Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • アラムコは、危機の時代に立ち上がる

アラムコは、危機の時代に立ち上がる

Short Url:
23 Mar 2022 04:03:53 GMT9
23 Mar 2022 04:03:53 GMT9

原油価格の変動、進行中のロシア・ウクライナ危機による不確実性、パンデミックによる景気減速などのあらゆる課題にもかかわらず、サウジアラムコはエネルギー産業におけるトップパフォーマーであり続けている。

この石油大手の業績は、2021年の決算を見れば一目瞭然だ。アラムコは、低コスト基盤と柔軟な事業構造により、2020年期を迅速かつ順調に乗り切り、原油価格の上昇も手伝い、輝かしい2021年決算を達成した。

2021年の営業利益は2056億ドルで、2020年の1021億ドル、パンデミック前の2019年の1799億ドルを大きく上回った。純利益は2021年に1100億ドルとなり、多くのアナリストの予想を大きく上回った。

これらの数字は、いくつかの面で同社にとって良い兆候であり、特に国際資本市場でのさらなる資金調達は好評を博している。アラムコとサウジアラビア国王の両方が現在も享受する、競争力のある貸出金利で、アラムコが今年さらに借り入れることを決定すれば、この取り組みはさらに推進力を増すと予想される。アラムコは、ロンドン証券取引所に上場しており、従来型とイスラム債(スクーク)の借入を組み合わせることに成功している。これにより、主要証券取引所に上場するアラムコの能力に対する信頼を示している。

アラムコはまた、イスラム金融の新しいベンチマークを設定し、2021年第2四半期に60億ドルのスクークを調達した。これは、米ドル建てのスクークとしては世界最大の調達額となった。

同社のギアリング比率(アラムコの事業が負債によって賄われている割合)は、前年の23%から2021年には14.2%に低下した。これも他の資本不足の国のエネルギー企業と比べた場合、それらの潜在的貸し手が歓迎するものである。この減少は、原油価格の上昇、精製および石油製品のマージン改善、SABICの業績連結を反映した営業キャッシュフローの増加によるものである。

アラムコのフリー・キャッシュフローは、貸し手にとって非常に歓迎されているもう一つの財務比率である。これは他のエネルギー関連会社と比較して最も強力なものの一つで、2020年の491億ドルに対し、2021年には1075億ドルに達している。このポジションは、財務活動に利用できるキャッシュを評価するのに役立つ。例えば、2019年のIPO以来同社に待望されていた配当金の支払い能力や、原油価格の下落に直面しても配当金支払い方針が維持できるのかという当初の疑念の払拭などである。業界平均の3.15%に対し、アラムコの配当利回りは3.43%であり、再び別格の存在となった。この国営企業は、新型コロナウイルスが打撃を与えた2020年の期間中も、現在の年間750億ドルの支払いを維持することを約束し、既存および潜在的な投資家の信頼を強化した。アラムコ取締役会は、2021年の好調な業績を反映して、40億ドルの内部留保を資産計上し、株主にボーナス株を配布するよう勧告している。

同社は事業モデルの見直しを進めている。その一つとして、資産インフラの一部を切り離す一方、中核的な活動に注力している。この新しいビジネスモデルのアプローチはアラムコの業績に貢献している。例えば、2021年6月の、米国、中国、サウジアラビアからなるグローバル金融パートナーとの124億ドルのインフラ資産取引の締結が挙げられる。これは、安定化原油パイプライン網に関する25年間のリース・アンド・リースバック契約である。同社はまた、国内外の投資家コンソーシアムとの155億ドルのガスパイプライン取引も完了し、アラムコ・ガスパイプラインズ株式会社の49%の株式を取得した。

これらの取引において、アラムコは完全な所有権および運営上の支配権を保持している。これらの契約は、アラムコにOPECプラス協定の割当量に従った原油生産を行う運営上の柔軟性を与えることにより、アラムコの生産量にいかなる制限も課してはいない。これは、主にヘッジファンドの地政学的投機による最近の価格変動において重要な市場の安定力になっている。

アラムコの最新の業績は、2550億バレルと推定される世界最大級のエネルギー埋蔵量にも裏付けられている。このサウジの石油会社はその埋蔵量を背景に2019年には日量940万バレル(以下、B/D)、2021年と2020年には約920万B/Dの生産を行った。同社は、OPEC生産国の中で最も高い1200万B/Dの最大持続可能生産能力を維持しており、2027年までにこれを1300万B/Dまで増加させる計画である。

このような有利な立場から、サウジアラビアは長年にわたり世界の主要な石油供給国として位置づけられ、非公式ながら世界の「石油中央銀行」となっている。ロシア・ウクライナ危機による石油供給不安の中、世界各国の政府がリヤドに足を運び、石油増産を要請するのも自然な流れである。

しかし、アラムコは石油販売だけに頼って立ち止まっているわけではない。今後、化石燃料の排出規制が叫ばれれば、エネルギーミックスを多様化しない限り、事業や収益に影響を与え、資源の座礁につながるに違いないとわかっているからだ。石油メジャーであるアラムコは、エネルギー販売の多様化を積極的に進めている。精製と石油化学製造の川下企業を戦略的に統合し、新しくクリーンな、ブルーおよびグリーン水素エネルギー製造能力を追加して運営しているのである。

現在、アラムコは約650万B/Dの精製能力(グロス)と5310万トン/年の石油製品生産能力(ネット)を誇っている。SABICの買収に伴い、同社の石油製品事業は現在50カ国で展開されている。

国内外の投資家は、特に地政学的緊張が高まり、リスクの低い投資先が少なくなっている現在、同社への投資に現在および長期の価値を見いだしている。エネルギー産業における同社の世界的な優位性はサウジ証券取引所にも反映されている。時価総額は2021年に1877兆円で取引を終了、現在は2兆2800億円で推移している。アップルと競い合って世界一の高資本企業になり、もしかしたらそれを超える可能性がある。

また、この国営石油メジャーは、低コストと低炭素原単位の実績をもとに、ブルーおよびグリーン水素の新エネルギー供給で2050年までに温室効果ガス純ゼロを達成し、これらすべての分野で設備投資を約束し、長期投資を行うとしている。また、ガス探鉱を拡大しており、2020年の262億ドルに対し、2021年には319億ドルに達した。アラムコは、2022年に資本支出を400~500億ドルに引き上げることを目指し、10年半ば頃までさらなる成長が見込まれると述べており、世界最高のエネルギー供給者となる自信を継続的に示している。

原油価格は2021年の平均水準を大きく上回り、2022年第1四半期にはバレル当たり85ドルから130ドルに達する。2022年次の四半期、アラムコの財務はこれまでの2019年の最高値を上回る新記録を更新し、アラムコは新型コロナウイルスによる2020年の減速を乗り越えた最も価値のあるエネルギー企業の一つとなるだろう。

2022年に発表されたアラムコ株式の4%の公共投資基金への譲渡は、同社の事業、戦略、配当政策、ガバナンスに影響は与えない。譲渡後も国家はアラムコ株式の94%を保有する筆頭株主のままである。アラムコは、危機の時代に立ち上がるための、説得力のあるケーススタディになることは間違いない。

・モハメド・ラマディ博士は、元幹部銀行員で、ダーランのファハド国王石油鉱物大学の金融・経済学の教授である。

topics
特に人気
オススメ

return to top