Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • アラブは飢餓に直面し、シリアの傭兵はウクライナの地獄に参加する

アラブは飢餓に直面し、シリアの傭兵はウクライナの地獄に参加する

2018年3月2日、シリア・ダマスカスのワフィディーン・キャンプ付近にある検問所のシリア兵とロシア兵。(ロイター)
2018年3月2日、シリア・ダマスカスのワフィディーン・キャンプ付近にある検問所のシリア兵とロシア兵。(ロイター)
Short Url:
21 Mar 2022 08:03:44 GMT9
バリア・アラマディン
21 Mar 2022 08:03:44 GMT9

国連世界食糧計画(WFP)は、ウクライナでの殺戮の結果、世界中で「巻き添えによる飢餓の波」が起こることを警告している。最も大きな打撃を受ける可能性が高いのは、アラブ諸国である。

ウクライナはWFPにとって2番目に大きな小麦の供給国であった。WFPは、戦争で荒廃したシリアとイエメンで重要な役割を果たしている。イエメンは食料の90%を輸入している。ウクライナはレバノンの小麦供給の80%を占めており、レバノン当局は1カ月以内に在庫が底をつくと警告している。

世界の最貧国の多くは、その小麦輸入量の3分の1をはるかに超える量をウクライナとロシアに頼っている。ヒマワリ油や肥料など、他の必需品も大きな影響を受けるだろう。石油・ガス市場におけるロシアの重要な地位により、世界はエネルギーと食糧の価格高騰という厄災に見舞われているのである。

飢えに苦しむレバノン市民は、自分たちの生活費の状況がこれ以上悪化するとは思ってもみなかっただろう。しかし、紛争に起因する不足と価格高騰が今後数カ月間に起こり、各国が不足する資源を独占しようと競争すれば、2021年でさえ「豊穣の年」であったと見なされることになるかもしれない。すでに、ベイルートのガソリンスタンドに延々と行列ができる現象が再現され、小麦粉が配給制になりつつある。シリアの通貨はすでに暴落しており、破滅的なレベルにまで落ち込む可能性がある。主な理由は、シリアの通貨のかなりの部分がロシアの銀行に投資されており、回収できない可能性があるためだ。

飢餓は怒りを生む。すでにイラク人は物価上昇について街頭に出て抗議しているが、本当の危機はこれからだろう。2008年頃から始まった地域の食料価格の上昇は、いわゆる「アラブの春」を引き起こした大きな要因であり、その後スーダンやアルジェリアでの反乱も起こった。

シリア、イエメン、レバノン、イラクなど、最も脆弱な国家の多くに共通するのは、イランの過度な影響力である。過去3年間にイラク、レバノン、そしてイラン国内においても起こったように、生活費の高騰に絶望した市民による大規模な抗議行動は、テヘランによる敵対的干渉に対する怒りとして現れる可能性がある。

アサド大統領はロシア空軍のおかげで政権を維持している。今、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領はその見返りを求めているのだ。

バリア・アラマディン

イランは、2年にわたる新型コロナウイルスの被害と、長年の制裁によって破壊された、ひどく誤った経済運営の結果、常に爆弾を抱えている状態である。イランのメディアの一部は、テヘランが切実に必要としている新たな核協定の締結をモスクワが妨害した後、怒りを露わにした。ロシアは、ウクライナ侵攻で制裁を受けたにもかかわらず、イランとのビジネスについて不可能な保証を要求したのである。

イランのいくつかの主流紙は、強硬派メディアの親ロシア的な論調を批判した。ロシアは決してイランの利益を最優先しておらず、モスクワはシリアやその他の地域におけるイラン施設を標的とする、イスラエルによる連日のミサイル攻撃を積極的に容認していると指摘した。このように、国民の怒りが爆発するたびに、このイスラム共和国はますます弱体化している。ロシアのウクライナ侵攻による経済的影響は、イランの指導者の命取りとなるのだろうか。

バッシャール・アサド大統領が政権を維持しているのは、ロシア空軍とイラン革命防衛隊が何十万人ものシリア人を殺害し、アレッポやホムスのような、アラブの誇り高い都市を爆撃して塵と化したからにほかならない。今、ロシアのプーチン大統領はその対価を要求しようとしている。

プーチン氏がウクライナで戦うための1万6000人のシリア人傭兵を採用することに関心を示したとき、一部のアナリストはこの情報を、西側の不安を煽るための安っぽいプロパガンダと捉えた。しかし、シリア人権監視団は、約4万人のシリア人がすでに戦闘に参加できる状態にあると警告している。これは自然な流れだ。彼らは自国で戦うと月15ドル程度しか稼げないが、ウクライナの戦争に参加すれば最大3000ドルの月給と、ウクライナ人を殺した場合の「死の報酬」が得られる。彼らは路上で失業中の若者ではなく、アサド政権の最も権威ある軍隊の一員である。

多くのロシア人徴集兵は、自分たちがウクライナの隣人を虐殺するために派遣されていることがわかると、車両を捨てて集団で脱走した。これに対し、シリア人部隊は自国民を容赦なく殺害する経験を数多く積んでいる。血の海が広がり、ウクライナの戦闘力学が一変することを危惧する声が多く聞かれる。

シリアからロシア軍と傭兵が流出すれば、アサド政権は軍事的・経済的に弱体化する可能性がある。たとえ政権が、国民が飢餓に瀕していることをほとんど気にしていなくても変わらない。破産したクレムリンがシリア政権に何十億ドルもの戦争負債の返済を強要すれば、アサド大統領は深刻な事態に陥るだろう。

ある湾岸協力会議(GCC)関係者はこう語っている。アサド大統領はどの地域諸国を訪れても、しおらしい態度を取ることはできるだろう。しかし、シリア国民への直接的な慈善支援を除けば、革命防衛隊や政権自体の懐に入る可能性のある支援は1ディルハムも受け取ることはないだろうとのことだ。

プーチン氏子飼いのチェチェン大統領、ラムザン・カディロフ氏は、ロシアと一緒に戦うことを自慢している。一方、シリアにいるチェチェンのジハード主義者など、チェチェン紛争における反カディロフ派のベテランの多くは、プーチン氏とカディロフ氏の面目をつぶす機会を求めてウクライナに渡航する意向を示している。クリミアのタタール人の一部は、反ロシアの民兵組織を設立し、他のイスラム教徒に彼らの戦いに参加するように促した。事態は、キリスト教徒が大多数を占める国家における、イスラム教徒の派閥による悪質な一連の小競り合いの様相を呈している。

ロシアの侵攻に対し、欧州は称賛に値する精力的な対応をしている。しかし、その大部分は欧米が自ら作り出した怪物である。彼らは、チェチェンやシリアでの虐殺、グルジアへの侵攻、クリミアの不法な併合などを黙って見ていたのである。歴史は、独裁者の行動について、十分に証明している。彼らに隙を与えれば、すべてを奪われると。そして、彼らは逃げ切れることを知っている、と。イランにこれらの地域を支配させることで、同じような過ちを犯しているのだ。

戦争で荒廃した中東は、2年間の間コロナウイルスに悩まされ続け、今はウクライナ戦争の結果、飢饉に悩まされることになる。いくつかの国は、プーチン氏に分別と殺戮を止めるよう促す外交的役割を果たすことを申し出ている。飢餓と経済破綻、そして新たな内乱に直面するアラブ世界にとって、このような取り組みが成功することを願うことは、大きな意義がある。

  • バリア・アラマディン氏は受賞歴のあるジャーナリストで、中東および英国のニュースキャスター。彼女は『メディア・サービス・シンジケート』の編集者であり、国家元首のインタビューを多数行ってきた。
特に人気
オススメ

return to top