者の大脱出」が進行中だったはずだ。

1年経って、そのセンチメントは180度変わった。ドバイは今、「パンデミック景気の街」として描写され、「超富裕層」の人たちが高級レストランのテーブルを奪い合い、「バスケットボールをしに行くような格好」のバイヤーたちが1千万ドルの住宅を買い占める、と最新のレポートは態度を豹変させている。

メディアの誇張を差し引いても、確かにムードは変わってきた。ドバイの国内総生産(GDP)成長率は、今年3.1%、来年3.4%と予測されている。一方、不動産市場の取引額は8年ぶりの高水準に達し、前年比約25%増となった。長年低迷していた株式市場も、政府支援の相次ぐ株式上場に刺激され、30%の上昇と活気を取り戻している。

昨年の開催延期以来、ドバイのストラテジストにとって心配の種であった2020年ドバイ万博は、世界的なファンファーレの中開催された。多くの来場者を集め、あらゆる面で賞賛を受けたことで、疑いを払拭した。

ドバイの好転は、ある程度は地域経済の見通しが広く改善したことを反映している。原油価格が年間を通じて上昇したほか、ドバイは隣国のアブダビと好景気のリヤドから好影響を受けている。

また、UAE政府が新型コロナウイルス感染症のワクチン接種計画を限界まで推し進めることにしたことも功を奏した。2回接種率は世界で最も高く、多くのドバイ市民が、新型の変異株に有効であるとされるブースター接種を受けている。

UAEにおけるワクチンへの信頼は、パンデミック後の回復戦略において重要な要素であることが証明された。このことが政策立案者に自信を与え、経済と社会を自由化する一連の施策を発表したことで、パンデミックや政治問題に悩むシンガポールや香港といった場所から世界の成功者たちを引き寄せることができたのだ。

首都アブダビの政策立案者を手本にしたとすれば、ドバイはパンデミック後の復興政策に独自の活力を吹き込んだ。復興の鍵となったのは昨年7月7日だ。この日、ドバイにとって重要なホテル、レストラン、ショッピングモールのビジネスに大きな打撃を与えた3ヵ月のロックダウンの後に観光事業を再開すると発表したのだ。

貿易(Trade)、運輸(Transport)、観光(Tourism)の3Tを柱とするドバイ経済は、世界的なシャットダウンで打撃を受けた。しかし、昨年の夏、ワクチンの目処が立つ前から、ドバイは再開するか、潰れるか、どちらかの判断をしなければならなかったのだ。

これは、再開が大幅に遅れ、2021年までドバイへの渡航制限を継続したアブダビを大きくリードしている。アブダビは石油関連の留保金で潤っているため、ドバイよりも長くシャットダウンの経済的痛手に耐えることができた。

UAEにおけるワクチンへの信頼は、パンデミック後の回復戦略において重要な要素であることが証明された。

フランク・ケイン

もう一つの鍵となる日付は、ファイザー社が最初のワクチンを発表した2020年11月9日だ。ドバイは計算ずくの賭けに出た。ワクチン接種を迅速に行うことで、避けては通れない感染率の上昇を許容範囲内に抑えられると考え、再開を早めて観光客や出張者の入国を可能にしたのだ。

勇気ある決断だった。決して成功が約束されていたわけではない。昨年の今頃は、感染率が数週間で3倍になり、デルタ株がドバイにも流入したため、一時は結果が危ぶまれた。しかし、今年の目覚しい回復が示すように、これは経済政策として抜け目のないものであることが証明された。

もちろん、オミクロン株のように、ウイルスの脅威は依然として存在する。アフリカの一部地域との間の出入国フライトの禁止など、新たな渡航制限や、世界的なサプライチェーンにおけるリスクの一つ一つが、ドバイにとっては懸念材料となる。

しかし、ドバイが再び昨年のような本格的なロックダウンをする可能性はほとんどない。かつて新型コロナウイルス感染症を相手にサイコロを振って勝ったドバイは、これからもその運を信じ続けるだろう。

  • フランク・ケイン氏は、ドバイ在住の受賞歴のあるビジネス・ジャーナリスト。ツイッター:@frankkanedubai
topics
特に人気
オススメ

return to top