Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • グリーン水素革命の到来

グリーン水素革命の到来

Short Url:
25 Jun 2022 09:06:35 GMT9

人為的な気候変動は、危険で広範囲にわたる環境破壊を引き起こし、世界中の何十億もの人々の生活に影響を与えている。

気候変動に関する政府間パネルによると、今後20年間、世界は避けられない気候災害に直面している。しかし、2010年から2019年にかけて、世界の年間平均温室効果ガス排出量は人類史上最高レベルに達しており、どう考えても地球温暖化を1.5℃に抑えるために十分な対策を講じていない。

4月に発表されたIPCCの報告書は、今から2050年までに、世界の化石燃料の需給を急速に削減するよう勧告している。石炭は95%、石油は60%、天然ガスは45%である。しかしどうすれば、これほど野心的な目標を達成できるのだろうか。

その答えは、グリーン水素に切り替えることである。グリーン水素は、太陽光、風力、水力、地熱など、あらゆる再生可能エネルギーから製造できる。

グリーン水素はゼロエミッション燃料であり、電気分解によって製造された場合、排出されるのは水だけである。エネルギーの民主化、重化学工業の脱炭素化、そしてグローバルな雇用の創出により、地球上の電力供給のあり方に革命をもたらす、実用的かつ実現可能なソリューションだ。

グリーンエネルギーへの移行が急速に進めば、地政学的な状況も根本的に変えることができる。なぜなら、化石燃料を生産しているという理由だけで各国が力を持つことがなくなるからである。

2021年、ロシアは、ドイツの原油の34%、ドイツの発電所や鉄鋼メーカーが使用する石炭の53%を供給した。2021年12月のドイツのガス輸入元は、ロシアパイプラインによる天然ガスが最大であり、供給量の32%を占めていた。

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が2月に、ウクライナで恐ろしい不当な戦争を開始して以来、ロシアは欧州への化石燃料輸出で1日約10億ドルを稼いでいる。

しかし2月の侵攻開始以来、EU諸国を中心にロシアへのエネルギー依存度を減らす動きが急速に進み、最近ではロシア産原油の海上輸入の全面禁止に合意した。

ロシアの戦争マシンに対するこうした新たな制裁により、今年EUがロシアから購入する石油の量は90%削減される可能性がある。米国はロシアの石油、ガス、石炭の輸入を全面的に禁止することを宣言し、英国は2022年末までにロシアの石油の輸入を段階的に廃止するとしている。

政策立案者は、グリーンへの移行中である途上国の利益を考慮し、途上国が産業化の基礎としてクリーンエネルギーに移行するための資金とインセンティブを強化する必要がある。

ジーン・バーダーシュナイダー

このような政策により、燃料価格は高騰した。しかし価格の高騰は、再生可能エネルギーやグリーン水素の製造に投資することで、エネルギーコストを削減する機会であることが明らかになった。

新しい研究によると、グリーン水素は今後10年間で、化石燃料に対抗できるほどの競争力をもつという。グリーン水素のコストは2025年までに大幅に低下し、オーストラリアのような好立地では2030年までに1kgあたり1ドルまで低下すると予想されている。ちなみに、汚染をもたらす液化天然ガスを使って製造される灰色の水素の価格は、現在の1kgあたり約2ドルだ。

現在のエネルギー安全保障の危機を「解決」するためにLNGの使用を主張する人もいるが、「天然ガス」にはメタンが含まれており、IPCCは、2050年までに天然ガスの使用をほぼ45%近く削減しなければならないとしている。今エネルギーミックスをさらに増やすことは、壊滅的なミスになるだろう。

そこで今、グリーンエネルギー、特にグリーン水素をめぐる競争が世界的に繰り広げられている。再生可能エネルギーが豊富な数十ヶ国は、グリーン水素を大規模に生産することでエネルギーの自立を図ることができる。また、エネルギー輸入国も、ロシアなど自然の化石燃料を豊富に保有する少数の国だけに頼る必要はない。

国際再生可能エネルギー機関は最近の報告書において、(グリーン)水素は主に3つの方法でエネルギー安全保障を強化できると述べている。それは、輸入依存度の低減、価格変動の緩和、そして多様化によるエネルギーシステムの柔軟性と回復力の向上である。技術が進歩すれば、グリーン水素のコストは下がるだろう。我々はこのプロセスを加速させるために、できる限りのことをしなければならない。

私が取締役を務めるフォーテスキュー社のような企業は、グリーン水素に多額の投資を行っており、ロシアの化石燃料をグリーンエネルギーに置き換えることに貢献している。フォーテスキュー社は最近、ドイツ最大のエネルギー供給会社であるE.ON社と、2030年までに、ドイツが現在ロシアから輸入しているエネルギーの発熱量の1/3に相当する年間500万トンのグリーン水素を欧州に供給する契約を結んだと発表した。

しかし、エネルギーと地政学的な状況の急速な変化は、グリーンエネルギーへの投資によってエネルギーと気候の危機に同時に対処する明確な機会を提供する一方で、先進国が、比較的排出量の少ない途上国に対して化石燃料の使用を停止する必要があると主張することには、明らかな不公平感がある。なぜ途上国が、自分たちが引き起こしたわけでもない問題に対処するために、発展を遅らせるリスクを負う必要があるのだろうか。

これはもっともな疑問である。政策立案者は、グリーンへの移行中である途上国の利益を考慮し、途上国が産業化の基礎としてクリーンエネルギーに移行するための資金とインセンティブを強化する必要がある。

世界は明らかに分岐点にある。我々は、化石燃料の豊富な一握りの国だけが権力を持つ、ひどく非効率的で、費用がかかり、汚染された未来に閉じ込められたままでいることができる。あるいは、公害や地球温暖化、独裁者から未来を守るために、すべての人に低コストのエネルギーを提供するグリーン革命を選択することもできる。より多くの国がエネルギー自給を達成するにつれて、グリーンエネルギーが世界の供給を民主化する力を持つことを考えれば、その選択は難しいことではない。

  • ジーン・バーダーシュナイダー氏はフォーテスキュー・メタルズ・グループの非常勤取締役である
特に人気
オススメ

return to top