Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • タリバンの惨めさや不安定さは1年後、海外に波及する

タリバンの惨めさや不安定さは1年後、海外に波及する

2022年8月13日、カブールで、タリバンの戦闘員によって追い散らされている、抗議するアフガニスタンの女性たち。(ワキル・コーザール/AFP)
2022年8月13日、カブールで、タリバンの戦闘員によって追い散らされている、抗議するアフガニスタンの女性たち。(ワキル・コーザール/AFP)
Short Url:
15 Aug 2022 06:08:37 GMT9
バリア・アラマディン
15 Aug 2022 06:08:37 GMT9

タリバンは、政権を握った最初の年に、歴史上もっとも急速に衰退した国家の1つを支配した。アフガニスタン人の約90%が餓死寸前に追い込まれているだけでなく、人口の半分を占める女性は、高等教育や雇用の見込みも含め、その将来を完全に奪われてしまったのだ。

子どもの死亡率は急上昇しており、経済は破綻している。近隣諸国からは、アヘンの密輸の急増や、過激派と不安定さが海外に波及するような組織的な取り組みが報告されている。

その非難はほとんど、この大きな後退が避けられなくなった状況を作り出した米国の歴代政権に向けられている。トランプ政権によるタリバンとの悪名高い取引では、この過激派が経験豊富な嘘つきであり、約束を守るために指一本動かそうとしないことは明白だった。民主的に選出された政府を支持するために数千人の兵士を保持することを望まず、トランプ氏の後継者であるジョー・バイデン氏は代わりにプラグを抜き、システムの自己防衛能力を麻痺させた。

タリバンは、アルカイダの指導者アイマン・アル・ザワヒリ氏をハッカーニ一族の保護のもと、カブールのもっとも望ましい地域のひとつに住まわせるまで、ほとんど政権を確立していなかったのだ。ハッカーニ一族を象徴するのは、FBIの最重要指名手配者であるシラジュディン・ハッカーニ内相である。

多くのイスラム諸国が女性の地位向上において急速な進歩を遂げている今(サウジアラビアではわずか2年で女性の雇用が65%増加したことを見てもわかる)、アフガニスタンの女性は、女性を公共の場から排除しようとするキャンペーンに直面している。自分たちのすべての権利が、残忍なタリバンの歩兵によって踏みにじられ失われることに抗議する女性たちの動画が出回っている。女性活動家は拘禁され、拷問を受けている。女性は市場に行くとき、ときには「不適切な」服を着ていたために、あるいはただ笑ったり大声で話したりしただけで、日常的に殴られていると報告している。新政権に不満を抱いているとみなされた大勢の人が、ただ姿を消した。

女子の中等教育を認めるという公約を取り消したことは、おそらくタリバン政権のもっともひどく残酷な行為だ。何千人もの取り乱した少女たちが、文字通り顔を殴られて、校門の外に立たされたまま放置されていたのである。何人かの少女は、一次試験にわざと落第して、もう一年学校に残るようにした。教師たちは命がけで秘密の学校のネットワークを作り、タリバンが訪れたときに少女たちが隠れることのできる地下の隠し部屋も作った。

政府の上級職に就いている高学歴の女性は即座に解雇された。女性の医療や初等教育のように女性従業員が不可欠な分野は、近い将来、教育の禁止によって崩壊することは避けられず、逃げ出せる者はすべて逃亡を決意している。スポーツウーマン、ミュージシャン、アーティスト、作家、知識人など、アフガニスタンは一気に全世代の才能を失ったのだ。ケネディ男爵夫人は、アフガニスタンの女性裁判官やその他の専門家の海外移住を支援する、称賛に値するキャンペーンを展開している。

多くのイスラム諸国が女性の地位向上において急速な進歩を遂げている今(サウジアラビアではわずか2年で女性の雇用が65%増加したことを見てもわかる)、アフガニスタンの女性は、女性を公共の場から排除しようとするキャンペーンに直面している。

バリア・アラマディン氏

マウラヴィ・ハッカーニ最高裁長官はタリバンの統治思想を明示した著書のなかで、「イスラムの敵である異教徒と偽善者は、女性を堕落させることが家族を破壊するもっとも重要な方法のひとつであることに気付いている」と宣言している。この本は、女性は家の中で「目立たないように」するべきであり、「大きな決断を下すことも、首尾一貫した意見を形成することもできない」ため政治に関与すべきではないと強調している。全身を覆っていない女性は「動物のように見える」と宣言するポスターが貼られた。

アフガニスタンのダーイシュはタリバンが自ら作り出した怪物であり、タリバンの不満分子で埋め尽くされている。公務員、シーア派、非イスラム教徒に対する大量殺戮など、度重なるダーイシュの攻撃によって、カブールの治安は打ち砕かれた。ダーイシュのプロパガンダは、タリバンがその強硬な価値観に対してちょっとした「偽善的」な妥協をしたとして、タリバンを容赦なく攻撃している。

あらゆる種類のテロリスト集団がアフガニスタンを活動拠点としているため、タリバン自体がさらにイデオロギー的に極端な方向に押し出される舞台が整っている。

アフガニスタンは、タリバンが最後に政権を握ってから20年の間に、根本的に変わった。教育、国際的なつながり、物質的な快適さに慣れてきた国民は、今のところ新政権を容認しているが、読み書きのできないタリバンの任命者たちには、国民の普遍的な苦しみを軽減するために何かをする能力はなく関心もないことが明らかになるにつれて、これはすでに変わりつつある。

ある現地観測筋は、「これらは典型的な田舎の権力です…自分自身を統合する代わりに、都市を自分たちに統合することを望んでいるのです。彼らは、我々が彼らのように見えることを望んでいるのです」とコメントした。

一方、タリバンに反対する武装勢力の主張が強まり、タリバンの内部での内紛が激化していることは、低レベルの紛争が再燃することを示唆している。米国は脅威となる人物にドローンを使用し、近隣諸国は地域化した混乱を抑えるために介入する用意があり、タリバンが国家主権を守っているという建前は崩れた。イランとアフガニスタンの国境での小競り合いが日常化していることは、イデオロギーの傾向がやや異なるものの同じようにのけ者になっている政権を相手にしているテヘランの苦境を物語っている。

ウクライナでの戦争はタリバンへの贈り物であり、危機的な時期に世界の関心をそらした。しかし、世界は背を向けてはならない。アフガニスタンが長年にわたって世界にテロと麻薬と不安定さをまき散らしている国であることを踏まえつつ、援助を提供するためのより高度で包括的な手段を考案しなければならない。アフガニスタンでは国民の45%が14歳未満であり、人口統計上の時限爆弾にも直面している。

欧米列強は、女性の権利の保護、安定と民主主義の確保、経済発展の促進、過激派との戦いのためには、占領地での駐留が必要だと主張して、アフガニスタンで20年間を過ごした。昨年のタリバンの失政は、国際社会がこれらの原則を確保するための継続的なコミットメントを示す新しい方法を発見することが絶対的に急務であることを示している。

  • バリア・アラムディン氏は受賞歴のあるジャーナリストで、中東および英国のニュースキャスターである。彼女は『メディア・サービス・シンジケート』の編集者であり、多くの国家元首のインタビューを行ってきた。
特に人気
オススメ

return to top