Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 「テロ」というイスラエルの嘘はいかにして裏目に出たか

「テロ」というイスラエルの嘘はいかにして裏目に出たか

パレスチナ人デモ隊との衝突中、狙いを定めるイスラエル治安部隊。占領下のヨルダン川西岸地区のヘブロン。(AFP)
パレスチナ人デモ隊との衝突中、狙いを定めるイスラエル治安部隊。占領下のヨルダン川西岸地区のヘブロン。(AFP)
Short Url:
20 Aug 2022 09:08:06 GMT9
20 Aug 2022 09:08:06 GMT9

イスラエル軍によってまたもや行われた、愚かで無意味な行為が、彼らの意図とは真逆の効果を生み出すのに長くはかからなかった。パレスチナの行政・治安管理下にある地域への暴力的な襲撃はもはや目新しい事ではないが、イスラエルが木曜日に行った、パレスチナの各人権団体の事務所に押し入り、コンピューターなどの備品をトラック一杯分押収し、入り口を封印し永久閉鎖を宣言するという行為は、完全に裏目に出た。

これらの事務所の内部を映した監視カメラの映像から、午前3時に押し入った兵士たちがまるでフレンチ・リヴィエラでピクニックしているかのようにくつろいでいたことが明らかになった。各人権団体は封印された入り口を速やかに再開し、「テロリスト」の汚名を着せられるどころか、人権擁護者として正当に敬意を払われた。木曜日の早い時間、近くにある聖公会教会へも侵入が行われ、セント・アンドリュース教会の敷地内に住む人々を恐れおののかせた。普段は礼儀正しい教会の指導部も、独立した調査と、宗教的権利を侵害した兵士ら(および命令を下した者たち)の説明責任を厳しく求める声明を出した。

パレスチナのムハンマド・シュタイエ首相は、迅速に再開されたこれらのNGOを訪問し、パレスチナの組織の閉鎖や再開を決定する権利を持つのは占領者のイスラエルではなくパレスチナ政府だと述べた。教会の声明と同首相による支持に加え、欧州諸国の外交代表17人が一時閉鎖された組織「アル・ハーク」を訪問し連帯と支持を表明した。その多くがアル・ハークや他の民間社会事業団体への主要な資金提供者である欧米諸国はイスラエルに対し、捏造された嫌疑には納得していないとして、これらの組織への資金提供を継続すると述べた。

最も静かだったのは、もちろん米国の外交使節団だ。米国の大統領はパレスチナ人が自由・平和・尊厳と共に生きる権利を支持すること誓っていたが、これらは全て、いわゆる最も「道徳的な軍」によって悪質な侵害を受けたものだ。

これらの組織がテロ組織であるという嫌疑には誰も納得していない。米国でさえもそうで、イスラエルに対し証拠を要求した(イスラエルは応じていないが)。今回の襲撃が今度のイスラエルの選挙に関係があることは確実だが、それだけでは世界中で尊敬されていることが明らかな人権擁護者に対する攻撃が行われた理由を説明できない。

それよりずっと可能性の高い説明は、イスラエルは自分たちに対して繰り返される非難を快く思っていないというものだ。彼らは、自分たちは民主主義を体現しており、自分たちの軍は道徳的であり、(平和を欲しないテロリストたちが自分たちの存在自体を否定するためにあらゆる手段を用いているという理由で)占領地域における自分たちの行動は正当化されると心から信じている。

このとんでもない信念と現実との間の落差は、外交官、ジャーナリスト、人権擁護者らによって確認されている。イスラエル人たちは人種差別的な優越感によってパレスチナ人(ヒューマン・ライツ・ウォッチのオマー・シャキール氏など、国際人権団体に勤務するアラブ人を含む)を見下しているが、これらの「鬱陶しい」パレスチナの人権擁護者らが自分たちの戦争犯罪の証拠を集めて自分たちとその指導者らをハーグの国際刑事裁判所に連れ出そうとしているという事実には耐えられないのだ。イスラエル人たちは自分たち自身の行動を調査するのではなく、自分たちの物語に異議を唱え自分たちの存在意義を危険に晒すように見える全ての者を(必要であれば暴力的に)弾圧する道を進み続けている。

テロによってもたらされる安全保障上の脅威は、それが本物であろうと偽物であろうとオーラを持っていたが、繰り返し暴露されることでその力を失った。自分たちの物語に異議を唱える全ての者にテロリストのレッテルを貼るイスラエルの偽りの試みは、各方面で冗談のネタになっている。

占領を続け500万人のパレスチナ人に服従を強いながら自分たちは自由民主主義を体現していると明言しているイスラエルが抱いているフィクションは、もはや信じられていない。イスラエル人たちが自らが作り出した悪夢から目覚め、誇り高く力強いパレスチナ人コミュニティーに対する犯罪行為の終結に取り組み始めるのが早ければ早いほど、イスラエルが自身の評判と物語に対して与えたダメージを修復する機会が速く訪れるだろう。

  • ダオウド・クタブ氏はエルサレム出身のパレスチナ人で、受賞歴のあるジャーナリストである。ツイッター:@daoudkuttab
特に人気
オススメ

return to top